元恋人との距離感が分からず、別れた後も恋人感覚でいる事が功を奏する事もありますが、別れた後に恋人感覚でいるからこそ復縁できない事もよくあります。

元恋人との距離感はとても大切で、距離感だけでも復縁できる確率は大幅に変動します。

元恋人との距離感で適切な距離感というものは存在しないのですが距離感を分からずに復縁活動をしても復縁に辿り着く事はありません。

元恋人との距離感の違いがあるなら、早急に距離感の違いを修正する事をお勧めしています。

距離感とは会っている時や連絡している時の距離感であり、距離感の中には言葉遣いや接している時の態度等も含みます。

例えば交際時のように頻繁に会っていたとしても、会っている時の言葉遣いや物理的な距離、体の関係を持つ等、距離感を間違えればセフレになってしまう事もあり、交際とは少し変わった関係になってしまいます。

元恋人にしてみれば別れを告げた訳ですし、どんなに距離が近しくても恋人とのそれとは違う一線を引いています。

一線を引いている事に気付かずに別れる前と変わらない雰囲気だから…とイチャイチャとして体の関係を持ってしまう方も多く、体の関係を持った後に、また交際出来る!と復縁を意識してしまうと元恋人が考えている距離感とは異なり、復縁は難しい状況になってしまいます。

どの程度の距離感が適切で、どの程度の距離感が不適切なのか?を弊社にもよくご相談いただきます。

今の元恋人との距離感で悩みを抱えてしまう方も多いのですが、復縁で悩みを抱えている人達がとても多い事に気付くのですがなかなか元恋人との距離感で適切な距離感を保てている方はいません。

当事者にしか分からない事も多々ありますが、当事者には分からない事も多々あり、客観的に見たら距離が近過ぎて逆に距離を詰められなくなっている状態の方などもいる為、復縁の妨害となる様な行動を繰り返す方も少なくありません。

距離が近過ぎて仇となっている事が分かっていても、なかなか距離を置く事が出来ずに同じ距離感から離れられない方も多く、復縁する為に何をすべきなのか?を考え、今の状態では難しいと思いながらも距離が離れてしまえば心も離れてしまうかもしれない恐怖と闘ってしまう事になり、ずっと同じ距離を保ち続けようとするのですが、ある時に元恋人から『好きな人が出来たからもう連絡を取らないようにしよう。』と提案されてしまいます。

その時になって初めて自分はセフレだったんだ…と実感してしまう事もあり、とても大きなショックを受ける事もありますが、本当は薄々と気付いていた関係であり、離れてしまう恐怖を拭えなかった結果となります。

本当に復縁したいなら元恋人との距離感はとても大切で、距離感を間違えると復縁できそうだと感じたものが全く違っていた。という結果もある為、距離感を間違えれば後々取り返しのつかない結果になるのでご注意下さい。