復縁したいと思っている人が書く手紙の内容は一体どんな内容を書くのか?

復縁の為に書く手紙の書き方、書いてはいけない手紙の内容を理解して頂く為の復縁ブログになります。

復縁したいなら、元彼(元彼女)にどんな形で復縁したい気持ちを伝えるか?を考えなければなりません。

今の時代はメール、SNS(フェイスブック・ツイッター・line)などのインターネットツールもありますし、電話もあるので元彼(元彼女)とのコンタクトの取り方は沢山あります。

電子ツールを使った連絡方法と、手紙という古風な連絡方法の違いについてもご理解頂ければ復縁の手紙を書く際に参考にして頂けるかと思います。

復縁したいなら手紙の特性を知る事で復縁成功率を上げる?

復縁相談者から弊社にご相談を頂く際に、手紙の方が気持ちが伝わるから手紙で伝えたいから文章の書き方を教えて下さい。というご相談を頂きます。

手紙の書き方を復縁屋に教えてもらっても、相談者の気持ちが元彼(元彼女)に伝わるでしょうか?

後述させて頂きますが気持ちは手紙でなくてもlineでも伝わります。

手書きが手紙に気持ちを込められると考えがちですが、手書きだから気持ちが伝わるのではなく、伝えたい気持ちがあるから気持ちは伝わるのです。

電子ツールも手紙も気持ちの伝わり方に違いはなく、手紙本来の特性とは何か?を理解しなければなりません。

手紙は返信は不要ですよという意思を伝えられます。

lineやメールと違い返事を要求しない事が手紙の特性になります。

返事を要求しないので元彼(元彼女)に対して、『これで最後の連絡にします』という報告でもあり、背水の陣で復縁に挑むのが復縁の手紙になります。

手紙の特性を知らない相談者は『手紙を送っちゃったんでもう方法が残ってないんです…何か良い復縁方法を教えて下さい』と仰るのですが手紙を送って復縁できないなら次に出来る方法は復縁工作で第三者が直接元彼(元彼女)に復縁を働きかける以外に復縁方法はないのです。

復縁の手紙の特性を知ると何を書かなければならないのか?

どんな想いで手紙を書かなければならないのか?

手紙を書く前に様々な想いを込めて送る事が出来るので特性を知る事で復縁の可能性を上げる事にも繋がります。

手紙を書く人は【込められる想い】の捉え方が間違っています。

手紙を書く人は手紙に込められる想いを都合良く考えます。

  • 手紙を書けば好きだという気持ちが届く
  • 手紙を書けば別れたくない気持ちが届く

復縁の手紙を書く人は元彼(元彼女)に自分の都合の良い想いが届くと考え、元彼(元彼女)の気持ちや想いを考えません。

元彼(元彼女)に気持ちや想いが届けば復縁できるなら『別れたくない…』と別れ話をされた時に伝えた言葉は届き、復縁の手紙を書く結果にはなっていません。

手紙に込められる想いを都合良く捉えてしまえば復縁したいけど復縁できない人が書く手紙になってしまいます。

元彼(元彼女)に送る手紙は決別の覚悟を伝える手紙

元彼(元彼女)に書く復縁の手紙には上述した様に、返信不要!という意味もあるので返事が来なければ決別の覚悟を伝える手紙になります。

決別の覚悟を元彼(元彼女)に伝えるのが復縁の手紙になりますが、復縁の手紙の書き方を探す人たちは復縁したいという内容を手紙に書く為、目的と行動が伴っていない手紙を書いてしまいます。

目的と行動が伴っていない手紙を書く為、手紙を受け取った元彼(元彼女)は『復縁したいんだろうね…でも復縁したいと思わないよ…』と読んだ時に解釈し、手紙の返事を返さない選択をします。

元彼(元彼女)に復縁の手紙を書く際に間違った書き方をする方は多いので復縁の手紙は決別の覚悟を伝える手紙である事を忘れない様にお気を付け下さい。

復縁の手紙には想いがのり、元彼(元彼女)の気持ちも揺れ動く?

復縁の手紙に書くには想いがのり、元彼(元彼女)に対する想いを熱く書けば元彼(元彼女)の気持ちも揺れ動く!!という復縁ブログを読んだ方は大変多いと思いますが、大きな間違いです。

  • 元彼(元彼女)の事を如何に好きだったか
  • 元彼(元彼女)の事を忘れられない
  • 2人で行った思い出の場所について
  • 別れの原因に対しての謝罪文
  • …etc

元彼(元彼女)に手紙を書く時に様々な想いを乗せて発信しますが、本当に元彼(元彼女)は上記内容を手紙で受け取った時に別れを考え直してくれるでしょうか?

結論から言えば、どんなに素敵な言葉を伝えても元彼(元彼女)の気持ちを揺れ動かす事は出来ません。

都合の良い考えで復縁の手紙を送ったところで、元彼(元彼女)にとって復縁は都合が悪い事ですから心が揺れ動く事はありません。

復縁の手紙をネットで調べる時の矛盾に気付いていますか?

