復縁したい

元カレや元カノから嫌われている事を自覚が有るか無いかの違いで復縁出来ないのです。

復縁屋には、元カレや元カノから嫌われている状況を理解していない状態で、元カレや元カノを非難する言葉を並べながら『復縁したいです!!』と仰るストーカーの様な相談者様も少なくありません。※参考ブログ:復縁屋とは?

一般の方々は、他人とコミュニケーションを取る際に、自分は相手からどう思われているだろう?という事を考えながらコミュニケーションを取ろうとするのですが、元カレや元カノから嫌われている自覚がない方は、相手からどう思われているか?というアンテナを立てずにコミュニケーションを取っていたり、相手からどう思われているか?の部分を大きく勘違いしており、自分は嫌われていない、むしろ好かれていると思う。といった、相手との距離感を間違えた状態で付き合うので、相手からすれば一体何を考えているんだろう?という気持ちになり、考えている事が分からないので気持ち悪く感じさせてしまう…というケースも少なくありません。※参考ブログ:ストーカー扱いされない様に元カレや元カノの気持ちを考えて復縁活動を行っていますか?

別れを告げられたら全ての相談者様が嫌われている!!という事ではありませんが、明らかに嫌われているであろう状態が分かる様な相談内容にも限らず、嫌われている自覚がない相談者様も大変多く、元カレや元カノの気持ちを考えるのではなく、自分がどうしたいか?ばかりを優先してしまい、優先順位が元カレや元カノよりも自分になっているので、更に嫌われていく事が分からない相談者様も大変多いのです。

復縁は元カレや元カノの気持ちを考えて進めていかなければ難しい事であり、元カレや元カノの気持ちを考えられない相談者様の時点で復縁の可能性は1%でも上がるものではありません。※参考ブログ:『復縁の可能性があるなら復縁したい』って元カレや元カノをバカにしてる言葉だと思いませんか?

特に、元カレや元カノに嫌われている状態にも関わらず、自分の気持ちを優先して『復縁したいです!!』と仰る方々には、『復縁以前に友人関係にも戻れないと思いますよ。』とお伝えさせて頂きますが、友人関係にも戻れないであろう方々からのご相談を承ると、友人関係を経て恋人になる。というステップを無視して復縁を目指そうとするのですから、元カレや元カノの気持ちにも気付けないし、どこに元カレや元カノが復縁を考えてくれる要素があるんだろう?と考えさせていただけます。

全ての相談者様が元カレや元カノから嫌われている訳ではないのですが、嫌われている事が明らかな相談者様は現実を見ていない状態で復縁活動を行い、関係を築こうとするのではなく、自分の気持ちを優先した行動をするのですから、元カレや元カノが復縁を考えて下さる事はないのです。

元カレや元カノからどう思われているか?はとても大切です

元カレや元カノからどう思われているか?という前提があって、その後の行動が変わります。別れの原因は相手の気持ちを理解出来なくて意思疎通出来ないから

前提となるものがズレていれば、その後の行動もズレており、嫌われている人に好かれているであろうと思っている人が接すれば距離を置かれてしまうのと同様で、嫌われている状態に気付いて行動する人と、嫌われている事に気付かずに行動する人では、相手の捉え方は大きく異なります。

元カレや元カノからどう思われているか?を考えていながらも、全くの勘違い状態で復縁活動をしていれば、当然の事ですが、あなたの思惑と元カレや元カノの思惑は大きくズレますし、大きくズレた思惑から出た行動は、時に相手に不安や恐怖を与えてしまいます。

相手から好かれてると思ったから自宅にお弁当を届けていたけれど、実は好かれておらず、毎日お弁当を持って来る事に恐怖を感じていた…というストーカーが何を考えているのか分からない…という状態を作り出してしまうのは、こういったどう思われているか?のズレが生じるものである事は、ご理解頂けるかと思います。※参考ブログ:都合の良い解釈をするストーカーの考え方なので彼氏(彼女)に恐怖を与えて拒絶されるのです。

想いのズレが生じると一つの行動が大きな誤解を生み、一つの行動が大きな誤解を生むので、元カレや元カノからどう思われているか?を把握していなければ復縁活動をすればするほど、気付かぬ内にストーカー化してしまう恐れもあります。

