復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

復縁相談を頂く方から、パートナーに手紙を書けば気持ちが伝わると考える人は多いのですが、パートナーに手紙を書けば気持ちが伝わる訳ではありません。

気持ちを伝えるだけならlineやメールでも伝わりますし、手紙を手書きで書くから気持ちが伝わると思い込む方は大きな間違いをしています。

lineやメールだと何故気持ちが伝わらないと考え、手紙だと何故気持ちが伝わると考えるのか?の違いは、手紙=手書きなので一生懸命書いている自分。という考えがあるので一生懸命自分が書いているから気持ちが伝わると考えるのです。

一生懸命書いているから気持ちが伝わると考えるから手紙=気持ちが伝わると考えるのですが、手紙だから気持ちが伝わると考える相談者様達はlineをパートナーに送る時に一生懸命考えた内容を送ってないのかな?と疑問を持ってしまいます。

そして一番疑問に思うことが、復縁屋に『手紙の書き方を教えて欲しい!!』というご相談を頂くのですが、手紙の書き方を復縁屋が相談者様に教えたら、パートナーに送る手紙は復縁屋の気持ちが伝わるのであって、相談者様の気持ちが伝わるものではないと気付かないのかな?と疑問に思うのです。

手紙を書けば気持ちが伝わると思い込んでいる方々は手紙を書けば誰かに気持ちが伝わるのは手紙の文章の内容ではなく、手書きで書いた人の気持ちが伝わると思っているのと同様です。

手書きで書いた人の気持ちが伝わると思っている人だから手紙に気持ちをのせて伝える文章が書けず、気持ちをのせて伝える文章が作れないからlineでは伝わらないけど手紙なら気持ちが伝わると考えます。

これを理解してパートナーとの関係を思い返して頂きたいのですが、気持ちを伝える文章が書けない人がパートナーとの交際時に気持ちを伝える言葉を出す事が出来ていたでしょうか?

手書きだから気持ちが伝わると思い込んでるなら、パートナーと付き合ってる時に手紙でしか会話出来ませんよね?

パートナーと付き合ってる時に手紙でしか会話が出来ない人だから、パートナーから別れを告げられたとは思いませんか?

手紙を書けば気持ちが伝わると思い込んでいる相談者様に、この話をすると『お互いに気持ちを伝えあっていました!!!』と仰います。

お互いに気持ちを伝えあった結果がパートナーから『別れたい…』という言葉をいただく結果になったのですから、相談者様が気持ちを伝えあっていたと仰る言葉すら疑問に思うのです。

そして、実際に手紙を書けば気持ちが伝わると思い込んでいる人から依頼を請けてパートナーに工作員を接触させてパートナーから話を聞き出してみると、パートナーは口を揃えて同じ様な事を仰います。

『自分勝手な事ばっかり言われて付き合ってくのは無理だって判断したから別れた。』という言葉であり、どんな風に自分勝手な事をしていたのか?を聞き出していくと、なるほど…と口を紡いでしまう言葉が次々に出てくるのです。※参考記事:パートナーは自分の事をまだ好きなはず…と考える人は自己中心的な考えを持っているので復縁できない

手紙を書けば気持ちが伝わると思い込んでいる相談者様達は、自分勝手な事を言っているという自覚もなく、自分勝手な事をしているにもかかわらずパートナーに気持ちを伝えるには…と自分勝手な人の気持ちを伝えようとしている事にすら気付かないのです。※参考記事:別れ話しの内容を理解していない自覚がないから復縁できない事を分かってますか?

自分勝手な気持ちを伝えようとしてる事にすら気付いてないのでパートナーは相談者様の送ったlineやメールを受け取ると、何も変わってないな…何も分かってないな…と別れた後も更に気持ちを冷めさせてしまいます。

気持ちを冷めさせているのはlineやメールだからではなく、自分勝手な考え方がパートナーに伝わるからに他ならないのですが、手紙を書けば気持ちが伝わると思い込んでいる相談者様はlineやメールだから気持ちが伝わらないけど、手紙だったら気持ちが伝わるはずだ…と自分の問題ではなく別の問題のせいにして復縁活動をしているつもりになります。※参考記事:別れを告げられたのは誰のせい?あなたの考え方を変える為に必要なこと

手紙を書けば気持ちが伝わると思い込んでいる相談者様が手紙を書いたところで気持ちが伝わることはありませんし、手紙に書いた気持ちは相談者様の自分勝手な気持ちを延々と書き連ねているだけの文章である事が分かってないので復縁出来ません。

もう、その時点でいくら頑張ったつもりになっていても一人でどうにかなる問題ではありませんし、一人でどうにもならない問題を抱えているので復縁出来ない事を分かってないのに手紙を書けば気持ちが伝わると思い込んでいる相談者様から復縁屋には沢山ご相談をいただくのです。

『本気で復縁したい!!!』と手紙を書けば気持ちが伝わると思い込んでいる相談者様は仰るのですが、こういった相談者様の仰る本気って一体何を指しているのだろう?と復縁相談を承っていると感じる事が多々あります。

もちろん、人それぞれ本気の度合いは異なりますが、復縁屋としては手紙を書けば気持ちが伝わると思い込んでいる相談者様が自分自身の問題に気付かなければ本気で復縁したいの本気は復縁屋には伝わりませんし、パートナーに対しても伝わることはないんだろうな…と分かってしまいます。

しかし、残念ながらこの手の相談者様が自分自身で自分は自分勝手ですよね…と気付く事はありませんし、自分が自分勝手なはずはない!!とすら思い込んでいる傾向にあり、自分勝手なはずはない!!と思い込んでる相談者様が『復縁したい!!』と口にしても『口にするのは簡単ですけど結果を出すのは簡単じゃないんです。』としか思いませんし、最終的に出てくる言葉は『頑張って下さい。』という相談者様を見放した意味が含まれている頑張って下さいの言葉しか出て来ないのです。

手紙を書けば気持ちが伝わると思い込んでいる相談者様には手紙を書かなくても、あなたの気持ちは伝わっていますよ!と伝えますし、パートナーに伝わっているあなたの気持ちはパートナーよりも自分を大切にする気持ちであり、それが伝わっているので別れた後に手紙を書かなければならない状況となり、手紙を書いても復縁出来ない事に気付いた方が良いと復縁屋は思うのです。

復縁できる人達は手紙だから気持ちが伝わる、lineやメールだから気持ちが伝わらない。とは考えません。

本当に復縁したいならlineやメールだから気持ちが伝わらないのではなく、lineやメールであなたの気持ちが伝わっているから復縁出来てない事に気付かなければなりません。