フラれた理由を『大した理由じゃないんですけど(笑)』という復縁相談者は多く、照れ隠しなのか本当に大した理由ではないと考えているのか分かりませんが、大した理由ではないと本当に考えているなら何故別れたのか分からないと思います。

『大した理由じゃないんですけど(笑)』という方のほとんどが相談を伺っていて、かなり問題のある事をしているにも関わらず『大した理由じゃないんですけど(笑)』と仰います。

以前にあった相談で「どういった理由で相手の方から別れを言い渡されたのか、何か思い当たる理由はありませんか?」とお伺いした時も「いやぁ~、大した理由じゃないんですけど、相手が疲れてるタイミングでSEXを迫ったりしちゃったんですよね」と笑いながら相談された方もおり、別れを告げられた事の重大性に気付いてない相談者は少なくないのです。

『大した理由じゃないんですけど(笑)』と仰る方のほとんどは自分が相手にされても怒らない。と考えます。

元恋人にされても自分なら怒らないと思うから『大した理由じゃないんですけど(笑)』と口にするのですが、人は怒るポイントが異なりますし自分がされても怒らないから相手も怒らないはずだという考えの方が、そもそも相手の気持ちになって物事を考える事は出来ませんし復縁を望んだところで元恋人から嫌悪されるのが目に見えて分かりますから復縁相談を頂く事自体間違っているとも言えます。

相談を頂いても『他人の気持ちをもう少し考えられる様になって下さい。』としか言いようがありませんし、復縁屋は仕事で相談を承っていますので真剣に復縁に向き合わない方の相談を承る理由がありません。

真剣に復縁に向き合うなら『大した理由じゃないんですけど(笑)』という相談をする事自体おかしな事ですし、元恋人の気持ちを理解出来る様に努めなければ復縁に進む事は出来ません。

復縁相談をするなら真剣に復縁に向き合っているのか?について考えて頂く復縁ブログになります。

大した理由じゃないのにフラれるなら致命的ですよね?

大した理由じゃないのにフラれるなら致命的ですよね?

大した理由じゃないのにフラれるのですから元恋人はあなたの事を好きではない。という事が分かります。

大した理由じゃないのにフラれるのですから好きでもないのに交際していて、やっぱり交際は無理だ…と判断されたから別れを告げられた訳です。

好きでもないのに交際してもらっていたのですから、そもそも復縁の可能性等ないという事になります。

復縁の可能性がない。と自分で言ってるのですから復縁相談をするだけ無駄ではありませんか?

「大した理由じゃないなんて笑っていられるんですか?」と聞くと…

『大した理由じゃないなんて笑っていられるんですか?』と相談員が質問すると『そんなに大変な事をしたんですかね?』と事の重大性には気付いている方は少なくありません。

相談者によっては『そんなお説教じみた言い方しなくても…』と口にする人さえいます。

お説教ではなく、仕事として真剣に復縁相談を伺う復縁屋だからこそふざけた冷やかしの様な相談を受ければ対応しません。

  • 「大した理由じゃないんですけど」と笑っていらっしゃいましたけど、相談者さんは本気で復縁したいんですか?
  • 本当に好きで、大切で、どうしてももう一度交際をして一緒になりたい愛しい相手から破局を言い渡されている状況で、どうして笑っていられるんですか?
  • しかも大した理由じゃないって、相手が感じた交際を中止するに至る理由は、相談者さんにとってそんな軽いものなんですか?
  • 相手が別れたくなる気持ちは、大したことじゃないんですか?
  • もし本気で「大した理由じゃない」と思っていて、今の復縁したい状況が笑えるレベルのものであるなら、残念ですけど何をどうしようが復縁はできないと思います。
  • 諦めたほうが賢明です

と伝えると「あ、いや…」と言葉を詰まらせながら「いえ、笑える状況じゃないし、大した理由じゃなくないです」と仰る方はまだ救いがあります。

復縁に本気で取り組む姿勢がなければ復縁できる訳がないのです。

復縁に本気で取り組む姿勢がなければ元恋人が交際を考え直してくれる事はありません。

適当に交際する相手と交際したいですか?

自分を大切にしてくれない相手と交際したいですか?

復縁に本気で取り組む姿勢とは交際に真剣に取り組む姿勢でもあり、適当な交際相手の様なセフレを求めているなら話は別ですが真剣な交際を前提とした相手だからこそ真剣に交際に向き合わなければ復縁できる訳がないのです。

『大した理由じゃないんですけど(笑)』と二人の間に起きた問題に真剣さがない人と交際したいと思ってくれるでしょうか?

本気で取り組む姿勢がないなら復縁できる訳がないのは自分に置き換えれば分かるのではないでしょうか?

安易に復縁相談を承って復縁させる事は世の中に不幸な人を生み出すだけ

安易に復縁相談を承り、復縁する方法をお伝えするのは相談者の元恋人を不幸にさせます。

復縁屋が復縁をサポートするのは依頼者様も対象者も双方が幸せになる事が見こせるからになり、相手を不幸にさせる様な復縁を復縁屋は応援したいと思いません。

他人を不幸にさせるお手伝いをしたいと思う人はいますでしょうか?

