復縁工作、復縁屋、別れさせ屋のジースタイル

復縁したいと考えて、一人で復縁活動をしているあなたは自分の事をどれくらい理解していますか?

自分はいつも正しい」と思っている人はいませんか? 明らかに自分が間違っていても、それに気付かないでいる人は存在します。

弊社での復縁相談で『復縁に対しては本気です』『覚悟は決まっています』『自分の悪い部分に気付いたので改善しようと考えています』と仰る相談者の方がいます。

自分で悪い部分が認識できたので、二度と同じ過ちを繰り返さないように、自分磨きを頑張っています』等と仰られる方がいますが、さて?本当に自分の悪い部分をしっかりと理解されたのか?はなはだ疑問が沸きます。

「自分はいつも正しい」と常日頃思っている人が自分の悪い部分、間違いに気づけるとは到底思えないからです。客観的に自分の事を自己分析できる方であれば、実際に、復縁したい相手と関係が悪くなる前に、良好な関係を構築できていなければいけません。

自分の事は自分がよく知っている」と仰る方がいらっしゃいますが、自分の事は自分が一番わからない人気づけない人が大半で、自分で気づくことは出来ないのでは悪い部分の改善など出来るはずがないのです。

厳しい事を言わせていただきますが、このような方は自身の事など全くわかっていないといっても過言ではありません。

つまり、自身の事を理解が出来ているという誤解」「自分の事が理解出来ていないという事実をまったく自覚していないという事なのです。

大切なパートナーが復縁したい相手としての関係に変わってしまったという事は、自分の悪い部分に気付けていなかったという事ですし、今現在の状況が良化していないのであれば自分を改善出来ていないという表れです。

自分で悪い部分を直した、反省したから二度としないという人も何が悪いかの本質は理解出来ていませんし、二度と同じ過ちをおかさないと考えた程度では、これまで繰り返してなどいません。

まず大前提として、自分の悪い部分に気付く事もできていない為、気づく事が出来なければ当然その悪い部分が改善される事がないはずで、そういう経緯で復縁屋への復縁相談が必須になっている状況なのです。

自分一人の力で復縁が出来ると考えているのであれば、そもそも、復縁屋へ復縁したい旨の相談をする事にはならないのです。ただ復縁したい相手と復縁したいな…と思っているだけの人でしかないのです。

自分のことがわからないということは、自分を上手くコントロールすることができないということに他なりません。自分というものをしっかりと理解し、復縁したい相手と付き合っていく事が出来ないと、人間関係さえも構築することは難しいと思います。

復縁したい相手は勿論の事、今の自分の想いや、他の人から見られている自分を知る事こそがまず最初に取り組むべきことで、そこから判断する事が必要になるのです。

一人で復縁活動を試みているが、自分のことがわからないで苦悩している人、その為に実際に何の進展も感じられないのであれば、それは正しい復縁活動ではありません。本気で復縁したいと望むのであれば、弊社としても全力でサポートさせていただくのでご相談ください。