もう戻れないのかな?復縁屋、復縁工作の株式会社ジースタイル

復縁工作の依頼を請ける前に依頼者の方から『プロなのは分かるけど復縁工作員の動きを指示させてもらってもいいですか?』という話しをされる事がありますが、復縁屋側の意見としては『失敗して構わないのならそれで構いません』という話しをさせて頂きます。

今迄に何件かこういったお話をされ、実際に依頼者の言うとおりに復縁工作員を動かした事がありますが全ての依頼が失敗に終わっています。

2ちゃんねるにも良く書かれているのですが、依頼者のいう事を聞いてくれない復縁屋はダメだという事が書かれています。

復縁屋にしてみれば不思議に思う事ですが、何故復縁出来ない人の言い分を聞いて復縁出来ると思っているのか?という疑問が湧きます。

復縁屋が言う事が全て正しいという訳ではありませんが、少なくとも復縁屋の意見を聞く事が出来なければお金を払って工作員を雇っただけで、焦りから最初から接触を強要され、無理な接触を行い、相手には不信感を持たれてしまう。

この当たり前の事が分からないから復縁出来ない事が分かっていない人が良く見られます。

不信感を持たれているかどうかは現場で判断するしかありませんが、現場の声を聞いてもらえないのなら無理な事を何度も繰り返すだけで復縁に向けて進むのではなく復縁工作の依頼をした事で満足しているという結果に繋がります。

復縁する為に復縁工作の依頼をするはずですが、目的が復縁ではなく、復縁工作をする事が目的となっており、復縁に至らない。という結果になります。

自分が思った事だけをやりたいという考えだから元恋人や妻、夫に別れを告げられてしまい、結果的に復縁屋に頼らざるを得ない状況になっているにも関わらず、同じ事を繰り返している事に気付きません。

以前はそれでも復縁させてあげたいという想いもあったので依頼をお請けさせていただいていましたが、依頼を請けた後に依頼者の考え方を変えてあげられれば…という淡い期待があった為に依頼をお請けさせて頂いていましたが、こういった方の場合、自分で気付かなければ永遠に変わる事がない事に気付いた為、弊社の復縁成功率を落とす位なら…と依頼をお断りさせて頂いています。

依頼者の要望を聞いて依頼が失敗するケースでも復縁屋と打ち合わせをして進める事が出来る人と、そうでない人がいますが復縁屋と二人三脚で進める事を考えられない人に復縁成功の芽はない事は認識してもらいたいと思います。

復縁屋は復縁を目的として依頼を請けるもので目的が復縁工作を行う事ではありません。

この違いが分からない人には復縁の可能性は1%もない事は弊社は身を持って経験済みです。