復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

別れてから友達以上、恋人未満という関係になってしまい、付き合ってないけど付き合っている様な事をしていて、そこから先にどうやって進めばいいんだろう?とご相談をいただきます。

復縁したいから友達以上、恋人未満の関係になってしまい、『この関係は嫌だ!!!』と言えば会わない選択肢を取られてしまい、友達以上、恋人未満の関係すら終わってしまうと考えて、嫌な事も我慢して関係を継続していかなければならず、恋人としての復縁まで辿り着きません。

友達以上、恋人未満という言葉はキレイな言葉で受け止めているのですが、言葉を変えればセフレという関係であり、セフレという言葉は良いイメージではないので自分のイメージを崩したくないのでキレイな言葉を使って友達以上、恋人未満と仰るのですが、大抵の方々がセフレという関係である事に気付いています。

セフレという関係を認めたくないのでキレイな言葉を使うのですが、まずその状況をシッカリと受け入れなければ復縁出来ません。

復縁を目指すなら現状をシッカリと理解するのはとても大切な事ですし、現状を理解していても捻じ曲げてしまっていると復縁に向けた行動が出来なくなってしまうのです。

復縁に進む為には何をすれば良いか?は、人によって異なりますが、現実をキチンと受け止めているから現実に即した行動がとれます。

友達以上、恋人未満という言葉を使う方は現実を受け止めようとはしているけれど、セフレという関係には陥りたくない…と必死にもがいている姿が想像出来ますし、現実を受け止めようとはしている状態なので現実を受け止められていないとも受け止められます。

セフレ以上になりたい…と考えながら、自分ではセフレとは認めたくない…という葛藤があるので友達以上、恋人未満という言葉を使いますが、セフレの関係を継続させたくないなら、キチンと友達以上、恋人未満と自分で今の関係に納得してしまう言い方ではなく今の関係に納得出来ない言い方を自分でする事によって自分を追い込み、現状打破に向けて進められます。

その上で友達以上、恋人未満の関係から脱却したいなら、あなたはもっと自分を理解してもらえる様に行動しなければなりません。

あなたが今の関係に甘んじているのは、パートナーも今の関係でも良いと考えているから関係が先に進む事がないのです。

今の関係でも良いとお互いに思っているので今の関係で甘んじる関係になるのです。

あなたが友達以上、恋人未満という言葉を使う限り、あなたは今の関係に満足しているとも取れますのでパートナーも今の関係に満足していれば友達以上、恋人未満の関係から発展する事はありませんよね?

『私達って友達以上、恋人未満の関係だよね?』と言えば、キレイな言葉でパートナーに伝えているのでパートナーもお互いに良い関係だと認識します。

『私達ってセフレだよね?』と言えば、パートナーはセフレという呼び方に少なからず負い目を感じます。

セフレを脱却して恋人になりたいと思っているなら、自分の置かれている状況をありのままに伝えなければならず、自分の置かれている状況をありのままに伝えないから友達以上、恋人未満の関係から脱却する事が出来ません。

ただ、気を付けなければならないのが『セフレだよね?』と伝えたからセフレから恋人になれる訳ではありません。

言い方は勿論ですが、セフレで満足させない人物として成長しなければセフレから恋人への昇格はありませんし、友達以上、恋人未満という都合の良い関係から抜け出す事は出来ないのです。

あなたはセフレでは不満だけど、パートナーはセフレで丁度良い。

その関係を築いたのはあなた自身であり、あなたが選択した道がセフレという関係です。

あなたが選択した道がセフレという関係でありながら、後からセフレでは嫌だ!!!と思った訳ですから、セフレから脱却したいならセフレで満足させない異性となってパートナーの気持ちを揺さぶる以外に方法はないのです。

友達以上、恋人未満の関係から恋人に昇格するなら、恋愛の駆け引きを使いながら異性としての魅力を見せてパートナーとして交際しても良い人物として接しなければなりません。

恋愛の駆け引きが出来ない人は友達以上、恋人未満の関係から脱却出来ずいつまでも同じ関係を継続してしまいます。

恋愛に駆け引きは重要であり、駆け引きが出来ない恋愛ではお互いに都合の良い関係を築くだけになりますのでセフレから本当に脱却したいと思うなら友達以上、恋人未満という言葉を使わず、現実を受け止めて現実から脱却する様に自分を磨きながら恋愛の駆け引きを使っていくしか方法はありません。