嫌われている自覚を持っている人と自覚がない人との違い

元カレや元カノから嫌われている…という自覚をもって復縁活動に挑む人と、自分は好かれているかもしれない!?という気持ちで復縁活動に挑む人とでは復縁に対する心構えが変わりますし、何をすれば良いか?についても大きく変わります。

例えば、職場で嫌われていると思っている相手に嫌われている事が分かっているのに、プライベートの話しをしようとグイグイ行けば更に嫌われる事が分かるので、仕事上のやり取りはしてもプライベートの踏み込んだ話をする人は少ないと思いますが、これを恋愛に置き換えていただくと、嫌われている事が分かってない状態で、グイグイ距離を詰めようとすれば距離を空けられてしまい、ウザいと思われる人になる事が分かると思います。※参考ブログ:あなたが相手に要望しているばかりで相手からの要求に応えないから更に距離を置かれてしまうのです。

逆に、嫌われている自覚がある人は、無理に距離を詰めようとするのではなく、業務連絡だけを行い、周りとの関係が良好なものを自然な流れで見せているので、今以上に嫌われる事はなく、周りからの声を聞いて、そんなに嫌な人じゃないのかもしれない…という印象を与える事が出来、自然に気にさせる事が出来、自然に目で行動を追われる様になります。

相手に嫌な想いをさせてしまうかもしれない…という気持ちから来る行動で、嫌われている自覚の有る無しにも繋がり、その結果、良い方向に流れる人と悪い方向に流れる人に分かれます。※参考ブログ:頭で考える成功率に拘る人が復縁出来ないのは復縁する為の努力の【方向性】が間違っているから

自覚があるから復縁の可能性を高める事にも繋がる

嫌われている自覚があれば復縁の可能性が高まるものではありませんが、実際に嫌われていて、嫌われている自覚が無ければ復縁の可能性が上がるどころか下がる一方になる事は分かると思いますが、復縁の可能性を下げる一方にしながらも、復縁活動を頑張っている!!という方々は、自分が相手に不愉快にさせるような事をしているにも関わらず、『僕(私)は頑張っているんです!!』と仰います。※参考ブログ:『復縁できるなら頑張ります!!』と言う相談者様が復縁出来ない理由は努力しないから

相手を不愉快にさせるような事をしておいて、『頑張ってるんです!!』と仰っても…となりますよね?

客観的に見れば、『嫌われる為に頑張っているんですか?』となりますし、元カレや元カノからすれば、不愉快にさせるような事をして来るなんて、嫌がらせじゃないか!?とさえ感じさせてしまいます。

自覚が無ければ復縁に向けて頑張っている!!という事自体が間違った頑張り方になりますが、自覚があれば何をすれば良いのか?という行動がそもそも変わるので、復縁の可能性を高まる事にも繋がるのです。

状況次第でアプローチの仕方が異なります。

元カレや元カノを不愉快にさせたり、恐怖感や不安を与えるような状態で復縁に向けたアプローチをする事と、元カレや元カノに安心や関心を与えて復縁に向けたアプローチをする事は、相手の印象が全く異なりますし、相手の印象が全く異なる状態で誘い出しのタイミングを狙ってアプローチをするのは、アプローチの仕方から異なるので、印象も全く異なる事が分かると思います。

好かれる為にしている行動と、嫌われる為にしている行動は、相手の気持ちを考えられるか?によって変わりますが、相手の気持ちを考えずに自分本位の行動をして、嫌われているとは考えずに行動していれば、元カレや元カノから好かれる事が無い。になり、どんな方法であってももう一度振り向いてくれる事はないのです。※参考ブログ:復縁方法を探すよりも元カレや元カノに【好かれる為に何をすれば良いか?】を考えなければなりません。

セコイ男は嫌われてる。

セコイ男は嫌われる。という言葉を耳にした事がある人は少なくないと思いますが、セコイ男は女性が求めているものが分かってないのですが、セコイ男は女性からセコイと思われている事に気付きません。

別れ話しをすると、『今までに使ったデート代を返せ!!』といった言動や『今までプレゼントした物を返せ!!』といった言動などが出ますが、、完全に別れた後は、『あの時の言葉は反省してる。自分はおかしかった…』と反省の言葉を口にするのですが、本性が表れているので、そういったセコさも交際時に出ていた事に気付かず、嫌われる原因を作っている事に気付いてない男性は少なくありません。

元カノに『復縁したい!!』と言いながら、『復縁してくれないなら…復縁してくれるなら…』と交渉の条件を出すのもセコイ男にありがちで、嫌われている原因を作っていながらも、嫌われている原因に気付かないセコイ男は別れを決断した元カノから、この男、本当にセコイな…と更に悪い印象を与えてしまいます。

嫌われている原因が分かってないので、嫌われている事に気付かずアプローチの仕方もセコイので更に嫌われるのです。※参考ブログ:北朝鮮の金正恩を見てあなたの復縁方法の間違いに気付きましょう。

セコイ男が復縁屋に『復縁したいです!!』と相談すると…?

