復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

復縁相談を頂くと『私は復縁した方がいいでしょうか?』というご相談を頂く事がありますが、復縁した方がいいかどうかを決めるのは相談者様であり復縁屋ではないので『復縁したいかどうかはご自身で決めるモノですよ。』とお伝えさせて頂いています。

しかし、良く考えて頂きたいのですが、第三者の意見で復縁したいかどうかを決める相談者様に復縁できる可能性はあるでしょうか?

そして、第三者の意見で復縁したいかどうかを決める相談者様に復縁を望まれるパートナーは幸せになれるでしょうか?

復縁したいかどうかの判断も自分で出来ない方がパートナーを幸せに出来るのか?とも取れますし、復縁はパートナーを幸せにする為にするものという認識がないので第三者に意見を聞いて復縁したいかどうかの判断を仰ぐ相談者様に復縁できる訳がないのです。

言葉を置き換えて頂くと分かり易いと思いますが、『私は復縁した方がいいでしょうか?』というご相談を『私は彼(彼女)を幸せにした方がいいでしょうか?』と置き換えると第三者に意見を聞く相談者様が本当の意味でパートナーを幸せにする事は出来るのでしょうか?

パートナーを幸せにしたいかどうかの決断も出来ない相談者様がパートナーを幸せに出来る訳もなく、パートナーを幸せに出来る訳もない相談者様が復縁したい!と思うのはおこがましいと思いませんか?

復縁は自分の決断で目指すものであり、パートナーを幸せにしたいかどうかも相談者様自身が決める事になります。

パートナーを幸せにしたいかどうかの決断すら出来ない相談者様から求愛されてパートナーが幸せに感じる事があるのか?と分からないなら、最初からパートナーの幸せを望むべき事ではありませんし、パートナーの幸せを望まないなら復縁相談もするべきではありません。

人間は思ってない事を口にする事はなく、自然と口にする言葉は少なからず心のどこかで思っているから出てきます。

相談者様自身がパートナーとの復縁を本気で望んでいるなら『私は復縁した方がいいでしょうか?』という言葉が出てくる事はありませんし、心のどこかで『復縁はやめた方が良いよ。』という言葉を待っているとも取れます。

『復縁はやめた方が良いよ。』の言葉の枕詞には『あなたは悪くない。パートナーが悪いんだから。』という言葉が含まれており、『パートナーが悪いんだから復縁なんて望まずに新しい人生を歩んだ方が良いよ。』という言葉を期待してるので『私は復縁した方がいいでしょうか?』という相談を復縁屋にします。

復縁屋なら復縁のプロだから、プロの言う言葉を聞いて復縁を諦められる…という潜在意識が働くので相談者様自身の尊厳を守る為に『私は復縁した方がいいでしょうか?』というご相談を頂きますが、復縁屋にしてみれば【パートナーを幸せにしたいかどうかの決断を自分で出来ない相談者様だからパートナーを不幸にし、別れを決断させるような結果になったんですよ。】という言葉しか出せないのです。

パートナーの幸せを真剣に考えないのでパートナーとの交際中に様々な問題を抱えてパートナーから別れを決断されたのが相談者様の今の状態です。

別れを決断されたのはパートナーに問題があるからではなく相談者様自身に問題があり、相談者様自身に問題がある事に気付いていないのが『私は復縁した方がいいでしょうか?』という相談をする状態になるのです。

相談者様は『私は復縁した方がいいでしょうか?』という相談を頂きますが、相談を受ける側としては『そんな気持ちでパートナーが受け入れてくれる訳もないでしょ。』という返答になり、相談者様が望む返答とは異なる返答が返って来るので相談者様は『もっと良く考えてみます。』となります。

復縁したいかどうかは相談者様自身が決める事であり、誰かの意見に左右されて決めるモノではない。という事にすら辿り着いてない相談者様からご相談をいただいても『ご自分でお考え下さい。』としか言えません。

パートナーの存在が本当に相談者様にとってかけがえのない存在であり、どうしても失いたくない存在であれば復縁屋への相談内容も異なりますが、『私は復縁した方がいいでしょうか?』という相談を頂く相談者様の言葉からはパートナーの存在が本当に相談者様にとってかけがえのない存在となっているとは思えず、かけがえのない存在ではないならご自身の判断で復縁を諦める方向に進まれた方が時間を無駄にせず新しい道を歩めるかと思います。

本当に復縁したい相談者様たちは『私は復縁した方がいいでしょうか?』という言葉を出す事はありません。

本当に復縁したい相談者様たちは『どうしたら復縁できるでしょうか?』という言葉が出てくるのです。

復縁したいかどうかを決めるのは復縁屋ではなく相談者様になりますから、復縁したい気持ちが固まっていない状態で復縁相談をご利用されても何かを得られる事はありません。