復縁したいのならば、復縁を望む人が必ず意識付けしなければならない事は、これまでの自分ではいけないという事です。復縁の第一歩としては、復縁したい相手との別れにつながったあなたの原因についてしっかりと理解し、それを改善することが重要となります。

何故ならば、これまでの自分と決別できないという事、変われないという事は、復縁したい相手と破局時の自分となんら変わらないという結論になってしまうからです。

しかし、ただ改善しただけでは意味がありません。別れた原因の認識・改善の前には「反省」というプロセスを必ず踏まなければなりません。もし、反省を怠るような事があれば、復縁は確実に遠退くでしょう。

「反省」というプロセスを経ず、別れてしまった時の自分と決別できず同じ意識のままであれば、「別れる」ということ以外の違う結果を得ることは出来ないということになります。

復縁するという事は、復縁したい相手が「ヨリを戻してもいいかな?」「もう一度付き合ってもいいかな?」と考えてもらうことができて初めて復縁に近づくという事ですから、別れしまった時の自分ではなく、成長した自分でなければ復縁したい相手の気持ちを取り戻す事ができないという事をしっかり認識しなければならないのです。

しかしながら、弊社に復縁したいと復縁相談をなされる方の考えは、このままの自分ではいけないという事の意識は皆無ではありませんが残念ながら希薄といってもいい方が多いのではないのでしょうか。

「自分を変えるために一生懸命努力している」とおっしゃいます。

弊社の相談員からすると「何を努力してるんですか?」という質問になりますよね?

このままの自分ではいけないという意識が入っていたとしても、何の努力?に関しては、正確に理解していなかったり、どう自分を改善していいのかがわからず間違った方向に努力していたりします。間違った努力であればそれはなんの意味もなく復縁に直結することはありません。

それでは別れた時の自分と変わらないので復縁出来ることもありません。

「自身を変える」という事が復縁には必要不可欠であり、それができないのであれば結果が伴わないのは当然の事です。

どうして結果が伴わないのか?という事を考えてみると、「自分に問題がある」という意識が薄い、あるいは理解しようとしていないという事が原因ではないのでしょうか?

仮に、復縁したい相手に少なからず別れの原因の一端があったとしても、それにつながったさらなる原因が復縁を望むあなたにあるはずなのです。

破局につながったあなたの悪いところを分析し、それを改善するということが重要となります。理解しなければいけない事を理解せず、しなければいけない事をせず、結果を求めてはいけません。

つまりは、自分の悪いところを本気で改善するためには、その為の想いや熱意というものが欠かせません。思っているだけで行動に移さなければ、本当の意味での改善・問題解決ができません。

別れてしまったのは自分に問題があったからであり、自分を変えなければ復縁出来ないのも明らかであり、必ずしなければならない事は決まっています。

別れの原因となったダメな部分を本当に改善するためには、本当の意味で「心からの反省が必要」となるのです。

自分の非を認め、本当の意味で反省することができれば、あなたを正しく良い方向へと変えることができるようになります。

にもかかわらず自分を甘やかしたいからそのことについて真剣に取り組まないという事であれば復縁を諦めるしかないのではないでしょうか?

復縁に向けて意識しなければならない事を理解した上で、本気で復縁したいと望むのであればやらなければならない事、「反省」というプロセスを経たうえで、原因についてしっかりと理解し、それを改善する。この順番になるのです。

「反省」とは教訓として改善に活かすものだと思いませんか?

復縁したい、ヨリを戻したい、などと嘆いたり、後悔をするために行うものではありません。反省したことは、あなた自身を成長させるためにも、改善への行動に活かすようにしてください。