復縁活動をする時に状況整理は必要不可欠ですが、状況整理が出来ない状態で復縁活動する方がいます。

部屋の整理をしていなければ生活するのは難しく、どこに何があるのかを把握していなければ生活する為に必要なものを取り出す事が出来ません。

生活に必要なものを取り出す事が出来なければ食事をする事も着替える事も出来ず、睡眠をとる事も出来ません。

身辺を整理する事で生活する為に必要なものを取り出し、必要なものを使って生活出来る様になりますが、整理しなければ何がどこにあるかも分からない為、生活しようにも必要なものを取り出す事が出来ません。

どこに何があるのか?が分かるように整理する事で必要なものがどこにあるかに気付き、生活できるようになる事を復縁にも当て嵌めてみましょう。

別れた話の内容、出会った時の状況、交際時の付き合い方、別れの原因となった部分の検証等が出来るからこそ復縁する為に何をすれば良いか?に辿り着きます。

整理する事は現状の認識にも繋がり、状況整理をせずに復縁を目指す方が多いので『復縁する為に何をすれば良いんですか?』という相談をしてきます。

今の自分を見つめ直して認識なさっている現状を改善するからこそ復縁の可能性を上げる事になるのですが状況整理をしないので復縁する為に何をすれば良いのかが分かりません。

自分の置かれている状況や自身の気持ち、考え方を整理する事は復縁する方法に辿り着く事にも繋がり、結果的に復縁にも繋がるのです。

まずは整理をして片付けるところから復縁したいなら始めてみましょう

状況を整理し、片付ける事から復縁したいなら始めなければなりません。

改めて自分の状況や気持ちについて考えるのは楽な作業ではありません。

しかし、大変な事を先にしておくので後々目的を叶える可能性にも繋がります。

乱雑な気持ちで復縁活動を行ったところで、どこに何があるか分からないまま生活するのと変わりません。

気持ちの整理や状況の整理等は復縁したいなら必須です。

復縁のチャンスを逃さない為に時間を少し掛けてでも状況を整理する事で先に進む事にも繋がるのです。

今の状況の整理はどこを整理すれば良い?

今の状況の整理と聞いて、交際してた⇒別れた。という点だけを見る人は多いのですが、交際してて別れたから復縁したい!になっている訳で、交際してて別れた状況に【何故!?】を付けなければなりません。

例えば別れの原因が金銭的な問題があり、借金していた事が理由で別れを告げられた時に借金していれば復縁を考えてくれる事はありません。

借金が原因で別れを告げられたのですから借金を清算しなければ交際は難しいという事でもあり、交際が難しい理由は後々の結婚などを意識した上であれば借金を清算する事は復縁の絶対条件にもなります。

絶対条件が借金の清算である事が分かっていながら借金を清算せずに『復縁したい!!』と伝えて復縁できる事はあるでしょうか?

状況を整理するから復縁したいなら何から手を付けなければならないか?に気付き、気付いた事を行動に移すのが復縁する方法になります。

整理する事で問題点を洗い出す事にもなり、問題点を洗い出すからやらなければならない事が分かるので整理するのは問題点を洗い出せる部分になります。

気持ちや考えの整理は早い段階でしておきましょう。

気持ちや考えの整理は復縁したいなら早い段階でしなければなりません。

気持ちや考えの整理を早い段階でするから復縁への向き合い方、パートナーへの向き合い方が分かります。

パートナーへの向き合い方を変えて初心に帰るからこそ交際当初の気持ちでパートナーと接する事にも繋がります。

気持ちや考えの整理が出来ず交際していた時と同じように接してしまえば復縁が叶う事はありません。

気持ちや考えを整理し、交際しているのではなく交際したいから努力する!と考るからこそ復縁に向き合う姿勢も変わり、再度見直してもらうキッカケを与えてくれる可能性を作る事も出来る様になります。

整理を早めにするから復縁したい気持ちを伝える事が出来ます。

整理を早目にするから復縁したい気持ちを伝える事が出来、気持ちを伝える事が出来るので復縁を意識させる事にも繋がります。

状況の整理が出来ず、別れて関係が散らかった状態で復縁を求めたところで復縁を意識させる事は出来ません。

別れた状態で復縁したいと思っているのはあなただけであり、パートナーは新しい人との出会いを求めているのです。

新しい人との出会いを求めているからこそ復縁したい気持ちを抑える必要があり、今一度交際を意識させる事が出来なければなりません。

復縁したい気持ちを伝えたい気持ちは分かりますが復縁したい気持ちを伝えるのはもう一度異性として見てもらった後になります。

もう一度異性として見てもらう為には早い段階で整理し、気持ちを伝えられる状態を作らなければならず気持ちを伝えられる状態を作る為には状況の整理をし、気持ちを伝えられる状態を作る為に何をすれば良いのか?について検討しなければなりません。

自分一人で状況整理が出来ない人は復縁したい気持ちを叶えるには至らない事を忘れないで下さい。