復縁したい

【価値観の違い】を理由に別れたいと言われたけど復縁したい方々へ。

(株)ジースタイル

(株)ジースタイルは一人で復縁活動をしても復縁出来ない相談者様達から復縁相談を頂き、復縁出来る可能性について無料で診断させて頂いています。 年間3000件以上の復縁相談を頂き、一人で復縁出来る可能性が有る方には無料復縁相談で復縁成功に導き、一人で復縁出来る可能性が無いと診断させて頂いた相談者様には復縁工作の方法をご提案させて頂いています。 復縁工作のご依頼を頂き、相談者様の復縁したいパートナーに工作員を接触させて別れの本当の原因を解明する事や、復縁を意識させる心理誘導を行い、復縁して頂いた方々を多数輩出しています。 もちろん依頼者様のご協力がなければ復縁成功には至りませんが、復縁の悩みを抱えて日々の生活に支障をきたしていらっしゃるのでしたら、まずはご相談下さい。※現在22歳未満の方からのご相談は承っておりません。

復縁屋ジースタイル

(株)ジースタイル

復縁屋には『価値観が違うから別れたい…』という別れ話しをされて、どうすれば受け入れてもらえるか分からなくなり、『価値観の違いを埋めるようにするから…』と伝えたものの、受け入れてもらえず、どうにもならなくて復縁したいけど復縁する方法が分からなくなっている相談者様からご相談頂くケースは少なくありません。※参考ブログ:相談者様の多くは復縁方法を知っているのに気持ちが弱いので実践しないから復縁出来ないのです。

価値観が違うから別れたいと言われた場合に、どうしたら価値観の違いを埋められるのか?を考える様ですが、そもそも価値観の違いは埋められるものなのでしょうか?

別れ話をされるまでは仲良く出来ていたと思いますが、仲良く出来ていたなら価値観の違いは気にするものではないと思いますし、そもそもの話しで価値観が合う人が世の中にどれだけいるか分かりません。※参考ブログ:相手との縁が欲しいからといって間違った方法で縁を作ろうとすれば恋愛に発展する事はありません。

趣味などの一つの事案については価値観が同じ人は多いと思いますが、恋人や夫婦として関係を作っていく際に、価値観が合うから交際が続くケースと価値観が合わないから交際が続くケースがあり、価値観の違いは本来人間関係を構築するにあたって大きな問題ではないのですが、価値観の違いを別れ話で言われた際に、価値観の違いにばかり捉われてしまい、復縁活動は間違った方向に進んでしまいます。

価値観の違いは合わせるところを合わせれば済む話しであり、価値観が違う相手も相談者様に合わせていたから交際期間があったのではないでしょうか?※参考ブログ:元彼氏(元彼女)の本音を聞き出し、聞き出した本音に合わせて改善するから復縁できるのです。

相手が合わせる事が辛い部分を相談者様が寄り添えば価値観の違いはさほどなかったものを、相談者様が寄り添えなかったので相手は価値観の違いを理由に別れを告げてきた訳です。

相手が合わせてくれる事に甘んじて、自分が寄り添う事が出来なかったから価値観の違いを理由に別れを告げられただけで、価値観が完全に合う人がいない以上、価値観の違いを理由に別れを言われても、本当の別れの原因は別にあると考えるべきであり、価値観の違いを理由に別れを告げられたから価値観を合わせようとする復縁活動は復縁出来る方向に進む事はないのです。※参考ブログ:大切な人を想う気持ちから出る行動ではなく自分に甘い考えを持つ復縁活動だから復縁出来ないのです。

価値観の違いが原因で別れを告げられた相談者様に『価値観の違いって何だと思いますか?』と質問すると、価値観の違いについて説明出来ない相談者様が多く、価値観の違いがそもそもよく分かってないのに価値観の違いを埋めようと努力する相談者様とお話しをしていると、どうやっても一人では復縁出来ないと気付かないのかな?とさえ思うのです。※参考ブログ:【別れの本当の原因】を分かっても理解せずに復縁活動を続けたところで復縁出来ません。

価値観とは、ウイキペディアで調べていただくと、何に価値があると認めるか?に関する考え方とされていますが、例えばAさんはピーマンが好き、Bさんもピーマンが好き。という場合、AさんとBさんの価値観は一致していますが、価値観が違うという事は、ピーマンの例で考えて頂くとAさんはピーマンが好きですけど、Bさんはピーマンが嫌いなので価値観が一致してないので価値観が違うになります。

