人間は生きてく上で様々な選択を強いられます。

進学か就職の様な人生を左右する選択肢はもちろん、進むか止まる、話すか話さない等、細かい事を言えば常に選択して行動していくのが人生になります。

選択を強いられるのが人間であり、選択ミスを繰り返して人生経験を積むのも人間になりますが、復縁したいと望むなら別れを告げられてから復縁するまでの選択を間違えないように気を付けなければなりません。

復縁を望む方のほとんどが選択を間違えます。

復縁する為に何をすれば良いのか?という初歩の初歩から間違えた選択をし、自分に都合の良い選択をするので復縁できません。

人間は成長していく過程でコミュニケーションを学び、他人と仲良くする為には自分が我慢する事等を学びますが、復縁活動をする人達は他人の為にではなく、自分の為に選択するので復縁する為の選択肢を間違えてしまうのです。

復縁したいor復縁したくない。

最初の選択肢はもちろん自分の為です。

初めて会った人と話したいor話したくない。

というのももちろん自分の為ですが、話したい。という選択を選んだ場合、その後は初めて会った人と関係を作る為に自分が我慢して言いたい事を最初から言わないという選択をするから良好な関係を作り出せます。

初めて会った人と話したいor話したくない。という選択から話したいという選択をして関係を作る事を復縁したいor復縁したくない。に当て嵌めて考えてみましょう。

復縁したいのはもちろんあなたの為です。

あなたが自分の為に選んだのですから、その後は我慢をするなり良好な関係を作る為に相手の事を考えた上での選択をしなければなりません。

会話だけではなく、復縁する為の行動全てを元恋人の為に行う選択をするのであって、自分の為に選択するのではありません。

例えば、復縁する為に自分磨きをする方は多いのですが、あなたが綺麗になって喜ぶのはあなたであり、元恋人が喜ぶ訳ではありません。

元恋人が喜ぶ訳ではない復縁活動をしているだけでは当然復縁に繋がる事はありませんし、自己満足の復縁活動では復縁を意識してもらう事は出来ないのです。

選択を間違えれば先々で進む道も異なります。

道が異なれば繋がる結果も異なりますし、最初の段階から選択を間違えない様にしなければ復縁を意識させる事は出来ません。

本当に復縁したいなら復縁したいor復縁したくない。の選択の後にしなければならない復縁活動の選択を間違えない様にしなければなりません。