復縁相談者の方々は別れてから早い期間で復縁したいと考えるのですが、早い期間で復縁しようとして自爆に近い形で復縁できなくなってしまう方がいらっしゃいます。

早く復縁しなければ新たな恋人が出来てしまうと恐れて新たな恋人が出来る前にどうにかしようと考えるので短期決戦を求めるのですが、復縁にはある程度の長期的視点で考えなければならない事もあり、長期的視点で挑まなければならない復縁活動を短期決戦でどうにかしようとすれば失敗してしまい、取り返しのつかない状態になる事も考えられます。

元恋人に新しい交際相手の存在が浮上し、復縁を望むあなたとしては新しい交際相手がいれば復縁できない訳ですから短期決戦したくなる気持ちも分かります。

しかし、早い期間で復縁したいからといって元恋人と新しい交際相手との関係を妨害しようとすれば元恋人にあなたの企みがバレてしまいますし、復縁に繋がる事はありません。

短期間で元恋人と復縁する事を希望されていると思いますし、短期間で復縁できるケースはとても多いのですが、基本的な復縁の考え方は長期的視点で考え、長期的視点の中で行動していった結果、短期間で結果が出るという気持ちで挑まなければなりません。

長期的視点は別れて一か月程度で結果を出そうとするのではなく、年単位で先をみて行動するから月単位での復縁成功に繋げる方法になります。

行動した上で出て来る問題がとても多いのが復縁になり、行動した上で出てくる問題を短期的な目線で見ると乗り越える事が不可能な壁が出てきてしまうのも復縁です。

長い目で見れば簡単に乗り越えられるモノが目先の石で躓いてしまうように目線を下に下げて活動してしまうと簡単に乗り越えられるモノすら乗り越えられません。

復縁相談をいただく方々が悩む事の多くは、短期間でどうにかしたいという気持ちから焦りがあり、焦らずにじっくり進めていけば簡単に乗り越えられる問題がとても多いのです。

恋人が出来たらどうしよう…

別れた後に好きな人が表れたらどうしよう…

自分の想いを優先し、長い目で見て元恋人が自分の元に帰って来る自信が無いので妨害しなければならなくなります。

妨害しても良い結果が出る事はありません。

良い結果を出す為には自分を成長させ、元恋人が帰りたいと思える場所を作らなければなりませんし、他人の邪魔をするのではなく自分が成長する事で自然と妨害される流れを作らなければなりません。

長期的視点で元恋人主体に考えなければ足元の小石に躓いて先に進む事が出来ません。

足元の小石に躓かない為には長い目で見て、小石が落ちていたら拾えば躓く事はありませんし、目線を高くして先の事までを見通せる力が求められます。

本当に復縁したいなら自分主体の考えではなく元恋人主体の考えを持たなければなりません。