少なくとも復縁屋は誰かを不幸にする為に相談や依頼を承るのではなく依頼者様と対象者の幸福を願って相談や依頼を承るのです。

真剣に交際に向き合わない人や考え方が一般常識からかけ離れている方等、話しを伺っていて誰かを不幸にさせるであろう内容を手伝いたいと思う人はいません。

『大した理由じゃないんですけど(笑)』と相手を既に不幸にさせている事にすら気付いてない人からの安易な復縁相談を頂いても復縁屋が協力する事はありません。

復縁屋が相談や依頼を断るのは今以上の悲しみや苦しみを背負っていただきたくないから

相談や依頼を断るのは相談者様の復縁したい元恋人に別れて楽になった状態から不幸な状態に戻る様な協力をしたくないからになります。

別れて苦しんでいるのは苦しめる様な事をした相談者様になります。

別れて楽になった状態からやっと解放された元恋人に悲しみや苦しみを背負って頂く為に復縁屋が協力する事はないのです。

相談や依頼を頂く以上、どうにかしてあげたいと考えるのが相談を頂く立場になります。

相談されてもどうにかしてあげたいと思えなければ復縁屋は見放します。

見放す理由は相談者様の元恋人にこれ以上の不幸を与えたくないからになりますのでご理解頂いています。

不味いピーマンは不味いピーマンのままなので品種改良しなければ食べる気も失せます。

ピーマンが嫌いな人に「ピーマンは美味しいですよ~」と言ったところでピーマンがそもそも不味ければピーマンを食べさせても「やっぱり不味いじゃん!」とピーマン嫌いは更に加速します。

ピーマンの美味しさを吹き込んだ上で、ピーマンを美味しく変化させるからピーマンを食べてもらった際にピーマンの美味しさに気付いてもらえます。

別れを告げられた状態はピーマンを実食して嫌いになった事と同じです。

食べず嫌いではありません。

実際に食べて美味しくないから嫌いになったピーマンと交際して交際が無理だと判断されたから別れを告げられた相談者。

どうすればピーマンを食べてもらえるか?を考えるよりも先に、不味いピーマンのままでは永遠に好かれる日が来ない事は分かりますよね?

『大した理由じゃないんですけど(笑)』という人は中身を品種改良しなければ美味しいピーマンになれる日が来る事はありません。

別れた後に同じことを繰り返すのですから復縁できるはずがないのです。

不思議なことに「今のあなたには復縁は不可能です」とお断りすると、「そこを何とか!助けてください」と食い下がってくる復縁希望者もらいっしゃいます。

断っているのですから食い下がられても手を差し延べる事はありませんし「本気で言ってくれて本気で断ってくれたからこそ、本気で助けてくれるって伝わりました」と仰って頂けるのですが弊社が本気で復縁をサポートするつもりなのか試す様な事をされて本気で協力させて頂きたいと考えるのでしょうか?

自分が本気で相談するから相手も本気で相談を受けてくれる。

自分が本気で復縁したいと思うから相手も本気で復縁を意識してくれる。

そこに試すという行為は必要ありません。

相談者が復縁屋を試す様な行動は元恋人を相談者が試す様な行動と似ています。

試す様な行動をして反感を買い、取り返すの付かない事をして復縁は絶望的になる。

復縁屋にも試す様な事をして復縁屋から絶縁され、復縁の希望が消え失せる。

復縁相談者は別れた後に同じことを繰り返すのです。

フラれた理由が大した事ではないと考える相談者は取り返しがつかない。

フラれた理由が大した事ではないと考える相談者は同じことを何度も繰り返し、取り返しのつかない状態になっても自分の問題に気付きません。

一言で表すならバカだな…と思う事も多々ありますが、何がバカなのか分からないのがフラれた理由が大した事ではないと考える相談者になります。

大切な人に別れを告げられて尚同じ事を繰り返しているのです。

自然に人を不愉快にさせる事が習慣化され、元恋人と『復縁したい!!』と口にしても元恋人を不愉快にさせる事ばかり行うのです。

相談者本人だけは『彼(彼女)を幸せにしたいと思ってます!!』と思い込んでいるのですが、実際は不幸にさせる事ばかりで大切な人を不幸にさせている自分に気付かず『幸せにしたい!』と言えるのはどの口が言えるのでしょうか?

呆れるのが明らかな相談者の言葉に復縁屋は呆れを通り越してバカにします。

フラれた理由が大した事ではないと考える相談者は誰も忠告しないのですから何度も同じ事を繰り返し、大切なものを手に入れる事がなく、取り返しのつかない事をしても反省しない姿に大人として社会人として見る事が出来ません。

本気で復縁したい方のみご相談下さい。

本気で復縁したい方のご相談は承っていますが『大した理由じゃないんですけど(笑)』という人は『本気で復縁したいです!』と口にしますが本気度は伝わりません。

本気度は『本気です!』と口にするから伝わるものではなく、相手が本気と捉えるかどうかで本気度は変わるのです。

『大した理由じゃないんですけど(笑)』と口にする方から本気度は伝わりません。

本気で復縁したい方というのは本気で復縁したいのか?を確認しなくても本気で復縁したい気持ちが伝わります。

元恋人に気持ちが伝わるかどうかで悩む人も多いのですが『大した理由じゃないんですけど(笑)』と口にする人の気持ちから本気度を読み取れと言われれば本気ではないと簡単に読み取れます。

簡単に読み取れる本気ではない気持ちのまま復縁相談を頂いても弊社では相談を打ち切らせて頂いています。