『価値観が違うから別れたい…』という別れの言葉を受けてどうすれば復縁できるかが分からなくなり、復縁相談を頂く方は少なくありません。

『価値観が違うから別れたい』と言われてどんな価値観が合わないのか?を考えて復縁活動する相談者は多いのですが、人の価値観は殆ど合わない事を考えません。

別れ話をされるまでは仲良く出来ていたと思い込み、仲良く出来ていたにも関わらず価値観が違うと言われて価値観の何が違うのかが全く分かりません。

何が違うのかが全く分からないので『復縁したい!』と告げても価値観の違いを埋められていないので想いは叶いません。

『価値観が違うから別れたい』と言われた相談者は非常に多いのですが言われて初めて価値観が違うのか?と考えます。

そもそも価値観が完全に会う人間はいませんし、価値観が違うというケースのほとんどが別に別れの原因があります。

『価値観が違うから、別れたい』という言葉はとても都合の良い言葉で、言う方は価値観が違うから交際の継続は出来ない事を伝えられますし、言われる方は価値観を埋めれば復縁できるかもしれないと考えるのですが、考えても当然埋まる訳がありません。

復縁を望まない元彼(元彼女)にしてみれば復縁できない理由を伝え、『価値観が違うから別れたい』と言われた側は価値観を埋めれば復縁できるかもしれないと思わせられるので自分なりに復縁に向けた努力をします。

『価値観が違うから別れたい』という言葉には、どのような意味があるのでしょうか?

価値観が違うから別れたいと言われた方は参考にして下さい。

価値観の違いを言われた方は価値観について考えた事ありますか?

そもそも価値観とは何を指すのでしょうか?

ウィキペディアでは何に価値があると認めるかに関する考え方とされています。

例えばAさんはピーマンが好き、Bさんもピーマンが好き。という場合、AさんとBさんの価値観は一致しています。

では、価値観が違うとはピーマンの例によって考えればAさんはピーマンが好き、Bさんはピーマンが好きではないという事であり、価値観が一致していないので価値観が違う。になります。

人間は育ち方も考え方も全く違う訳ですから皆が皆ピーマンを好きな訳ではありません。

ピーマンという食べ物に限定した価値観でも合う人と合わない人がいる様に、考え方、好み、趣味嗜好等、様々なもので価値観は異なるのが当然です。

食べ物、飲み物、趣味嗜好、考え方、全ての価値観が合う人間はまずいません。

相手の事を100%理解出来ないのですから価値観が違うのは当然です。

人間は言葉を使って自分の考え、気持ちを伝える事が出来ますが、考えや気持ちをある程度共有する事は出来ても100%お互いを理解しあえる事は出来ません。

『愛してる』という言葉一つにしてもAさんとBさんが抱える愛情は異なります。

愛情一つでもお互いの感じ方は異なりますし、趣味嗜好も擦り合わせる事は出来てもお互いが何に惹かれて趣味嗜好に走っているか?を完全に理解出来る事はありません。

相手の事を100%理解出来る事はない訳ですから当然の事ですが価値観を完全に擦り合わせる事は出来ないのです。

価値観の違いはあるのは当然であり、価値観が完全に一致しないからこそ人は人に惹かれる為、本来価値観の違いは別れの理由にはならないのです。

何故価値観が違うから別れたいと言われて別れなければならないのか?

価値観が違うのは当然なのですが、別れ話で『価値観が違うから別れたい!』と言われてしまうと受け入れざるを得なくなり、別れてしまった相談者は少なくありません。

『価値観が違うの何て当たり前でしょ?』と口にしても『その価値観がもう違う』と言われてしまい、何を言っても別れを受け入れなければならなくなります。

価値観が違うから別れたいと言われるケースは理由を答えずに別れたい。という意思表示であって、『価値観の違いが原因で別れたい』という理由は別れの理由を説明したくないという事になるのです。

なぜ価値観が違うから別れたいと言われたら別れなければならないのか?は、元彼(元彼女)は別れる理由を説明したくない=交際の継続が難しく再検討の余地もない。という事ですから何を言っても復縁できない事に繋がるのです。

価値観の違いが原因で別れを告げられても復縁したいなら何が必要?

復縁したいからといって価値観の違いを埋めようとしても埋まるものではありません。

価値観の違いが原因で別れた。という相談者は『どうやったら価値観の違いを埋められますか?』という質問をされるのですが、価値観の違いを埋めようとするのではなく別れの本当の原因を追究しなければ復縁できる事はありません。

価値観の違いというありもしない別れの原因に目がいってしまい、価値観の違いを埋めようとするから復縁相談者達は復縁できないのですが、そもそもの話し、別れの原因が価値観の違いになる場合、別れの原因は全く別にあり、全く別の要因が別れの原因であるにも関わらず、価値観の違いにこだわってしまえば復縁できません。

何が原因で価値観の違いを感じさせてしまったのか?に行きつくから別れの原因を改善し、価値観の違いを理由に別れた事もひっくり返して復縁に繋げる事が出来るのです。

価値観が完全に一致しているカップルは3割もいません。

価値観が違うから交際できないなら、そもそも人間同士は価値観が違う人ばかりなのですから交際に発展しないと思いませんか?

交際開始から価値観の違いがあったにも関わらず、交際が経過してから価値観の違いを理由に別れを告げられるのはそもそもの時点でおかしいと思いませんか?

