復縁したい、よりを戻したいという気持ちが強すぎる事で焦って復縁したい相手の気持ちを蔑ろにし、復縁を急いでしようとしていませんか?

そして、復縁したい相手の気持ちをもう一度自分にむけようとして強引に変えようとしていませんか?そのような身勝手な行動を起こしていると、今以上に関係が悪化してしまい、復縁はとても難しくなるということを認識する必要があります。

復縁した相手が本気で別れたのならば、簡単に復縁を受け入れるはずがない

絶対に改善するから!」「もう一度チャンスが欲しい

復縁したい側が復縁したい相手に、復縁を懇願しても、真剣に想いを訴えたとしても、復縁したい相手が本気で別れを選択したのならば、復縁を望む方の想いは受け入れてくれることはありません。復縁を受け入れてくれないことくらいは、本人は一番分かっているはずなんです。

別れたくない…と思うのであれば、復縁したいと迫るのは当然の言動だと思いますし、決して間違った行動ではないのですが、勝手な想いの押し付けをしたところで、復縁したい相手の気持ちに「ヨリを戻す」という選択肢はなく、復縁の可能性すらご自身で失っていることに気付かなければなりません。この行動には特に注意が必要なのです。

誰でも、人から強制される事や強要される事を喜ぶ人は、まずいません。

一方的に復縁を強要される 。

「こんなに想ってるんだから!」
「こんなに大切に考えているんだから!」
「自分の気持ちも分かって!」

この台詞を聞いて復縁したい相手はどう思うのでしょうか?

簡単です。

身勝手な自分の気持ちを押し付けられていると感じています。頑なにあなたの言動を拒むようになり、関係を持っていることすら鬱陶しいと考えるようになり、さらに気持ちは離れていく事は間違いありません。

他の事に限らずそうですが、復縁について強制しないとやらない、できないというのは、復縁を考えられない、復縁したいと思えない大きな理由が存在するからなんです。

復縁したい相手は復縁ができない訳ではなく、”復縁する気が無い”のです。

復縁を望む方はこの部分を大きく勘違いしているようです。

復縁したい相手は復縁を望む人とヨリを戻す選択など持ち合わせていないのは、復縁をしたくないと思える理由や原因があるんです。

強制する前に、やりたくない理由を明確にすることが先決ではないですか?
どうして別れ至ったのか?

関係が終わってしまうような大きなきっかけがあったり、嫌な思いが蓄積され、「別れたい」と考えるようになり、悩んだ出した結果別れを告げたのに、その気持ちを受け入れてもらえないと感じたとすれば関係自体なくした方が楽だと思うのではないですか?

復縁を望む方大多数の方は復縁を難しく考えすぎていいます。確かに、復縁する事は困難であり、簡単ではないことは変わりはありませんが、”別れから復縁までのプロセス”は至ってシンプルなのです。

・別れに至った原因にどれだけ早く気付けるか?

・復縁したい相手の気持ちを理解した行動がどれだけできるか?

・別れの原因から、自分が改善しなければならないを認識できるか?

・改善できた自分というものを復縁したい相手に正しく伝える事が出来るか?

・復縁を意識させるキッカケを与える事ができるか?

復縁したい相手の気持ちは、身勝手な言動などで強制的に変えることなどできるはずがありません。

やはり、正しいプロセスを経て、復縁したい相手との関係を修復していくしか方法はありません。一人での復縁はとても難しいもので一人で悩み苦しんでいる、復縁の成功率を上げたいと考えているのであれば、弊社へご相談頂ければ、全力でサポートさせていただきます。