復縁で悩みを抱えている方の中には相談したいと言いながら相談ではなく愚痴を吐きたいだけという方がいます。

愚痴を聞くだけでスッキリするのでしたら復縁屋は何時間でも愚痴を聞く事は出来ますが、愚痴を聞いた後に皆さんが仰るのは『復縁したい!』という言葉です。

愚痴を吐くという事は何かしらの不満を相手に持っているという事ですが相手に不満を持っている相手と復縁したいのかな?という疑問を持つ事があります。

不満があり、不満がある態度を知らず知らずのうちに元恋人にしていた。

結果的に別れに至った可能性もあり、愚痴を聞けば聞くほど相談者の言い分は分かりますが相談者に問題がある様に聞こえます。

復縁屋に相談に来る人に見られる傾向の一つが【復縁相談という名の愚痴を聞いて下さい】という内容になり、愚痴を聞くのは一向に構いませんが赤の他人に愚痴を話してもスッキリもせず、復縁に繋がる事もないのでご注意下さい。

愚痴を吐く事で復縁できる可能性は下がる!?

愚痴を吐く事で復縁できる可能性は上がりません。

愚痴を吐けばスッキリはしてもスッキリするのは相談者本人で元恋人は何もスッキリはしません。

スッキリする事で相手の不満を吐き出し、自分の問題点を見つめ直さないので復縁の可能性が下がるのですが愚痴を吐く相談者はスッキリして相手が悪いと思い込むので『復縁したい!』という行動ではなく【復縁してあげる】という態度で気付かぬ内に接してしまう為、復縁できる可能性が上がりようがないのです。

愚痴を吐いて復縁できた人って聞いた事ありますか?

愚痴を吐いて復縁できた人って聞いた事ありますか?

彼氏の事がムカついてたんでムカつく!!って言ってたら復縁できました!!という復縁成功例を聞いた事がありますか?

彼女の〇〇なところが嫌だって言ってたら復縁できました!!という復縁成功例も聞いた事ないですよね?

愚痴を吐いたところで復縁できた人は存在しないのです。

今までに存在しないのに自分だけは唯一愚痴を吐いて復縁できた人になれると思いますか?

愚痴を吐いて復縁できた人はいません。

そして愚痴を吐いて復縁できた人は今後も出てきません。

愚痴を吐いて復縁できた人を耳にする事はないのです。

愚痴を吐くのは復縁屋にする事ではありません。

復縁屋に愚痴を吐いたところで復縁屋と相談者は赤の他人同士です。

全くの赤の他人に相談という名の愚痴を吐いて何か解決するでしょうか?

解決どころか愚痴を聞いてもらえない友達もいない人。という認識を持ちますし交友関係が持てない人という認識になれば別れを告げられるのは当たり前という認識にもなります。

友人関係すら築けない人が友人関係よりも濃密な関係を築く恋人や夫婦という関係を築けるのか?という疑問があります。

全くの赤の他人に相談するのではなく、愚痴を吐く人が復縁できる訳がないのです。

愚痴は、その場で立ち止まるという事です。

愚痴を吐くのは、その場で立ち止まるという事であり、その場に立ち止まるという事は前に進めず何も変わらないという事でもあります。

別れた状態と何も変わっていなければ当然復縁できません。

立ち止まるのではなく前に進むから復縁の可能性は上がるのです。

愚痴を吐き、相手を非難していれば自分の問題に気付きません。

復縁は相手を非難するのではなく自分を非難するから変わった自分を見せて復縁の可能性を上げる事が出来るのです。

相手を非難している人に成長はありません。

自分を非難する人は成長する余地があります。

その場に立ち止まる人に成長は見られませんから元恋人が別れた状態と何も変わらない人に魅力を感じて復縁したいと思う事はありません。

愚痴を吐いてはいけない訳ではありません。

愚痴を吐くのは大いに結構です。

愚痴を吐き、ストレスを発散しなければ生きる事も辛くなり、生きる事が辛くなれば笑顔になれる事はないのですから復縁を意識させる事は出来ません。

しかし、愚痴を吐く相手を間違えれば復縁には近づきません。

愚痴を吐くのは近しい人にする事であって全くの第三者に愚痴を零したところでどう受け止められるでしょうか?

愚痴を聞きたい人はいません。

友人であっても愚痴を聞くのは楽しい話ではありませんしネガティブな話しを聞かされてネガティブな気持ちにしかならないのです。

復縁相談で愚痴を吐くのは構いませんが、復縁相談する所は愚痴を吐く所ではなく復縁相談をする場所ですから復縁する為の相談と愚痴を吐く事の違いも気付かなければなりません。

愚痴を吐く場所、愚痴を吐いて良い人の判断が出来なければ復縁に向けて進む前の段階で躓いているのです。