気配りの出来る人と気配りが出来ない人とでは復縁活動にも大きな影響を与えることになります。実際に、別れを告げられた人の理由としてはやはりパートナーへの気配りが出来ていない人は多い様に感じます。

元恋人との関係修復したいと望んで、もう1度やり直したい…。そんな思いを抱いている方が弊社の復縁相談に来られるわけですが、復縁を望む相談者お話をお伺いしていると、多くの相談者は、パートナーへの気配り不足配慮に欠けていたという事。

あるいは、自分勝手で思いやりがなかったという事。を口にする方が大半で、最終的に別れる結果となっているようです。

しかし、別れる前に気付く事が出来ていれば修正することが出来たであろうことですが、皆さん別れに直面して初めて気付く方が殆どのような気もします。

だからと言って、では気配りや配慮、気遣いができていればパートナーと別れる事はないのか?と言えば、気配りが出来ていれば別れない。という事ではありません。

関係が険悪になる事全てそこに当て嵌まるというわけではなく様々な理由はあるとは思いますが、相手への配慮や気遣いはとても重要な部分である。というのは間違いなく、自分なりの配慮などは出来ていたのでしょうが、それがパートナーには伝わらなかった・・・と考えられます。

自分の振る舞いをしっかりと振り返る方がいる一方、全くパートナーの事を大切にしていなかったのではないのか?と思わせる様な発言をする人、その事実を認識できていない方もいらっしゃいます。

復縁相談者の殆どの方は、自分の振る舞いが起こしてしまった原因として真摯に受け入れているわけですが、全く自分の言動や振る舞い自体を省みない様な相談者がいる事も事実なのです。

つまり、我が身を省みないという事は、

  • どうして2人の関係が終わってしまったのか?
  • 自分の悪い部分はどこだったのか?
  • 改善点はあるのか?

ということすら考慮も出来ないという事になります。このように自分本位の思考の方、相手の事を優先に考えられない方が言う言葉が、

  • 自分はパートナーを一番に考えていたし、大切にしていたつもりだ
  • 気配りもしていたつもりだ

という様に、復縁を望む本人としては自分なりの配慮はしていた。と仰るわけです。

が、ここで疑問がわくのですが、復縁したい相手の事を一番に考え、気配りも出来ていたのに何故「別れる」という選択をパートナーはなさったのでしょうか?

  • 本当に気配りが出来ていたのか?
  • 自分本位でしかなかったのではないか?

しかし、このような考えの人の中でも、弊社の担当者とのお話をしていく上で、自分の振る舞いを客観的に振り返ったり、自分の甘さに気付ける方もいらっしゃいます。

自分の誤りと認める、自分の振る舞いを反省する、復縁を望む人であればこの部分は大切である事がわかります。

別れを経験して初めて気付く事ができるのも皮肉なものですが。

破鏡再び照らさず』というコトワザがありますが、離別した関係を修復する事はとても困難なのです。

復縁も、一度関係が破綻しているわけですからこの状況を打破する、関係修復することはとても難しいことであります。

大切な人への気配りが本当に出来ていたのか?

復縁を真剣に望むのであれば、今一度自分自身の振る舞いを省みる確認をしてみて頂きたいと思います。