異性との交際をする時に職業に惹かれる方がおり、婚活などの場では自己紹介する際のプロフィールはとても重要になります。

職業は個人を表すものではないのですが日本では職業で人を見る事もあり、職業は婚活など恋愛の場ではとても有効なプロフィールとなります。

男性との交際時に職業が公務員だと婚活の場では人気が高く、職業に惹かれて人気を得る男性は少なくありません。

恋愛は人柄に惹かれて好意を持ちあうものですが年齢を重ねれば重ねる程、結婚という文字が浮かび上がり、結婚の先には安定という文字が頭に浮かびます。

安定が欲しいからパートナーとして職業で安定している人を探す女性は多く、結婚した後にどんな人と結婚生活を送るのか?というよりも不況に左右されない安定した生活が送れるのか?を気にする女性は少なくありません。

しかし、昨今の婚活市場は恋愛の先にあるのが結婚ではなく結婚してどんな生活をするのか?を意識した婚活をされている方が多く、人間性を見るよりも結婚生活を夢見る為、パートナーの選び方を間違えてしまい、結婚後もすぐに離婚というケースも少なくありません。

人間性を見ないままに職業でパートナーを選んだ末にお互いの意思疎通が上手くいかず短い結婚生活に終わりを告げてしまいます。

職業は結婚生活を送る上でとても大切な指標にはなるかもしれませんが、職業はあくまでも職業であり、職業だけに惹かれて恋愛や結婚生活を送ろうとすればどこかで2人の関係は破綻します。

警察官だから将来安定するので結婚すれば生活の保障がされているので結婚したい!と結婚生活を送っても上手くいく事はほとんどありません。

職業にこだわって人となりを見たつもりになってパートナーを選ぶと早い段階で別れを告げられ、職業にこだわって交際を考えてる方は復縁したいと思う結果になってしまいます。

お互いの人間性を見たつもりになっていたけれど職業に惹かれて交際していた人が復縁を求めるケースはとても多く、弊社の復縁相談でも『彼が〇〇(職業)だから結婚したいんです!!』というご相談をいただくケースは少なくありません。

消防士や自衛隊などの職業は人気がありますし、不況の時期だからこそ男性公務員の需要はとても増えています。

男性公務員は婚活では引く手あまたに近い状況ですし、女性は男性公務員の奪い合いでもあります。

男性を職業で選ぶ女性は増えましたが自分が選んでいる分、相手も選ぶ権利がある事を忘れてしまった女性も増えたように感じます。

婚活パーティーの場で職業で男性を選ぶ女性は職業で選んだからこそ男性の本質を見抜けていないケースは少なくなく、男性の本質を見抜けていないまま結婚の話しを進めようとして、それが仇となり別れを告げられるケースももちろんあります。

婚活で出会ったのだから結婚前提で考えていると安心する女性は別れを告げられて復縁を望むのですが職業で選んだ男性なので復縁したいと伝えても元彼はどこに惹かれて交際に至ったのかに気付いてしまい、なかなか復縁を意識してくれる事がないのです。