人間は育ち方も考え方も全く違う訳ですから皆がピーマンを好きな訳ではありませんし、ピーマンが嫌いな人とは合わないな…にはならないのです。

ピーマンという食べ物に限定した価値観でも合う人と合わない人がいるのに、考え方、好み、趣味嗜好等、様々なもので価値観は異なるのが当然であって、価値観が全て合う人等存在しないに等しいのです。

相手の事を100%理解出来ないのですから価値観が違うのは当然であって、価値観が合う人を探す方が難しいのですから、別れ話しで価値観の違いを言われたところで、価値観が違うのは当然であり、価値観が違うからこそ人は惹かれ合う事もある。という考えを持たなければ本当の別れの原因に辿り着く事はないのです。※参考ブログ:人それぞれに抱える事情があるので考え方や気持ちも変わる事を理解してなければ復縁出来ないのです。

人間は言葉を使って自分の考えや気持ちを伝える事が出来ますが、考えや気持ちをある程度共有は出来ても100%お互いを理解しあえる事は出来ないのですから、例えば、『愛してる。』という言葉一つとっても同じ気持ちを共有する事は出来ないので価値観の違いがあるのは当然であり、価値観の違いに捉われて別れの本当の原因に気付けないと復縁出来ないのです。※参考ブログ:本当に復縁したい気持ちを言葉で表すだけで気持ちが入ってないから伝わらないのです。

価値観が違うのは当然なのですが、別れ話しで『価値観が違うから別れたい!!』と言われると理由が分からないから受け入れざるを得ない状態になったり、理由を聞いても納得出来なくて話し合いが平行線になり、結局別れる流れになるのです。

価値観の違いが原因で別れを告げられても復縁したいなら価値観の違いを埋めようとするのではなく、本当の別れの原因を追究して、価値観の違いを擦り合わせていけるように努力しなければならず、元々価値観は違うのですから、それを埋めるのではなく、相手の価値観を受け入れる姿勢が大切になるのです。※参考ブログ:現実を受け入れて現実に即した努力が出来るので復縁する為の希望を持つ事が出来て結果にも繋がります。

そもそも価値観が完全に一致しているカップルは殆どいないのに、なぜ他のカップルは価値観が違うのに交際が続くのか?を考えて頂くと、お互いに受け入れるところを受け入れて、お互いの意見を尊重出来る関係を構築出来ているからであって、価値観が違う相手を尊重出来る関係なので、お互いを尊重し合える関係を相談者様は作れるほどのコミュニケーション能力があるとは言えない。というのが問題なのです。※参考ブログ:彼氏(彼女)とのコミュニケーションが取れてると思い込んでるので復縁出来ない事に気付きましょう

復縁屋は復縁工作の依頼を受けた時に依頼者様の復縁したい相手に接触して話しを聞くのですが、対象となる相手から『価値観の違いなんて特に感じなかった。』と言われるケースが多く、価値観の違いを理由に別れを告げられたのに、対象者からは価値観の違いではなく、別の理由で別れを決断した。と言われるケースが殆どなのです。

その為、価値観が違うと言われた元彼(元彼女)と、どうすれば復縁ができるか?という相談を頂くのですが、相談者様には『価値観の違いは皆ある事ですから、相手がどうしても受け入れられない相談者様が抱えている問題部分を改善しなければ復縁は難しいと思いますよ。』とお伝えさせていただくのです。

過去の経験から価値観が違うだけでは別れる事はないと復縁屋は考えますし、考え方を修正する事で埋められる理由を相談者様は何も考えずに交際していたから別れを告げられた。という事が分かっているので、修正しなければならない部分を修正する努力を怠って来た結果なのですから、価値観の違いという言葉だけで済ますのはどうなんだろう?とさえ思うのです。

もう一点思う事ですが、相手からは価値観が合わなくても、相談者様は復縁したいのですから、相談者様にしてみれば価値観は合っていると思いませんか?

価値観が合わないから別れ話しをされたのは、相手の価値観であり、相談者様の価値観の中では相手と合ってるから復縁したい訳で、本当に価値観が合わない相手なら、相談者様も価値観の違いを感じるでしょうし、価値観の違いを感じない相談者様が復縁屋に相談する事自体、価値観はそんなに違う訳ではないのではないでしょうか?※参考ブログ:人間としての本質を見抜かれて、合わないと思われたから別れを告げられた事に気付いてますか?

