復縁への可能性を連絡が取れるからどうにかなるんじゃないか?と連絡が取れる事だけに頼りって復縁を目指すのは大間違いです。

連絡が取れるという事は1つのポイントではありますが、それだけに頼って復縁を目指した所で復縁が叶う訳もありません。

連絡が取れる事で別れたにも関わらず恋人気分が抜けず、恋人であった時と同じ気持ちで相手と連絡を取り、それが元で元カレ・元カノから距離感が近すぎるととられてしまい、復縁から遠のく人たちも沢山いらっしゃいます。

復縁したい側としては別れた事実をなくせる様に既成事実を作っていけば復縁出来るかもしれない…と考える人もいるようですが、別れを切り出した側は気持ちを切り替え、新たな恋人を探していこうという気持ちを持っている為、お互いの気持ちが相容れず、復縁とは程遠くなってしまいます

連絡が取れる状態を有効に使えるかどうかは連絡を取れない状態から比べるとかなりの有効ポイントになるのですが、その有効ポイントがマイナスに作用してしまい、復縁を意識してもらう所か「復縁はありえない」と考えられてしまい、復縁とは程遠い状態になってしまう人もいます。

復縁したい人は藁にも縋る気持ちで自分の有効な部分を考えますが、間違った方向にポジティブシンキングになってしまい、間違ったポジティブシンキングはKY(空気が読めない)に繋がる事を忘れてしまいます。

ネガティブに考えるよりもポジティブに考える事が出来た方が他人からは好かれますが、間違ったポジティブに進んで他人から好かれる事はありません。

連絡が取れるという事だけをアドバンテージに考えている人は自分に都合良く考えてしまい、自分に都合良く考えてしまえば復縁が叶う訳もないのです。

復縁屋に復縁相談に来る人の中で稀に「自分がどんな事をしていたとしても復縁工作をすれば復縁させてもらえる」と都合の良い考えを持ったままに相談に来る人がいますが、都合の良い考えを持っていれば復縁屋が何をどうしようと復縁に繋がる事はなく、自分に都合の良い部分をたださなければ復縁成功する事はないですよ。というお話をさせていただいています。

自分はまだ元カレ・元カノと連絡が取れるから復縁成功出来る!!!と考えるのではなく、元カレ・元カノと連絡出来る事が本当の最後の命綱であり、その命綱が切れたら絶対に復縁は出来ない…と思う位の気持ちで復縁に挑む様に心掛けて下さい。

復縁活動をするという事は常に綱渡りの状態です。

綱渡りの状態から少しづつゴールに向かって進んでいくのでゴールが見えてきますが、綱渡りの状態で命綱がついている。と安心しきっている人がゴールまで辿り着く事はありません。

自分の置かれている状況分析と自分の置かれている立場を考えて復縁を目指していただく事をおススメします。