別れを復縁したい復縁したい今、あなたは元恋人を思い遣れていたかどうか?を考えなければなりません。

交際は一人で行うものではない以上、相手への思い遣りがあって成り立つものです。

人間関係を作っていく上で思い遣りの心がなければ関係は上手くいかず、思い遣りの心は人と人とを利害無しで繋げる理由になります。

好きだから…という安心感から相手を無下にすれば相手の心は離れていき、好きだからこそ相手を大切にしたいという思う気持ちが生まれ、その気持ちがあるからこそ恋人や夫婦という関係は成り立ちます。

思い遣りがあるからこそお互いにお互いを助け合える事になり、結果的にお互いが求める関係になれるのです。

そうした思い遣りの欠如が別れに繋がり、別れに繋がって復縁したい今、あなたは思い遣りを元恋人に対して本当に持てていたのか?を確かめなければなりません。

元恋人への思い遣りの心を本当に持っていましたか?

好きだから許してくれるだろう…という甘い気持ちでいませんでしたか?

人間は自分に甘い生き物なので思い遣る気持ちを最初は持っていても時間が経てば経つほど思い遣りの気持ちは薄れていき、交際当初の思い遣りを失っているつもりがなくても少しづつ思い遣りの気持ちは失っていきます。

人を思い遣る気持ちは意識していなければ出来ない事であり、関係に甘んじていれば意識から少しづつ外れてしまい、相手をガッカリさせてしまうのです。

ガッカリさせてしまった言動や行動が重なれば交際当初と比較されてしまい、最初は良かったのに今は…という気持ちにさせてしまいます。

その結果、大切にされていない、自分はもっと他に良い人がいるのでは?と交際した事自体を後悔し始め、結果的には思考が別れる為の理由探しをするようになってしまいます。

自分では元恋人に対して真摯に向き合い、気を遣い、思い遣りを持って接していたはずだ!!と思い込むのですが、元恋人からすれば気を遣われなくなった、向き合えなくなった、前はもっと思い遣りを持って接してくれていた。と、比較すればするほど、この交際は失敗だったのでは…?と考えさせてしまいます。

交際が失敗だったのでは…?と考えさせるので別れに進み、気持ちは時間と共に冷めていくのでどうやって別れを切り出そうか?という考え方にさせてしまいます。

気付かぬ内に元恋人の気持ちを蔑ろにし、求められていたものを与える事が出来なかった結果が別れになるのです。

元恋人への思い遣りがあれば愛情を伝える事にもなり、愛情を深く与えるので愛情で返してくれるというループを繰り返せていたものを交際に手抜きをし、手を抜いた交際を気付かぬ内に繰り返すから別れという辛い選択をさせてしまった自分自身の行動を振り返るなら、一番最初に辿り着くところは元恋人を思い遣れていたか?という部分ではないでしょうか?

元恋人を思い遣れていたなら復縁したい!!という状況に辿り着く事はありません。

元恋人を思い遣れていなければ別れを告げられて復縁したい!!という状況に辿り着きます。

あなたが元恋人を思い遣れていたかどうかを振り返ってみれば、きっとあなたは元恋人を思い遣れていなかった…と感じると思います。

本当に復縁したいなら復縁したいと思う前に元恋人への思い遣りを考えなければならない事が分かりますよね?