相談者様の復縁したい相手が本当に価値観が違う相談者様と連絡を取り合っていた事が不思議ですし、価値観の違いがある相手と話したいと思っていた交際時があった事が不思議で仕方ありません。

金銭感覚が合わない元彼との復縁を望んだ相談者Aへのアドバイス

相談者Aは、元彼から金銭感覚の違いを理由に別れを告げられました。

  • 節約をしたがるところが嫌い
  • お金の遣い方がせこい

主なケンカの原因はデート時の費用で元彼と言いあいになり、Aは元彼との関係を悪化していきます。

元彼から『価値観が違うから別れよう。』と言われたAは元彼に縋りますが『金銭感覚が合わないから将来を考えられない。』と一蹴され、弊社にご相談頂きました。

金銭感覚が合わない元彼とAは復縁したいのか疑問ですが、元彼との復縁を熱望しAは価値観の違いについて悩んでいましたが金銭感覚の違いは生活水準が皆同じではなく、環境も異なるのですから当然だというアドバイスをさせて頂きました。

金銭感覚の違いが理由で別れを告げられたAは金銭感覚を元彼に合せようと努力しますが、元彼はAから見ればセコくても、他人から見れば節約家であり、見方を変えるだけで捉え方が変わるアドバイスをすると価値観が違うのではなく見方が異なる事が問題である事に気付き、価値観の違いが別れの原因ではない事もアドバイスをする事で気付きます。

価値観の違いで別れを告げられた相談者様からご相談いただいた際に、価値観の違いから頭を切り離すと復縁の可能性が見えて来る事もあり、上記のアドバイスの内容も相談者Aの様に見方を変えれば価値観の違いは無くなりますから、復縁したいなら改善するべきは価値観の違いではなく別の理由を考えなければならないのです。

価値観の合わない相手と復縁したいなら復縁の基本である相手の立場に立って物事を考える事が大切で、相手から言われた言葉だけを鵜呑みにしているから本質が見えません。※参考ブログ:復縁の基本が描かれているキューティー・ブロンドという映画はご存知ですか?

復縁の基本は自分ありきではなく相手ありきの行動が求められ、相手ありきの考え方をしていれば、自ずと答えに辿り着きます。

相手のあるがままを受け入れる心が価値観の違いを覆し、自分を変えたいと思っていない相手を変えようとするのではなく、変わらなければ復縁出来ないから自分を変えよう!!と考えられる方が復縁に繋がるのです。

価値観が違うと言われて復縁した復縁工作の成功事例

①:価値観が違う事が理由で別れを告げられたAは価値観を埋めようと必死に努力しましたが価値観は埋まりませんでした。
自分で出来る復縁活動に限界を感じて復縁屋に頼る決意をしたのですが、復縁工作の方法等、探偵に依頼する事自体が初めてだった為、丁寧に復縁工作についてご説明させて頂きました。
依頼する事がバレるのではないか?という不安等も抱えていたようですが依頼が何故バレないのか?という理由も説明させて頂き、Aの依頼を請ける事になりました。
Aから頂いた情報を元に対象者を調査し、対象者に新しい恋人がいない事が確認出来ると工作員を接触手筈をとります。
復縁工作を行っている最中に対象者から聞き出した話では価値観の違いはあるけれど、最初は容認出来ていた事がある時から容認できなくなり、Aの行動全てが鼻につくようになってしまい、別れ際で揉めたくないので価値観の違いを理由に別れを告げた事を聞き出します。
Aが対象者にしていた行動を確認すると、確かにAは対象者の怒りを買う様な行動ばかりをしており、客観的に話しを聞けば明らかな事をAは気付かず行っていたとの事でした。
Aの行動を改善する様にアドバイスを行いながら対象者に心理誘導を行い、対象者の心理を揺さぶります。
復縁を意識させるまでには時間が掛かりましたが、価値観が違うと考えていたAのままなら復縁は絶対に出来ない事がAにも分かり、価値観の違いを埋めるのではなく本当の別れの原因について改善させる事で復縁成功に導いた復縁工作の成功事例になります。