復縁の手紙をネットで調べると矛盾が生じる事に気付いていない復縁相談者はとても多い事に気付きます。

復縁の手紙には気持ちがのる。想いが届く。という気持ちで復縁の手紙を書く決断をしたなら、復縁の手紙の書き方をネットで調べたり、復縁屋に手紙の書き方を教えてもらって復縁しようとしている気持ちも元彼(元彼女)に届く事を考えない方は非常に多いのです。

手紙を書く人は、都合の良い部分は手紙には気持ちが伝わると考えますが、手紙を書く送り手の復縁できるかもしれない…という淡い期待を抱いている想いも伝わる事は考えない人が多いのです。

元彼(元彼女)にネットで調べた情報や復縁屋にアドバイスをしてもらえば復縁できるかもしれない…という淡い想いは伝わらないと思うなら、復縁したい気持ちも伝わらないと思いませんか?

復縁の手紙はlineやメールとは違うのか?

復縁の手紙はlineやメールとは違う!と考える人は多いのですが、復縁屋の立場で言わせて頂くと手紙もlineやメールもなんら変わりはありません。

強いて違いを言えばlineは読めば既読という機能がついていますが、メールや手紙には既読機能はついていません。

復縁の手紙を送りたい相談者に弊社相談員が『何故手紙を送るのですか?メールではダメなんですか?』と質問させて頂くと、『メールだと見てくれているかどうかが分かりません』と仰います。

『手紙だと読んでくれるのですか?』と質問を続けると、『読んでくれると思います。』と仰います。

手紙では読んでくれてメールだと読んでくれない理由は何故ですか?』と更に質問を続けると『手紙なら気持ちが込めてあるんで読んでくれると思います』と仰います。

元彼(元彼女)は手紙だろうとメールだろうと読みたいと思えば読みます

読みたいと思うかは、手紙だから読みたいのではなく、メールだから読みたくないと思う訳でもありません。

誰から来たか?が重要であり、手紙だから読むという考えがそもそも間違っているのです。

復縁のメールやlineと手紙は何も変わりません。

復縁の手紙を元彼(元彼女)は絶対に目を通してくれる?

手紙なら絶対に元彼(元彼女)は読んでくれる!!!と考える相談者は多いのですが、手紙が届いて中身を見ずに破って捨てられるかもしれないという都合の悪い事を考えません。

まだ自分への気持ちが残っているかもしれない…』という期待や、元彼(元彼女)は『自分を傷付けるような酷い事をしない!!』と考えますが、手紙を送らなければ気持ちを伝えられない状況までいっている現在の状況を理解していない事と同様です。

都合の悪い事は考えず、都合の良い解釈をしてきたから元彼(元彼女)は別れをあなたに告げたのではないでしょうか?

復縁の手紙ならメールやlineと異なり、元彼(元彼女)は絶対に目を通してくれる!!と思い込めば込められた期待通りの結果に到らず、復縁方法は何が残されてるんだろう…と右往左往する結果になります。

メールやlineで送信する事と時間が経って届く手紙のありがたみ

簡単に手に入るモノにはありがたみがなく、苦労して手に入れたモノにありがたみを感じるのは分かりますが、苦労した物を手に入れる時には苦労を身に沁みているから苦労して手に入れたモノを大切にします。

苦労が身に沁みていない状態で時間が経って届く手紙に元彼(元彼女)はありがたみを感じるでしょうか?

手紙を書く人は文章を考えたり、調べたりと苦労をしていますが、手紙を受け取った元彼(元彼女)は手紙を書く苦労をしていません。

長い時間を掛けて書いた復縁の手紙は『時間を掛けたから読んでくれるだろう…』という認識は捨てなければなりません。

復縁の手紙は、書くのに時間が掛かり、送るのに時間も掛かる。

書くのも送るのも送り手が感じる事になります。

元彼(元彼女)は復縁したいあなたの苦労を感じる理由がなく、手紙のありがたみを感じるのは復縁の手紙を書いているあなただけになります。。

復縁の手紙には何を書くか?はもちろん重要です。

復縁の手紙に何を書くか?はもちろん重要であり、復縁の手紙を書く方が一番知りたい事は復縁の手紙の書き方になります。

  • どんな手紙(内容)を書けば良いのか?
  • どんな手紙を書けば気持ちが伝わって復縁出来るのか?