セコイ男から復縁屋に『復縁したいです!!』と相談が来ると、お金の事ばかりを気にして、『相談は無料ですか?お金が掛かるなら相談しないで大丈夫です。』と、お金の話しが一切無くてもお金の話しばかりで、復縁の話しをする為に相談したのか、相談料の話しをしたくてご相談頂いたのか分かりません。※参考ブログ:無料と有料の復縁相談所はどっちを活用すべき?復縁相談所の利用の仕方について

自分でどうにも出来ない状況で復縁屋に相談しようとする割に、お金の事ばかりで元カノよりもお金の方が大切なのでは?と考えさせられる相談者になるのです。

『セコイ』というのはお金についてのセコさだけではありません。

セコイ男はお金の事だけをセコイと考えますが、セコさは金銭的なものだけではなく、人間的なセコさもあるので、元カノから嫌われている状態から更に嫌われる様な事を平気でします。

元を取ろう!!とする考え方なので、周囲の人達に自分は太っ腹アピールをし、元カノが聞いたら『はっ!?ふざけんな!!』と言われてしまう様な事を平気で振れ回り、セコイから嫌われているのに、『お金を出しているからセコくないでしょ?』とセコくないアピールをするので、セコイ男は元カノに更に嫌われる行動をするのです。

セコイ男性は自分がした事を恩着せがましく彼女に伝えます。

セコい男は自分が好きでやった事にも関わらず、別れたから…別れるなら…と、過去にした事を恩着せがましく交渉条件にするので嫌われている状態から更に嫌われます。

例えば、彼女から『〇〇を買って欲しい』と言われて買った場合に、買ってあげたいからプレゼントしたものを、『欲しいって言ったから買ったんだ。別れるならバックのお金を返して欲しい。』と請求するセコイ男がいますが、女性からすれば嫌われて当然の事に気付かず恩着せがましく話すセコイ男は嫌われます。

相手の嫌がる事を続けて嫌われた状態というのは?

元カレや元カノが嫌がる事を続けた結果、嫌われてしまう相談者様から『復縁出来ますか?』というご相談を頂く際に、復縁屋が伝えなければならない事は、『嫌がる事をしていた自覚が持てる様に変わらなければならないし、その努力をしない人が復縁できる訳がありませんよ。』となるのです。

復縁相談以前に、自分が嫌われる事をしていた自覚がない相談者様が多いので、復縁できる、出来ない以前に、不愉快な想いをさせない様に自覚を持つ事や、不愉快な事をさせていた事に気付けない。という自覚を持つ事が大切ですが、不愉快な事をする相談者様は、『不愉快な想いをさせていた自覚はあるんです…』と仰います。※参考ブログ:他人を不愉快にさせる人が復縁したい!!って言われても…

自覚があるのに不愉快な想いをさせていたなら、嫌われる様な事をする性格なのですから、復縁できるか?以前の問題だと思いませんか?

嫌がる事を続ければ嫌われるのは当然ですし、嫌われる事をしている自覚があるなら自分で改善させるのはとても困難な事である。という自覚が無ければ復縁の可能性を上げる事は出来ません。※参考ブログ:復縁活動を一人でする相談者様が失敗して復縁屋に相談する理由は別れた時と相談者様が何も変わらないから

lineを送る事自体が迷惑になっている事も気付かない!?