②:価値観が違うと元彼に言われて復縁を望んだ依頼者Aは価値観の違いを埋めようと別れた後も必死に元彼に連絡を取り、価値観のどこが違うのか?について聞き出そうとしていました。
しかし、元彼からは『そういうところも価値観が合わないんだよ。』と言われてしまい、どうすれば復縁できるのかが分からなくなった時に復縁屋の存在に気付き、復縁工作の依頼を考えたとの事でした。
Aから初めてご相談頂いた時は他の相談者同様に『価値観の違いで別れを告げられても他にきっと別れの理由がありますよ。』という話しをさせていただき、Aからは思い当たる節がないとの事で別れの本当の原因を解明させる事から理解する様に説明させて頂きました。
別れの原因が分かっていなければ復縁は難しい事を理解して頂いた為、復縁工作の契約書を交わし、着手金の確認後に調査を開始する事となりました。
対象者の調査を行い、工作員を接触出来るポイントを選定し、対象者に工作員を接触させる事に成功しました。
対象者との人間関係を作った工作員がAの事を聞き出すと、価値観の違いというよりもAとの交際を継続させるのが難しい理由を口にされました。
Aが無意識に元彼にしていた事であり、対象者から聞き出した内容をAに話してもAは全く分かっておらず『そんな事してたかな…?』という言葉も出て来るほどでした。
Aが無意識にしていた事で対象者は何度も腹を立て、交際は不可能と判断したとの事でした。
Aに対象者から聞き出した情報を報告させて頂き、Aが気付かなかった問題の改善に担当者と二人三脚で努めて頂きました。
自分を変える為に努力を重ね、Aは復縁する為に必死に努力して頂き、担当者の話しに真摯に耳を傾けて下さり、対象者に無意識に不快な想いをさせていた事をしなくなります。
価値観の違いが原因で別れを切り出されたと考えていればいつまでも気付けなかった事にAも気付き、対象者の怒りを買う事もなくなった状態になった為、対象者とのラインもスムーズに行え、距離を少しづつ進めながら工作員の後押しもあって復縁成功に到った復縁工作の成功事例になります。

別れの原因が価値観の違いだと思っている復縁したい相談者様は本当の別れの原因に気付かない

『価値観の違いが原因で別れてしまいました。』というご相談は非常に多いのですが価値観の違いが別れの原因だと仰る相談者様の考える価値観の違いとは何を指しますか?と質問すると上手く答えられない相談者様も多く、価値観の違いが別れの原因だと思っていても、具体的にはどんな価値観の違いがあるのか?について理解していない相談者様も多いのです。※参考ブログ:理解出来てない事を理解したつもりになる人の復縁成功率が低い理由

違う考え方を持つのが人間ですが、違う考えを持つ他人との関係を維持するのが苦手な人もおり、苦手な人にしてみれば価値観の違いは別れの原因となり得るのですが、基本的には人それぞれ価値観の違いはあるので、価値観が合う人間の方が珍しいというのが復縁に携わる仕事をしている復縁屋としての見解になります。

価値観とは何を【大切にしているのか=物事の捉え方、優先度の違い】と言われており、大切にしているものの違いが恋人とあれば恋人の物事に対する認識と相談者様の物事に対する認識の違いが出てしまい、価値観の違いが浮き彫りになれば関係を維持するのは難しい…と判断され、別れを告げられたと相談者様は判断する様です。

相談者様の中には恋人の為に一生懸命尽くして来た…良かれと思った事はやって来た…恋人には気を遣ってきた…と思っていたのに別れを告げられて何故別れを告げられたのか分からない…となる相談者様も多く、相談者様は一生懸命やって来た事を恋人からは求められておらず、恋人から求められていない事を相談者様は一生懸命頑張り、復縁したい!!という状況に陥るケースも多数存在します。※参考ブログ:話していて疲れるような癖を持つあなただから彼氏(彼女)はあなたとの別れを選んだのかもしれません。

価値観の違いが別れの原因となった時こそ相談者様は何故別れを告げられたのかが分からず、良かれと思っていた事が恋人からよく思われていなかった…というケースでは特に相談者様は別れの原因について理解出来ず、なぜ別れを告げられたのか?という原因を考えたところで別れの原因に辿り着く事は出来ないのですから別れの原因を改善して復縁しようとしても別れの原因をそもそも分かっていないので改善する方法に辿り着く事が出来ないのです。

