復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

浮気がバレてしまい、恋人から別れを告げられた相談者様から『彼(彼女)に謝りたいんです。』というご相談を頂くのですが、恋人は相談者様から謝罪の言葉を聞きたい訳ではありません。

浮気が絡んだ状態から復縁を目指す際に謝罪したいというご相談を頂くのですが、謝罪=復縁ではない事をご理解されていない相談者様はとても多い事に気付きます。

反省の気持ちが伝われば浮気した事を許してくれるかの様に相談者様はお話しされるのですが、反省の気持ちが伝わったところで、それが復縁に繋がるのではなく反省の言葉が伝わっただけで復縁を意識させる事には繋がらないのです。

浮気が絡んだ状態から復縁を望むなら、謝れば許してくれる、謝るしかない、反省の気持ちを伝えれば…ではなく、恋人を傷付けてしまったのですから謝るのは当たり前であり、謝った先に何を提供できるか?が復縁には大切な事であり、恋人として復縁したら提供出来るものがなければ復縁を考えてくれる事はありません。

謝るしかない、謝れば許してくれる、という考えを持った相談者様は浮気した事を軽く考えている傾向にあり、謝るのは当たり前であり、当たり前の事をすれば許してもらえるという考え方なので浮気がバレた相談者様が謝ったところで許してもらえる事がありません。

本来なら世界で一番大切な人を裏切りという形で傷付けておいて、謝るのは当たり前の事なのに、謝れば許してもらえるという考え方をするので相談者様は簡単に浮気をしますし、『復縁したら絶対に浮気しないから!!!』という言葉も軽い言葉に聞こえてしまいます。

自分に都合の良い考え方をしているので恋人には謝罪の言葉は届きませんし、謝罪の言葉は届いても謝罪の気持ちは届かないのに謝る事しか考えません。

恋人を傷付けておいて、浮気した相談者様が辛いだけで『復縁したい!!』と口にするのですが、傷付いた恋人の気持ちを考えずに自分が辛い事を訴えるのですから恋人にしてみれば呆れて物が言えない状態でしかないのです。

もちろん、あからさまに辛い事を訴えるのではなく、浮気した事を謝りはするのですが、言葉の裏に秘められている気持ちが透けて視えるので浮気した事を反省しているのではなく、浮気して別れを告げられて辛い事をアピールしているに過ぎません。

この様な都合の良い考えを持つ相談者様に『あなたがもし浮気されたら怒るでしょうし、また浮気されると思わないですか?』というお話をさせて頂いても『私(僕)なら恋人の事を好きならチャンスをあげます。』と仰います。

恋人の事を好きならチャンスをあげるという事は相談者様が浮気して別れを告げられたのですからチャンスを貰えなかった…という事にもなり、チャンスを貰えなかったのですから恋人は相談者様の事を好きではない!という事にもなりますし、相談者様が浮気をされても許すのに恋人は許してくれない!!という気持ちを持っている事も視えてしまいますので、その様な気持ちを持っている相談者様が浮気した事を謝りたい!!という気持ちが伝わって浮気した事を許してもらえると思う事自体、甘い考えしか持たない相談者様である事が分かるのです。

この相談者様が『復縁したら2度と浮気しないから!!』と伝えたところで、恋人にしてみればまた浮気されるだろうな…と気付くでしょうし、大切な人を傷付けているのに大切な人を傷付けている実感を持っていない事も分かりますし、浮気が絡んだ状態で復縁したいなら考え方を一から変えなければならないのです。

そして浮気して別れを告げられた男性相談者様の中には浮気がバレて別れを告げられた後に土下座して謝ったのに浮気した事を許してくれない…とご相談いただく相談者様もいらっしゃいますが、反省の気持ちが伝わらない相談者様の土下座って価値があるものでしょうか?

土下座をすれば謝っている形は取れていますが、心の中で土下座しているとは限りません。

何度頭を下げたところで反省の気持ちがなければ頭を下げる意味がありませんし、土下座や繰り返し頭を下げて謝罪される事に何の価値もありません。

頭を下げる事や土下座する事は誰にでも出来る事であり、反省していない人にでも土下座や頭を下げる事は簡単に出来ます。

何故土下座や繰り返し頭を下げる行為をしなければならないのか?を理解しているから謝罪は意味を成しますが、浮気の反省が見えない相談者様は自分が辛いから戻って来て欲しい…という気持ちのまま土下座や頭を下げる事を繰り返しているのであって、傷付けた事を素直に謝る事や申し訳ないという気持ちがないので反省の気持ち全く見えないのです。

土下座や頭を繰り返し下げれば反省している素振りを見せられるので反省している場面を作っているに過ぎません。

『何度も頭を下げているのに許してくれないんです。』という言葉を相談者様からいただくのですが、何をしてしまったのか?を本当の意味で理解していない相談者様が何度頭を下げたところで恋人には伝わらないだろうし、許してくれる事はないだろうな…と復縁相談を受けていて分かるのです。

浮気がバレて別れを告げられた相談者様は『復縁してもらえるなら一生償わなければならないと思っています…』という言葉を復縁相談時に頂く事もあるのですが、相談者様の言葉の軽さを復縁相談を頂いていると気付きますし、『もう2度と浮気しないから復縁して欲しい…』という言葉を簡単に口にして、結局浮気するんだろうな…という相談者様にしか視えないのです。

浮気を2度としないのが当たり前ですし、浮気しないから復縁というのは浮気しない事と復縁を対等に考えている節がありますし、許してもらえるから謝るではないですし、謝ったら許してもらえるでもない事に気付いていないから軽々しい言葉が出るのです。

許してもらえるなら…と条件を付けられる立場にいない事にも相談者様には分かっていない訳ですし、条件を付けるのは本来恋人であるはずなのに、浮気した相談者様が許してもらえるなら…と条件を付けて浮気を2度としません!!と宣言しているのです。

恋人にしてみれば、なんで浮気されて裏切られたのに条件を付けて来れるの?という気持ちになるのは当然であり、浮気した相談者様が条件を付けて謝る姿勢をみせるので更に恋人の怒りを買うのです。

恋人から許してもらえたから、恋人から『もう2度と浮気しないよね?』という言葉を頂くなら分かりますが、相談者様から『もう2度と浮気しないから!』と条件を付けようとするので浮気した事を許してもらえる事もないのです。

浮気した原因を相談者様は理解しておらず、相談者様が甘い考えをしているので浮気してしまったのですが、浮気が原因で別れを告げられたにも関わらず甘い考えで自分に都合の捉え方をしているので『もう2度と浮気しないから!!』という言葉を口にします。

もう2度と浮気しないからという言葉を聞かされた恋人は当たり前の事を当たり前に出来ない相談者様に対して許す気持ちはなく、呆れるだけになるので浮気した事は恋人ではないので許すけれど関りを持ちたくない…とすら思わせてしまうのです。

浮気した事がバレて別れを告げられた状態から復縁したいなら甘い考えを捨てなければなりませんし、甘い考えを捨てる以前に相談者様の考え方が甘い考えを持っている相談者様である事を自覚しなければならないのです。

自覚がないから甘えた言葉を恋人にぶつけてしまい、恋人の気持ちは更に冷めてしまいますし、気持ちが冷めてしまうので相談者様との復縁は考えないモノとして恋人は拒絶していきます。

浮気したら復縁できない訳ではありませんが、浮気した後の対応に間違いがあるので復縁出来ない事を知り、浮気がバレても本当に復縁したいなら浮気はバレないだろう…という甘い考えを持っていた相談者様自身の考え方を変えなければ復縁できる日が来る事はないのです。