お互いに分からない事を分かりたくて交際に発展した時点で、お互いに分からないのですから価値観が合っているかどうかも分からないのです。

価値観が合っているかどうかが分からないのに交際して価値観が違うから…という理由を聞かされても納得出来ないのは当然です。

最初から価値観は違っている者同士だからこそ惹かれた訳ですし、価値観が完全に一致しているカップルは世の中に3割もいない為、納得出来なければ嘘になるのです。

価値観が違うから別れるなら別れさせる事は簡単なハズ

弊社には夫、妻との復縁を望む方もいますが別れさせ工作という方法で対象者を別れさせる事もサービスとしてご提案させて頂いています。

別れさせ工作を行う際に対象者達に価値観の違いを植え付ければ別れるカップル、夫婦はどれだけいるでしょう?

結論から言えば一人もいないのですが、対象者達が価値観が違うから別れを決意したというケースは一度もありません。

価値観が違うから別れなければならなくなった人は本当に価値観の違いが原因で別れを切り出されたなら100%復縁できない事を自覚しなければなりません。

人として尊敬できる所が見当たらない。

交際する異性としての魅力が一切感じられない。

復縁できない理由や別れの原因となった理由は別にあり、価値観の違いが理由で別れるなら別れさせ屋に来る依頼はとても簡単な仕事になります。

価値観の違いを植え付けるだけで別れてくれるのですから、こんな簡単な依頼はありません。

しかし、実際に価値観の違いが原因で別れさせる事は出来ず、価値観の違いで別れた依頼者から復縁工作のご依頼を頂き、対象者にせ職して話しを聞き出して価値観の違いを理由に別れた方々は別の理由で別れに到っているケースが殆どです。

「価値観の違いなんて特に感じなかった」と仰る方が殆どです。

復縁相談を頂くほとんどの方々は価値観の違いを理由に別れを告げられても価値観の違いに気付きません。

価値観の違いはあってない様なものなんですから価値観の違いに気付けるはずがないのです。

しかし、元彼(元彼女)は価値観の違いを理由に別れを決断しています。

価値観の違いに気付けないのに価値観の違いが理由で別れるのは、おかしいと思いませんか?

価値観の違いで別れた方は多くても価値観の違いに気付けない。

だから復縁は難しいのでしょうか?

何度も書かせて頂いていますが、価値観の違いはあって当たり前なのです。

ないものを探そうとするから復縁方法は見つからず、交際している時の価値観の違いも違和感も感じないので復縁する方法に行きつく事がないのです。

価値観の違いを感じない方が殆どの中、価値観の違いを見つけようとしても見つかるはずがありません。

価値観の違う相手に価値観を擦りあわせようとするのではなく価値観の違いはなかったと感じる自分の感性を信じてみては如何でしょうか?

価値観が違うと言われた元彼(元彼女)と、どうすれば復縁ができる?

価値観が違うと言われた元彼(元彼女)とどうすれば復縁できると思いますか?

『それが分からないから復縁屋に相談してます!!』と口にする相談者もいらっしゃいますが、価値観が違うと言われた元彼(元彼女)と復縁するには『価値観の違いと決めつけて別れの本当の原因を理解しようとしなければ復縁は出来ません。』とお伝えさせて頂いています。

価値観の違いと言われたから価値観の違いだけを考えれば別れの本当の原因に気付きません。

別れの本当の原因に気付かなければ復縁は当然できません。

価値観が違うと言われた元彼(元彼女)と復縁したいなら基本は別れの原因の解明です。

何が原因で別れを決断されたのか?

何が原因で価値観の違いを感じさせてしまったのか?

何が原因で元彼(元彼女)の気持ちが変わってしまったのか?

価値観の違いが原因で別れを告げられた方々は別れの本当の原因を知らなければ元彼(元彼女)が交際を継続したくない理由が判明しません。

交際できない理由が分からなければ復縁も出来ませんし、仮に復縁しても交際が順調に進む訳がありません。

価値観が違うと言われた元彼と復縁成功した復縁工作の成功事例

価値観が違うと元彼に言われて復縁を望んだ依頼者Aは価値観の違いを埋めようと別れた後も必死に元彼に連絡を取り、価値観のどこが違うのか?について聞き出そうとしていました。

しかし、元彼からは『そういうところも価値観が合わないんだよ』と言われてしまい、どうすれば復縁できるのかが分からなくなった時に復縁屋の存在に気付き、復縁工作の依頼を考えたとの事でした。

Aから初めてご相談頂いた時は他の相談者同様に『価値観の違いで別れを告げられても他にきっと別れの理由がありますよ』という話しをさせていただき、Aからは思い当たる節がないとの事で別れの本当の原因を解明させる事から理解する様に説明させて頂きました。

別れの原因が分かっていなければ復縁は難しい事を理解して頂いた為、復縁工作の契約書を交わし、着手金の確認後に調査を開始する事となりました。

対象者の調査を行い、工作員を接触出来るポイントを選定し、対象者に工作員を接触させる事に成功しました。

対象者との人間関係を作った工作員がAの事を聞き出すと、価値観の違いというよりもAとの交際を継続させるのが難しい理由を口にされました。

Aが無意識に元彼にしていた事であり、対象者から聞き出した内容をAに話してもAは全く分かっておらず『そんな事してたかな…?』という言葉も出て来るほどでした。

Aが無意識にしていた事で対象者は何度も腹を立て、交際は不可能と判断したとの事でした。

Aに対象者から聞き出した情報を報告させて頂き、Aが気付かなかった問題の改善に担当者と二人三脚で努めて頂きました。

自分を変える為に努力を重ね、Aは復縁する為に必死に努力して頂き、担当者の話しに真摯に耳を傾けて下さり、対象者に無意識に不快な想いをさせていた事をしなくなります。

価値観の違いが原因で別れを切り出されたと考えていればいつまでも気付けなかった事にAも気付き、対象者の怒りを買う事もなくなった状態になった為、対象者とのlineもスムーズに行え、距離を少しづつ進めながら工作員の後押しもあって復縁成功に到った復縁工作の成功事例になります。