一生懸命に尽くして来た恋人に別れを告げられたなら、良かれと思ってして来た事に対してNOと突き付けられているのですから相談者様にしてみれば何が問題で別れを告げられたのか分からず、価値観が違うから別れに至ったんだな…と、具体的な理由は分からないまま別れの原因は価値観の違い…と考えているので『価値観の違いが原因で別れてしまいました。』というご相談は少なくないのですが、『価値観の違いが原因で別れてしまいました。』というご相談を頂く相談者様の多くは復縁出来ない理由も明確なのです。※参考ブログ:別れの本当の原因を知らずに見当違いの復縁活動をするので復縁出来ないのです

恋人同士という事なので男女の違いももちろんありますし、価値観の違いは同性であっても異なるケースが多く、話しても分かり合えない、考えを押し付けてくるといった事を繰り返すとより価値観の違いを感じさせてしまいます。

自分がされて嬉しい事や嫌な事と恋人からされて嬉しい事と嫌な事は必ずしも一致する訳ではなく、価値観の違いは嬉しい事と嫌な事でも違いを感じさせてしまう事もあり、価値観の違いと一言で片づければどこに価値観の違いがあるのかも分からず、価値観の違いのすり合わせをするのは難しくなるのです。

価値観の違いが原因で別れた場合に相談者様は恋人の価値観に合わせようとするのですが、例えば金銭的な価値観の違い一つにしてもお金にケチな人とズボラな人では合わせるのが相当苦労しますし、ケチな人がズボラな人に合わせようとしても難しく、ズボラな人がケチな人に合わせようとしても難しく、価値観の違いを与えてしまった為に別れを告げられた場合は一つ一つの価値観の違いを合わせるのではなく、価値観の違いをお互いに受け入れてもらえる関係を構築していく必要があるのです。

恋人との価値観は違うのが当たり前であり、育ちも生まれも違う訳ですから価値観が合う異性と交際出来る方が珍しいのです。

違っていて当たり前であり、価値観の違いは付き合う前から分かっていた事であり、価値観の違いが分かっているのですから交際した後に価値観の違いが原因で別れに繋がるというよりも別の何かがあるので価値観の違いを理由に別れを告げる恋人は少なくありません。※参考ブログ:別れの本当の原因を改善してないのにプラスαの魅力(自分磨き)を見せようとする相談者様だから復縁出来ないのです。

価値観の違いが別れの原因だった場合、相手は歩み寄る姿勢がないので価値観の違いを埋めようとする気がないのですから、価値観の違いを埋めようとしない何かの理由があって価値観の違いを理由に復縁出来ないのです。

本当に復縁したいなら価値観の違いを理由に別れを告げられた時に価値観の違いだけに捉われて別れの本当の原因に辿り着かなければ価値観の違いという概念から逃れる事が出来ないので本当の別れの原因に辿り着く事は出来ず、いつまでも本当の別れの原因に辿り着く事が出来なければ復縁出来ない事も知っておかなければならないのです。※参考ブログ:第三者に客観視してもらう為の復縁相談をするから復縁方法に辿り着く事が出来るのです。

気遣いを間違えていないけど相手から気遣いだと思われない気遣いをすれば価値観の違いを感じさせる事もあります。

気遣いの仕方が分からず彼氏(彼女)を怒らせてしまったり、あなたが気遣いしていると思っていたものが、実は彼氏(彼女)からすれば気遣われていないと感じさせてしまう事もあるので気遣いの仕方を間違えていて彼氏(彼女)に不愉快な想いをさせてしまった結果、突然別れ話をされてしまった…という事も珍しくありません。※参考ブログ:突然『別れよう…』と言われた別れの理由を教えてもらえないので復縁出来ないのです。

思った事や感じた事は何でも言う事や相手に対して正直でいる事は正しい事のように見えて、実は相手に対する配慮が足りていなかったり、あなたの中のルールに相手が合わせてくれているなど、気遣いの主体が何処にあるかを見誤ってしまうとコミュニケーションが大きく失敗する事もあり、気遣いの仕方を理解して頂き、彼氏(彼女)を不愉快にさせてしまっていたかもしれない可能性について考えるキッカケにして頂ければと思います。

以前にTwitterでイモ田にまめさんという方が『簡単に冷やし中華でいいよ。』というtweetをしたのですが、旦那さんとしては料理をするのは大変だろうから楽に作るものでいいよ。と奥様に対して気を遣った発言をしているかと思いますし、旦那さんなりに奥様に負担を掛けたくない気持ちがあったかと思いますが、作るものを旦那さんが限定し、奥様が楽に作れるであろうものとして指定しているのですが、実際に冷やし中華を作る奥様が冷やし中華を簡単に作れるかどうかは別の話しであり、ここに気遣いの仕方の間違いが潜んでいる事を旦那さんは気付いていません。※参考ブログ:気配り、目配り、心配りの3つの【配り】が出来ないから別れて復縁出来ない事を分かってますか?

