復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

J・K・ローリング氏のハリー・ポッターシリーズは皆さんご存知ですよね。

ハリーポッターに登場するディメンター(吸魂鬼)をご存知でしょうか?

復縁したい方々はご自身の事を振り返っていただきたいのですが、あなたはパートナーにとってディメンターになっていませんか?

ディメンターは人々の魂を吸う邪悪な生き物で、人間を抜け殻のようにしてしまいます。

ディメンターが部屋に入ってくると、その場が暗くなり、人々は寒気を感じる。

そして嫌な記憶を思い出し始めるのです。

ディメンターは、誰もが経験するネガティブなことや悲観的なことを印象づけて人生を台無しにしてしまう。

どんな物事においても何かが不足しており、どれほどいい状況でも恐怖や心配ごとを考えてしまいます。

あなたがディメンターの様な人物になってしまえばパートナーはあなたとの復縁を考えてくださいません。

ディメンターは人々の魂を吸う邪悪な生き物で人間を抜け殻にしてしまいますが、人間の人生が不幸な人生になるという意味です。

あなたと交際すればパートナーの人生が台無しになると考えられたので別れを告げられた。

パートナーからすれば、パートナーの人生を狂わせるあなたはディメンターであり、あなたがパートナーに近付けば空気が悪くなり、嫌悪感を与え、嫌な記憶を思い出させます。

誰もが経験するネガティブな事や悲観的な事を印象付けるディメンターなので人が近付かなくなり、人が離れます。

あなたの元を去ったパートナーは、あなたがディメンターに見えてしまい、ディメンターのあなたの元を去りたいと考えたので別れを告げました。

ディメンターであるあなたは自分のどこがディメンターなのか分からず、ディメンターであるにも関わらずパートナーに復縁を求めます。

あなたとの交際で人生が終わると考えさせてしまっている人にとって、近付かない事が正しい選択であり、パートナーの別れるという決断は正しい判断だと言えます。

正しい判断をしたパートナーを責められる訳がなく、あなたと別れて正解と考えるパートナーはディメンターであるあなたとの交際の継続は不可能と判断したのです。

自分がディメンターである事に気付けなければ復縁できる事はありませんし、パートナーを不幸にしているつもりがなくても実際には不幸にしてしまっています。

不幸にさせてしまっている状態で自覚がないディメンターのあなたが復縁するにはどうしたら良いと思いますか?

ディメンターのあなたが別れを告げられた…と、被害者意識を持っていればパートナーは被害者だと思うなら近付かなければ良いでしょ?と離れていきます。

ディメンターのあなたが他人と比較して別れるなんておかしい!!と主張しても他人と比較して他人が良いならその人と付き合えば?と離れていきます。

ディメンターのあなたが感情をコントロール出来ずに縋るなら、何を今更な事を言ってるの?チャンスをあげたのに不意にしたのはあなたでしょ!と離れていきます。

ディメンターのあなたが自分以外の人と付き合えないだろ!とパートナーを見下すなら、それなら一人で生きていくんで結構です!とあなたの元を離れていきます。

ディメンターであるあなたが何を言おうと、ディメンターである事を自覚し、自分がパートナーにどんな仕打ちをしていたのか?について考え、反省し、パートナーを不幸にしている事やパートナーを苦しめていた事を改善しなければ、あなたが復縁したいと声高に叫ぼうと、あなたの気持ちでパートナーの気持ちが変わる事はありません。

チャンスをもらっていてもチャンスを潰していたあなたが本当に復縁したいなら如何にあなたがパートナーを苦しめていたかを理解しなければ可能性は1%もないのです。

あなたが復縁したいと思っていたところで、復縁したいならパートナーを幸せにする気持ちが伝わらなければならず、あなたの気持ちにはパートナーを幸せにしようとする気持ちがないのでパートナーも気付いてくれません。

パートナーを幸せにしようとする気持ちを持つ事は復縁には不可欠です。

本当に復縁したいならディメンターを卒業し、パートナーを苦しめている自分を変えなければなりません。