復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

タレントでありマルチアスリートでもある武井壮さんをご存知の方は多いと思いますが、武井壮さんは十種競技という日本ではあまり馴染みのない競技の中ではとても有名な方になります。

十種競技は一つの競技で争うのではなく様々な協議で争い、総合的に点数が付けられ、優勝を争う競技になります。

一つの競技に向けて努力をするだけではなく10種類の競技に向けて練習を重ねる為、優勝者は並大抵の努力を重ねても出来る事ではなく十種競技で優勝した武井壮さんも並大抵の努力を重ねたのではない事が想像し易いかと思います。

そんな武井壮さんですが、武井壮さんは努力についてTwitterで呟いています。

『全く同じ練習して他の人より努力しても伸びない奴は伸びないですよ、僕がそうです』だとよ。

そういう人にじゃ見せて、と実技させたりすると技術的にも物理的にもまるで間違えてる事が多くて、一言指摘しただけであっさり伸びる。

『全く同じ』努力『他の人より』努力って、ただやることじゃねえよ。

そんなもんを『同じ努力』だなんて言うのは、例えば『僕は日本一の飲食店を作ります』という夢持ったヤツが、人気の無い場所で全然美味しく無い焼きそばを毎日10時間売ろうと大声出して頑張ったけど、少ししか売れなくて『オレは〇〇の社長と同じだけ働いてるのに儲からない』って嘆くのと同じだわ。

まず焼きそばをより美味しく作れるスパイスや具材や麺を探したり焼き方を学んだり、より多く売れる場所や方法を選んだり学んだり、お店を綺麗にしたり、パッケージをどうとか、できることは山ほどある。

まだできる事が残ってるのに才能を嘆く事ほど無駄なことはない『同じ努力』ってそう簡単じゃない。(武井壮さんのTwitterの9月27日の発言より引用)

復縁の為に努力している方々には武井壮さんの努力に対する言葉を参考にして頂きたい事が山ほどあります。

例えば、相談者様の中には「自己改善を頑張ったけれど復縁できませんでした。」と仰る方は沢山いらっしゃるのですが、武井壮さんがTwitterで呟いた様に出来る事は山ほどあるのに正しい努力をした上で頑張った!と言えるのでしょうか?という事になります。

復縁したいなら、元恋人にもう一度好きになってもらえる様にする努力はとても大切であり、絶対に必要な事でもありますが、武井壮さんの言葉の様に正しい努力が出来なければ夢は夢のままで終わってしまうのです。

夢を現実に変える時には正しい努力が求められ、現実に即した努力をしなければ夢は夢のまま終わります。

自分では一生懸命努力しているつもりでも、客観的に見て努力の姿勢が間違っていれば努力は努力とは呼ばないのです。

そして、武井壮さんはこうも仰っています。

【実技させたりすると技術的にも物理的にもまるで間違えてる事が多くて、一言指摘しただけであっさり伸びる。】

武井壮さんの仰る事は、復縁相談に対応する相談員が全員思う事であり、復縁をよく分からない方が自分では努力をしたつもりになって一生懸命努力したけど復縁できない…と嘆いている状態に酷似し、それに対して努力の方向性を伝えるだけで復縁成功に繋がるケースととてもよく似ているのです。

焼きそばの出店と復縁の違いは経営の仕方を学ぶ事は一言伝えれば分かる事も復縁は一言伝えただけでは本当の意味での理解には繋がらず、時間を掛けてアドバイスをしていくからこそ本当の意味での理解に辿り着き、復縁へと進む道を歩み始めるのです。

たった一言では伝わらないのが復縁であり、一日、二日程度の努力でどうにか出来るほど復縁は甘くないのです。

武井壮さんが仰るように間違った努力をしていても本当に手に入れたいものを手に入れる事は出来ませんし、何より、焼きそば屋の出店の様に他店と比較して自分は頑張っているという指針すらないのが復縁の難しさでもあります。

「頑張ったけど復縁できませんでした。私は復縁できないんでしょうか?」と仰る相談者様には「的外れな努力をなさっていませんか?」という質問をさせて頂いてます。

例えば、「嫌いになった訳じゃないけど別れよう。」と元恋人に言われた時に冷却期間を空ける努力を考えた相談者様には、「嫌いになった訳で別れた訳じゃないのに自分から距離を空けようとするんですか?」と質問させて頂いてます。

気持ちが冷めた元恋人と連絡を絶って放置する事が努力でしょうか?

武井壮さんが仰っていた【技術的にも物理的にもまるで間違えてる事が多くて】という言葉に当て嵌まると思いませんか?

復縁における努力とは、どの程度の連絡頻度なら元恋人の負担にならずに連絡をして気持ちを取り戻せるのか?を考え、行動し、自制する事が努力と言えます。

連絡を取り合う間に交際時の事を思い返させて交際していたから良かった事を考える様に仕向けるからこそ気持ちを取り戻す為の努力であると言えますが、冷却期間を空けて連絡を取り合わないのが努力と言えるのでしょうか?

冷却期間を空けて時間が過ぎるのを黙って待っているのは努力とは呼びません。

また、元恋人と何かしらの揉め事が起きて怒りに反論するのも努力ではありません。

充分に反省して謝罪の言葉や方法を考えて伝え、謝罪の気持ちが伝わって許してもらえるまで謝罪を続けるから努力になります。

武井壮さんが仰るように努力の仕方が間違っていれば焼きそば屋も復縁も失敗するのは当然であり、復縁できないのも当然と言えます。

その上で「頑張って努力したけど復縁できません。」と仰る方は本当に復縁する為の努力が間違っていないのか?について考えて下さい。

あなたが復縁する為にしていた努力は本当に復縁する為の努力だったのか?それとも復縁を諦める為の努力だったのか?

復縁も焼きそば屋もやる!と決めて行動に移すのは簡単ですが、やる!と決めて成功させるのはとても難しいのです。

本当に復縁したいなら努力の方向性が間違えていれば復縁成功には繋がりません。

復縁に限らず成功者は正しい努力をするからこそ成功という結果を得られるのです。

武井壮さんは十種競技というスポーツの中で成功という結果を得られた人であり、正しい努力について良く理解している人でもあります。

分野は違えど成功者の声に耳を傾け、考えるのは間違った事ではありません。

武井壮さんの努力の仕方に対するアドバイスに耳を傾けて正しい復縁の仕方に辿り着き、復縁成功を手にして下さい。