例えば、奥様にとって冷やし中華を作る事は多大な労力を必要とする場合に『簡単に冷やし中華で良いよ。』の簡単という言葉は成立しません。

旦那さんはもしかしたら料理をあまりした事がないのかもしれませんし、食べる事が簡単に食べられるものという意味で『簡単に冷やし中華で良いよ。』と口にしたのかもしれませんが、作る側の奥様にしてみれば『簡単だって思うなら自分で作れば良いんじゃない?』という想いが出てもおかしくない発言でもあります。

旦那さんの想いは奥様を楽にさせてあげている優しい人間である。という認識ですが、奥様にしてみれば簡単な事すらも自分でやらない旦那さんという印象を残してしまいますから、どちらが正しいか?と言えば、どちらも間違っているとは言えませんが、少なくとも楽をさせてあげていると思い込んでいれば奥様の気持ちに気付く事はありません。

相手を気遣いたいなら、気遣う内容の主体を相手にしなければなりませんし、冷やし中華=簡単という旦那さんの価値観で判断していれば相手の価値観との違いが発生し、気遣いをしたつもりでも相手にとっては気遣われてるどころか全く気を遣われていないと捉えてしまう事もあるのです。

この例では『簡単に冷やし中華で良いよ。』ではなく、『簡単に作れるもので良いよ。』と、冷やし中華の一言が無ければ奥様も引っ掛かる事なく料理を作って下さったかもしれませんが、何かしらを指定しておいて、指定したものは簡単でしょ!という価値観を押し付けた会話の仕方をしているので誤解を生んでしまい気遣いが全く異なる捉え方となってしまっています。

たった一言が気遣いを気遣いではなくしてしまう事もありますし、たった一言で相手を不愉快にさせる事は人間同士のコミュニケーションの中では存在するので相手を気遣うなら言葉の一言、二言に気を付けて発信するようにしなければなりません。

旦那さんも奥様も相手を思い遣る気持ちが無い訳ではなく、相手を思い遣るからこそ間違った伝わり方をしてしまう事もあり、間違った伝わり方をした時にキチンと誤解を解けるかどうかもコミュニケーションを取る上で大切な事ですから、本当に相手の事を思うなら気遣いの仕方を間違えなければなりませんし、関係が壊れてしまった原因の一つに価値観の違いを彼氏(彼女)から言われた時は、あなたの気遣いの仕方についても振り返ってみるのも復縁方法にはあると思います。

本当に復縁したい方へ

復縁屋ジースタイルの復縁工作

復縁屋ジースタイルの復縁ブログをご覧頂いている読者の方から、「私の事を書いてますか?」と仰る相談者様がとても多いのですが、復縁出来ない特徴を持っている相談者様は共通している事が多々あります。なぜ復縁出来ないのか?という点を考えて頂くと、皆様が同じような経験をして別れ話を出されていますが、パートナーが別れを告げた具体的な部分に関しては復縁屋ジースタイルも具体的なお話しをお伺いさせて頂いた訳ではないので分かりません。それらが分かるから問題点を改善させて頂く事で復縁の確率を上げるのが復縁屋ジースタイルの業務となっており、実際に復縁工作のご依頼を頂く事で復縁成功者を多数輩出しております。本当に復縁したいなら一人でどうにか出来ない状況を一人でどうにかしよう!!と藻掻くのではなく、一人でどうにか出来ない状況を自覚し、専門家の力を借りるという選択をするのは間違いではありません。 本当に復縁したい依頼者様からの復縁相談を頂き、過去の成功実績や経験に基づいて、復縁出来る確率を上げる復縁工作を行う事で本当に復縁したい!!という依頼者様の気持ちをサポートする復縁屋ジースタイルに復縁の悩みを抱えていらっしゃいましたら一度ご相談下さい。

-復縁したい
-, , , , , , , ,