復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作

復縁したい。その気持ちがあるのは分かりますが、今現在の元カレ・元カノとの距離間はどの程度離れていますか?

復縁屋に御相談いただく方達はこの距離間を誤ってしまい、付き合っていた当時と同じ距離間で相手に接しようとする人がいます。

復縁したいな…と思う人は思い出を良い思い出として捉え、今も尚思い出の中で生きていますが、元カレ・元カノにしてみれば別れを決意した時点で思い出は思い出であり、今現在は気持ちを切り替え新たな出会いを求めていますから、復縁したいと思う人と元カレ・元カノの距離感は絶対に違います。

復縁したい人からしてみれば以前の関係の延長で接したいという気持ちもあるかもしれませんが、元カレ・元カノはそれを望んでいるのか?と言えば望んではいません。

以前の関係の延長というのは恋人の関係の延長ですから、それを望んでいる状態は別れる間際までであり、別れた後は友人関係に戻りたい。もう連絡をしたくない。という事はありますが、恋人関係の延長でいたいという人はまずいません。

関係に見切りをつけたので別れたという事実があり、関係に見切りをつけるまでには元カレ・元カノも悩み苦悩します。

苦悩した相手に恋人関係の延長で接しようとしても難しく、別れた今は少なくとも恋人関係の延長で付き合っていくのは難しいと言わざるを得ません。

相手との距離感と自分の立ち位置を冷静に見て、この距離感は正しいのかどうか?を認識しなければなりませんが、それらを認識する事が出来ず、復縁したいという思いから一方的な言葉を伝えたり、恋人であれば簡単に聞けた事も、その当時の気持ちのままに相手に接してしまい復縁したくても関係が拗れてしまうケースは良くあります。

拗れた関係は元を質せば相手に別れを決意させてしまった自分に原因がある事を考え、拗れた関係を修復する為に当時の自分と同じ距離間で元カレ・元カノと接すれば復縁したいと思ってくれる事はありません。

復縁したいと思ってくれないのであれば手法を変えなければならないはずですが、過去に縋り、何も変わらず同じ事を繰り返してしまいます。

別れ方を間違えていなければ距離感を保つ事が出来ていて、その延長で復縁を考える事は出来るのですが、大抵の方は別れ方も失敗し、失敗した上で付き合っていた当時と同じ距離間を持ってしまうので元カレ・元カノから牽制されてしまいます。

もしもあなたがあまり仲良くしたくないな…と思う知人から距離感を間違えKY(俗に言う空気読めない)という態度で接して来られた際にその人の事を好きになる事はありますか?

距離間を保つ事が出来ないという事は自分がされて嫌だな…と思う事をされてしまう事と同じです。

その状況で復縁出来るかどうかを考えていただければ復縁の可能性は何%位あると思いますか?

自分が行っている行動で復縁成功率を下げてしまう可能性がある事を忘れない様にして下さい。