元恋人が別れを決意する時は、あなたとの交際の継続がなんらかの問題によって難しいと判断した時になります。

何も理由がなく交際の継続が難しいと判断されるものではなく、必ず理由があって難しいと判断されるので別れを決意します。

もしもあなたがその理由に辿り着く事が出来なければ復縁は難しいですし、元々交際の継続自体が難しかったとも言えます。

交際の継続が難しい理由が分からないのですから別れを告げられたのも当然である事も分かってないとも言えるのです。

しかし、多くの方々は別れを決意した理由は分かっていると考えます。

別れを決意した理由が分かってるから別れを決意した理由を直そうと考えます。

その結果、元恋人が別れを決意した理由が自分では直ったと思い込んで復縁を申し入れるのですが、直ったと思い込んでいるのはご本人様だけで元恋人は何も直ったとは感じていません。

何も直ったとは感じてもらえないので復縁を申し入れても復縁を意識させる事が出来ません。

別れを告げられる前にも何度も直して欲しいと言われて、何も改善出来なかった人が別れた後に元恋人から指摘されずに自分を変える事など出来る訳もなく、元恋人は別れを決意した事を正しい判断だと考えます。

自分では直ったと思い、何も直ってない状態は元恋人の期待を裏切る行為でもあり、少しでも期待した自分がバカだったと元恋人は考えてしまいます。

別れを決意した元恋人の気持ちを軽く考えれば元恋人に復縁を意識させる事など出来ませんが、何も直ってない状態で直ったと思い込む姿勢は復縁の可能性を下げてしまいます。

元恋人が別れを決意する時に何故決意しなければならないのかを、あなたが理解していなければ元恋人との関係が先に進む事はありません。

あなたと交際して先の見えない未来が見えているのに交際を継続していく理由はなくなってしまいますよね?

好きという気持ちがあれば、どんな事でも乗り越えられると考える方もいらっしゃいますが、別れを決意したという事は好きという気持ちを別れたいという気持ちが上回ってしまった訳ですから好きという気持ちがあれば…という事は当て嵌まらないのが分かりますか?

別れを決意する時に元恋人は、交際当初にあったあなたを好きという感情が失ってしまった訳ですから、好きという感情をもう一度呼び覚ます為には別れを決意させた理由よりも好きという感情を上回れるように変わらなければなりません。

本当に復縁したいなら元恋人が別れを決意した事について真摯に向き合い、決意した理由を上回って好かれる為の努力が求められる事を忘れてはいけません。