復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

あなたは復縁したい。

でもパートナーは復縁したくない。

この構図が今のあなたとパートナーとの復縁に対する構図です。

パートナーは今復縁したいと思ってない状態ですが、その現実を分かって無ければ復縁できない事を知らなければなりません。

そして、それが分かっていれば『今は復縁する気がない。』という言葉の意味も捉え方が異なってきます。

今は復縁する気がない=今後復縁する気がある。と捉えるのか、今は復縁する気がない=今のあなたに魅力がないと捉えるのか。

今は復縁する気がない。の意味をどう捉えるのか?という部分で現実を見てるかどうかの判断が出来ます。

現実を見てない人は今は復縁する気がないの言葉をポジティブに捉えます。

復縁する時にポジティブな考え方を持つのはとても良い事ですが、ポジティブな考え方もポジティブになるところを間違えると復縁には繋がりません。

今は復縁する気がない。という言葉をあなたは今どの様に捉えてますか?

『絶対に改善するから!もう一度チャンスが欲しい!!』と別れを告げられた際に縋る言葉として使う方は多いのですが、パートナーから『今は復縁する気がないよ。』と言われてしまいます。

復縁する気がないよ。の前に来る『今は』という言葉をどの様に捉えるかで復縁活動の仕方も変わりますよね。

今は復縁する気がない事を知る事で復縁する為に何をすれば良いのか?を考える事が出来、何をするから復縁できるのかを実行に移すから復縁に繋がります。

もしも、あなたが今は復縁する気がない。の言葉の捉え方を時間を空ければ復縁する気になってくれる!!と思い込めば、あなたは冷却期間を設けて時間を割き、時間を空けたら復縁できる方法に目が向いてしまいます。

しかし、今は復縁する気がないの言葉を受けて冷却期間を空けている間にパートナーには他に好きな人が出来ていたり、新たな恋人が出来てしまう事もあり、パートナーの言葉を真に受けて復縁し辛い環境を作ってしまうケースは少なくありません。

こんなに想ってるんだから!こんなに大切に考えているんだから!自分の気持ちも分かって!

今は復縁する気がないの言葉に、あなたの気持ちを押し付けようとすれば今は復縁する気がないの言葉は永遠に復縁する気がないの言葉に変わってしまいます。

あなたの気持ちを押し付けて、パートナーの気持ちを汲めなければ復縁できる日が来る事はありませんし、パートナーの気持ちが復縁を意識する様には傾きません。

復縁を強制しないとやらない、出来ない。というのは復縁を考えられない、復縁したいと思えない大きな理由が存在するからであり、パートナーはいつなら復縁できる。ではなく、復縁する気が無いからこの言葉を選んで発している事が分かります。

今は復縁する気がないの言葉の捉え方を間違えると、パートナーの思っている事とあなたが思っている事に大きな差が出て来てしまい、大きく勘違いしてパートナーに接してしまいます。

パートナーは復縁する気がないけど、その場を収める為に『今は復縁する気がないよ。』という言葉を発している状態で、あなたは少し我慢すれば復縁を考えてくれる。と考えます。

関係が終わる大きなキッカケや嫌な思いを蓄積し、別れたい!と考える様になったのがパートナーであり、今は復縁する気がないよ。の言葉は付き合えないという言葉を別れた後に悪い印象にさせない為のものでしかありません。

  • 別れに至った原因にどれだけ早く気付けるか?
  • パートナーの気持ちを理解した行動がどれだけ出来るか?
  • 別れの原因からあなたが改善しなければならない点を認識出来るか?
  • 改善出来たあなたの姿をパートナーに正しく伝える事が出来るか?
  • 復縁を意識させるキッカケを与える事が出来るか?

今は復縁する気がないと口にしているパートナーに、あなたが出来る復縁活動は上記しかありません。

今は復縁する気がないの言葉を今なら復縁するつもりがある!に変える為には、あなたが出来る事をキチンとやり、あなたが出来る事をパートナーにシッカリと見せる以外に方法はありません。

本当に復縁したいなら今は復縁する気がないの言葉をどう捉えなければならないのか?を考えなければなりません。