不愉快な想いをさせた相手に頻繁にlineを送り、送っているlineが迷惑になっている事にも気付かない相談者様もおり、他人を不愉快にさせる性格が災いして、気付かない間に不愉快な想いをさせてしまい、『ごめん。何度も連絡して…line迷惑だったら言って欲しい。』と、相手に聞かなければ不愉快な想いをさせているかどうか?も分からない状態では、復縁までにどれだけ不愉快な想いをさせてしまうか分かりません。※参考ブログ:反省を理解してないのに反省してる!という言葉を伝える相談者様が送るメールやlineは気持ちを冷めさせるだけになります。

元カレや元カノの嫌がる事を続ければ嫌われるのは当然です。

元カレや元カノの嫌がる事を続ける人が嫌われるのは当然ですが、嫌われる事をし続けた人が『復縁したい!』と仰っても、嫌われる事をしていた人が何を言ってるの?になると思いませんか?

それは、復縁屋だから思うのではなく、元カレや元カノにしてみれば、交際時にどれだけ不愉快な想いをさせられて、嫌われる事をしていたのに、調子が良い事を言わないで欲しい…となるのも当然かと思いますし、『復縁したい!!』の前に、やらなければならない事があるでしょ?と元カレや元カノが思うのも当然です。※参考ブログ:復縁方法を探すよりも元カレや元カノに【好かれる為に何をすれば良いか?】を考えなければなりません。

嫌がる事を続けた報いが別れの決断になり、別れの決断をされたのは嫌がる事をし続けたからになるのですから、嫌われる行動が普通だと思って行動する事と、好かれる為には何をすれば良いか?も分からない人が、好かれる為の行動をせずに『復縁したい!!』と仰っても、復縁以前の大きな問題が残されているのです。※参考ブログ:問題点を抱えている相談者様が問題点を改善しなくて復縁できると思いますか?

どうしたら元カレや元カノに好かれるんだろう?が分からない

嫌われる行動しか取れない方々は、どうしたら元カレや元カノから好かれるか?が分からず、好かれる方法が分からないので、好かれる方法を取らずに『復縁したいです!!』と仰いますが、嫌われる行動しかして来なかったので、他人から好かれる為には何をすれば良いか?が分かりません。

他人から好かれる事を続けるから、好意を得る事が出来、その先に復縁があります。

好かれ方が分からない方々はコミュニケーションの取り方も上手ではなく、伝えたい事が伝わらず、伝える必要がない事を伝えているので破局に繋がるのです。※参考ブログ:彼氏(彼女)とのコミュニケーションが取れてると思い込んでるので復縁出来ない事に気付きましょう

彼女の嫌がる事を続けた結果嫌われた依頼者の復縁工作が成功した事例

彼女の嫌がる事を続けた依頼者様は自分が嫌われた事に薄々気づいていたけれど復縁を求めて何度もアピールしていた様でした。※参考ブログ:復縁工作について。本当に復縁したいなら復縁成功率を上昇させる方法

アピールしても全くなびく気配がなく、弊社にご相談頂いたのですが、依頼者様は相談内容をお伺いしていると自分が嫌われている行動を続けていた事に気付いていませんでした。

気付いてないので同じ事を繰り返し、更に嫌われる行動や言動を続け、状況が別れた当時よりも悪化している事が相談内容を伺っていて分かりました。

依頼者様の行動全てが間違っており、今のまま復縁活動を行っても復縁は難しい事を伝え、復縁工作のご依頼を承る事になりました。

復縁工作の契約書を交わし、着手金の確認後に復縁工作を実施する事となり、対象者の情報を伺い、情報を精査して調査を進めていく事となりました。

対象者の調査を進めて工作員を接触させるポイントを探して工作員を接触させた後、依頼者様についての情報を聞き出します。

依頼者様とは無関係を装って接触させた為、聞き出すまでに人間関係を構築しなければならず、人間関係を構築して依頼者様の話しを聞き出します。

依頼者様と別れた原因を聞き出すと依頼者様は対象者から嫌われる行動や言動を続けていた事が分かり、対象者が嫌悪した部分を具体的に聞き出して依頼者様にアドバイスを踏まえて改善を促しました。

改善する為のアドバイスを続け、依頼者様は何が嫌われる行動なのか?について気付き、自己改善の努力を継続して頂き、工作員が対象者に復縁を意識させる心理誘導を進めていきました。

心理誘導の末に対象者の意識が変わり、依頼者様との連絡のやり取りにも変化が見えました。

依頼者様自身が変わる事で心理誘導の効果も表れ、復縁工作の効果を実感して頂けたところに対象者との距離も縮まっていき、復縁成功に到った復縁工作の成功事例になります。※外部サイト:復縁工作の成功事例はコチラを参照下さい。

-復縁したい
-, , , , , , , ,