復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

復縁とストーカーを一緒に考える人が中にはいらっしゃるのですが、復縁とストーカーは根本的に違います。

復縁活動はパートナーの為の活動であり、ストーカー活動は自分の為の活動になります。

復縁活動をしていて、ストーカー扱いされてしまうのでは?と考えてしまう方は、あなたの復縁活動が誰の為の活動なのかを良く考えてみては如何でしょうか?

復縁したい人は純粋にパートナーの事を思い遣り、もう一度関係を取り戻そうとパートナーの為に自分自身を受け入れてもらえる為の努力をします。

パートナーを思い遣り、パートナーを幸せにしたいと願い、パートナーへの見返りを求めるのではなく、パートナーの幸せが自分の幸せになれると望むのが復縁したい人でもあります。

自分の幸せがパートナーの幸せと考えるのではなく、パートナーの幸せがあるから幸せが付いて来るという考え方を持つのがストーカーと復縁したい人の大きな違いになります。

ストーカーは復縁したい人とは異なり、自分の幸せがパートナーの幸せになると思い込み、パートナーの幸せを願っているつもりでパートナーの幸せではなく自分の幸せを一番に望みます。

寂しいからシツコク連絡をして情報を得ようとしたり、辛いから勝手に家に押し掛けたり、職場に押し掛け、パートナーの気持ちを考えません。

自分勝手な解釈で付き合っていた。と記憶を改竄する事や全て自己中心的な考えから行動に移されます。

結果的にパートナーに恐怖を与えている事も気付かず、幸せに出来るのは自分だけ!と思い込んでいるのがストーカーになります。

復縁したい!!とストーカーの違いとは何が違うのか?を考えて頂くと気付いて頂けると思いますが、誰を主体にして考えているか?になります。

復縁したい人の行動とストーカーの行動には大きな差があり、その行動を起こすのは自分主体の考え方とパートナー主体の考え方の違いから来るものであり、復縁したい人の行動はパートナーを主体として恐怖を与えてしまうかもしれない、幸せを壊してしまうかもしれない等、パートナーの事を考えた上での行動を起こします。

それに対してストーカーの行動はパートナーは自分が何かをすれば喜んでくれるかもしれない!?

電話に出ないのはパートナーが悪い!lineの返信を寄越さないのも聞いてるのに答えないパートナーが悪い!!と自分主体の考えから行動に移します。

パートナーの気持ちをおかまいなしに行動する要因に、自分は別れた事に納得していない。パートナーが言った事を聞かないから仕方ない。といった自分本位な解釈が多く、パートナーの事は考えているつもりで実は自分の想いだけが先行してしまい、先行した想いの元に行動に移します。

一般的に考えておかしな行動をしても自分本位な解釈の為、おかしな行動に気付く事がありません。

その結果、身勝手な行動からパートナーを傷付けても正当性を主張し、自分は正しいと思ったまま間違った行動を起こすのでパートナーの迷惑を考えずパートナーを傷付けている事にすら気付きません。

復縁したい人とストーカーの決定的な違いは一度別れという辛い想いをされた為に2度と傷付きたくない!とパートナーを傷付けるのがストーカーであり、自分が別れという選択肢を与えてしまったから傷付くのは当たり前!!と考えるのが復縁したい人になります。

ストーカーは傷付けられた事をパートナーの所為にし、自分も傷付いたからパートナーが傷付くのも仕方ない!と不条理な考えの元に活動します。

攻撃的な部分が出ている事に本人だけは気付かないストーカーはパートナーに攻撃的に接してしまう為、復縁したい人達とは根本的に違います。

復縁したい人達は縁を切られたのは自分に非があると認め、縁を切られた自分自身を否定し、第三者からの意見やアドバイスにも素直に耳を傾ける事が出来ます。

ストーカーは他人からのアドバイスや意見に聞く耳を持てず、自分の意見が絶対!という考え方になっている為、一般的な考え方とは全く異なります。

あなたが今行っている復縁活動は第三者の意見に耳を傾けて、パートナーの気持ちを主体とした考えの基に培われている活動でしょうか?

それとも自分主体でパートナーの気持ちを主体として活動しているものでしょうか?

本当に復縁したいならストーカーが考える復縁活動と復縁したい人達の復縁活動とどちらを優先すべきか?は分かりますよね?

パートナーの家に押し掛ける事や電話を何度も掛ける事やlineを頻繁に送り続けてパートナーの気持ちを無視した活動ではなく、パートナーが幸せになってくれる為の活動を繰り返さなければ復縁に辿り着く事はありません。

あなたの考え方はストーカーなのか復縁したいのか、まずは自身の行動を振り返ってみては如何でしょうか?