復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

初めて会う人の印象は見た目の印象が強く、見た目の印象から人柄なども判断されてしまうので人は見た目が9割という話しは結論から言えば間違っていないと思います。

そして、人は見た目が9割という言葉の意味を見た目が良ければある程度の事は補えると考え、復縁したいから内面よりも外見を磨いてパートナーに振り向いてもらおうとする相談者様たちは非常に多いのです。

別れ話の時にパートナーからは様々な問題点を指摘され、容姿については問題視されていないのに別れた後に容姿を磨く復縁活動をする相談者様はとても多いのですが、内面を直す事は難しくても容姿は簡単に変えられるので簡単に出来る自分磨きをして復縁活動をしているつもりになるのが復縁出来ない相談者様たちの考え方になります。

人は見た目が9割だから容姿が良くなればある程度の事は許容してくれると考える短絡的な考え方なのでパートナーから別れを告げられた事にも気付かず、直せるところを直して自己満足に浸るのが復縁できない人達の復縁活動になります。

人は見た目が9割という言葉は初対面の印象について指している者であり、何度も会っている人の見た目が9割という事はなく、何度も会って話しをしていると見た目の良し悪しで判断される事はありません。

復縁活動を行っている方々はパートナーと初めて会う訳ではなく、元々知っている関係です。

元々知っている関係であれば尚更の事、人の見た目が9割で判断される事はありません。

知り合って何か月も経って外見の事を指摘して関係が悪くなる大人は殆どいませんし、最初から外見の問題を抱えていたり、交際してから拒食症や過食症で体型が大幅に変わってしまったなら別れの原因として体形の変化を告げられて別れるので外見を変える自分磨きはとても大切ではあります。

しかし、人は見た目が9割という言葉を信じて復縁活動をしていても、目指すところはパートナーの為にキレイになる、カッコ良くなる、ではなく、自分の為にキレイになり、カッコ良くなるのでパートナーからすれば復縁を意識する理由にならないのです。

人は見た目が9割という言葉の捉え方をいい様に捉えるので女性はメイクの仕方を勉強したり、髪型を変えてダイエットをするといった復縁活動をし、男性は仕事を頑張ったり筋トレを頑張り、服装を変えるといった復縁活動をします。

人は見た目が9割という言葉を都合良く解釈しているので中身に問題がある事に気付かず、外見ばかりを気にする相談者様はパートナーが別れを告げた理由を考えようともしていない事が分かります。

パートナーの言葉を考えるのではなく、人は見た目が9割という言葉を頭に入れてパートナーの気持ちよりも人は見た目が9割という言葉を信じて行動している相談者様たちが復縁できる訳がないのです。

一番大切な人の言葉や気持ちを汲まずに、自分に都合の良い言葉を信じて復縁活動をしているのですからパートナーにしてみれば何も努力をしていないのと同様です。

努力していないのに、本人だけは努力していると思い込んでいる復縁活動をしている相談者様たちが人は見た目が9割という言葉を信じて自分磨きに勤しんでいる相談者様たちです。

本当に復縁したいならパートナーの言葉に耳を傾け、パートナーの気持ちに寄り添う復縁活動をしなければならないのですが、パートナーの言葉に耳を傾けない復縁活動をしたところで復縁できる日が来る事はないと気付かなければなりません。