復縁には問題が必ず発生し、復縁したい時に立ちはだかる壁が必ずあります。

壁が立ちはだかった時に壁を乗り越えなければ復縁に進む事はありませんが壁の存在に気付かない人も多々います。

例えば元恋人から『あなたの〇〇なところが嫌い』と言われた場合、〇〇なところがネックになって復縁出来ません。

〇〇という壁を乗り越えなければ復縁出来ないのですから復縁を目指す上で壁は誰にでも出てきます。

壁の大きさが復縁を目指す上で大小あり、時には壁は〇〇なところが嫌いというだけではなく連絡が途絶えている事や新たな交際相手がいる事等も壁となります。

一番の壁は問題点を改善する事になりますが壁を乗り越えるのは並大抵の努力では出来ません。

例えば連絡が途絶えた相手と復縁する時の壁を乗り越える時、ちょっとした努力で解決出来る事はあるでしょうか?

復縁する為の壁を乗り越える時の壁とはそびえ立つ大きな壁を指し、復縁する時に小さな壁しかない人はいません。

立ちはだかる壁にぶつかり、壁を乗り越える努力をするから復縁する為の壁を越え、復縁へと辿り着くのです。

逆に言えば壁を乗り越えられなければ復縁できないともとれる事ですが、壁の存在に知ってか知らずか気付いてない方もいらっしゃいます。

気付いてないので復縁できないにもなるのですが壁の存在をシッカリと見なければ復縁は叶いません。

壁の存在に気付けば壁を乗り越える為に何をすれば良いかを考える事も出来るのですが立ちはだかる壁の存在を見ようとしないので壁を乗り越える事が出来ません。

壁を乗り越えなければならないのですから壁から目を逸らせば結果どうなるか?は考えれば分かると思いますが、復縁する為に必ず立ちはだかる壁の存在から目を逸らせばあなたが本当に欲しいものに辿り着く事はありません。

辛い事から目を背ける方が壁から目を背けて『復縁したい!』と口にしても元恋人は手抜きをした復縁活動にすぐに気付いてしまいます。

自己改善や現在の状況把握等、復縁する為に立ちはだかる壁の存在はとても大きなものばかりになります。

大きな壁を乗り越えようと努力するか、大きな壁から目を逸らさずに立ち向かえるかどうかで乗り越えた後に得られるモノは何にも代えられない者になります。