元彼(元彼女)の心を取り戻す為の手紙の書き方はもちろん重要ですが、1つ気に留めておいて頂きたいのは内容を作り込めば復縁できる訳ではありません。

復縁の手紙の書き方にはポイントがあり、何に対しての手紙を書いているのか?を先に決めなければなりません。

例えば、ケンカ別れの場合、ケンカの原因や自分の到らなかった事を書かなければなりません。

許しを乞う為の手紙ではなく、反省を伝える事や何故同じ事を繰り返さないのか?という部分が伝わらなければなりません。

ケンカが理由なら何故ケンカに発展してしまったのか?を理解していなければ手紙を書きようがないのです。

復縁したい人が書く手紙にはポイントがズレ、伝えなければならない事を伝えるのではなく間違った事を伝える方が多いのです。

復縁の手紙の内容が定まっていない時は状況を整理しましょう

復縁の手紙の内容が定まっていない時は状況を整理し、伝えたい事、伝えなければならない事をまとめなければなりません。

例えば、状況を整理していれば元彼(元彼女)を失いたくないではなく失いたくなかったという言葉になり、謝罪の言葉一つ一つが間違えてしまえば伝えたい事が伝わらず、誤解して伝わってしまう為、元彼(元彼女)に気持ちを伝える際にも伝えたい内容ではない内容が伝わります。

ケンカ別れの際に元彼(元彼女)も悪いよね?といった手紙を書けば、元彼(元彼女)にも非を認めて下さいと伝えている事にもなり、仲直りしたい人の言葉とは到底思えない言葉を手紙に書けば復縁の手紙は逆効果になります。

状況整理をすれば、復縁の手紙を書くまでに至った今どんな状況なのかを理解出来るので手紙を書く為には状況を整理しなければなりません。

復縁の手紙を書く際の参考に

ケンカ別れの際に復縁の手紙を書くなら『ケンカ別れでお互いに遺恨を残したまま離れるのは止めましょう』という文章の流れが最終的な落としどころになり、友人関係をもう一度築き上げましょう。という復縁の手紙の書き方になります。

もちろんこのままの文章を書けば、『なんで上からモノを言ってるの…?』と捉えられかねないので文章内容はかえなければなりませんが、手紙を書く方向性は謝罪、反省、復縁したいという内容だけではない事はお分かり頂けるかと思います。

復縁の手紙の効果はポイントを知っていれば絶大です。

復縁の手紙の書き方を弊社に相談頂く相談者は多いのですが、『復縁の手紙をどう書けば良いかが分からない…』と仰るだけで、状況を整理しなければ復縁の手紙を書けない事は上述していますが、状況説明をしない相談者は少なくありません。

復縁の手紙に書くキーワードを入れれば復縁できると考えていれば復縁は出来ません。

復縁の手紙はポイントを抑えて書けば効果はとても高いのですが、ポイントを考えずキーワードで復縁しようとするので皆さん復縁の手紙を書く事が出来ないのです。

復縁の手紙を書けば復縁できるかも…という安易な考えの人が書く手紙にどれだけの効果があるでしょう?

もしも、過去に別れた元彼(元彼女)から復縁の手紙から安易な気持ちで書かれた復縁の手紙をもらって復縁したいと思いますか?

復縁の手紙は書き方によっては有効に活用する事が出来ますが、手紙を書くのは自分です。

どんなテクニックも字を丁寧に書こうと、書き手が適当な気持ちなら元彼(元彼女)に適当さは伝わります。

何が原因で別れに到ったのか、原因を改善する決意、その為に何をするのか、今どうしたいのか、反省や謝罪、感謝の言葉を伝えられて初めて復縁の手紙は効果を発揮します。

復縁の手紙を送る前にメールやlineで出来たハズなのに…

復縁の手紙を送る前にメールやlineで気持ちを伝える事が出来ていたハズなのに出来なかったから復縁の手紙を書かなければならないところまで来ている事実も受け入れなければなりません。

あの時は出来なかったけど…

今なら反省してるから出来る…

都合良くまた考えていませんか?

メールやlineで伝えられなかった内容と同じ様な内容を復縁の手紙に書く相談者はとても多く、自分はあの時よりは理解しているハズだ!!と自分の力を過信している相談者はとても多いのです。

冒頭で書いた様に復縁の手紙を書くのは返信は不要ですと背水の陣になり、これ以上は連絡をしません。という意思表示になります。

返信は不要という意思表示が復縁の手紙なので、個人で出来る復縁活動の最終手段となり、復縁の手紙を送って何も返事がなければ復縁を諦める覚悟で文章を考えなければなりません。

メールやlineで出来なかったあなたが書く復縁の手紙で元彼(元彼女)に気持ちが届くのか?

以前に出来なかった事が出来る様になると考えているなら、とても甘い考えである事を忘れない様にして下さい。

復縁の手紙を書いても復縁できないなら復縁屋ジースタイル

復縁工作のご提案はお任せ下さい

復縁の手紙を書いても復縁できないなら復縁を諦めますか?

復縁の手紙を書く前に復縁の手紙について真剣に考えますか?

復縁の手紙を送っても復縁に繋がらなかったらどうしよう…と考えて、他に復縁方法が思い付かないなら専門家に頼る選択肢も頭の片隅に入れておいて下さい。

復縁の手紙を代筆する有料サービスから復縁工作のサービスまで復縁屋は様々な方法で復縁をサポートさせて頂きます。

復縁の専門家があなたの復縁をサポートする事が出来ます。

本気で復縁したい方からのご相談を復縁屋ジースタイルは承っています。