復縁相談を頂く際に『交際一か月で別れたんで短期間で復縁したいんです。』と仰る方や『3週間でフラれちゃったんですけどすぐに復縁する方法を教えて下さい。』と仰る方がいます。

早く復縁したいのは分かりますが短期間の交際だから短期間で復縁できると思うのは全く逆だという事に気付いていらっしゃいません。

通常、3か月程度の交際まではお互いに盛り上がる期間と呼ばれ、その期間に破局になるというのはよっぽどの事がなければ破局に至る事はありません。

よっぽどの事とは交際を継続したくない何かがあり、交際を継続したくない何かがあるから盛り上がっている期間に別れを告げられたという事を重く考えない方がいます。

短期間の交際で別れを告げられたから短期間で復縁できる方法があるはず!と考えるのですが、短期間で縁を切られるほどの事をしておいて短期間で復縁したいというのはとても都合の良い考えであり、都合の良い考えをしているのも別れを告げられた理由の一つであるケースはとても多いのです。

  • 相手が自分の事を好きだから〇〇をしても許されると思った。
  • お互いに好きだから受け入れてもらえると思った。

都合の良い考えなので別れた後もすぐに復縁できる方法を探すという自分に都合の良い考えを持っています。

短期間の交際で別れを告げられたから、交際出来ないとても重大な問題を抱えている事に気付かなければ到底復縁など出来る訳がありません。

短期間で別れたからこそ、復縁するには時間が掛かります。

もちろん状況が悪くなければ簡単に復縁できるケースはありますが、復縁相談を頂く短期間の交際で別れを告げられたから短期間で復縁する方法を探す方々はlineをブロックされていたり他に異性の影があったりと状況は悪いにも関わらず短期間で復縁する方法を探します。

ご都合主義と言いますか自分の価値を高く見積もっていると言いますか、現実はそうではない事を教えてくれる友人がいない事が分かります。

短期間の交際で別れたから復縁工作も短期間でやって欲しいという相談者

短期間の交際で別れたから復縁工作も短期間でやって欲しいという相談者がいらっしゃいますが、短期間の交際で別れた方からご依頼を頂き、工作員を対象者に接触させると依頼者には思いも寄らない事を聞き出す機会はとても多いのです。

想像していない様な事を聞き出し、聞き出した内容をそのまま依頼者に伝えると大抵の依頼者は発狂します。

発狂し、『そこまで言われてるなら復縁したいとは思いません。』と仰り、短期間の交際で別れたから復縁工作も短期間でやって欲しいという相談者は相談者がフラれているにも関わらず、相談者がフッた形を取ろうとします。

短期間の交際で別れたから復縁工作も短期間でやって欲しいという相談者から復縁工作の依頼を頂いても復縁を諦める結果になる為、ご依頼を承る事はほとんどありません。

唯一ご依頼を承る時は面談をさせて頂き、自分に都合良く考えない人物であった場合に依頼を承るケースはありますが、ほとんどの方が自分に都合良く考える人物である為、依頼をお断りさせて頂いています。

短期間で別れたから短期間で復縁する方法を教えて欲しいと言う人のプライドの高さ

短期間の交際で別れたから短期間で復縁する方法を教えて欲しいという相談者の決まり文句は相談者にとって都合の良い決まり文句を並べます。

別れを告げたのは相談者であっても復縁したいと思って断られているのも相談者の時、自分が別れを告げた事を強調し、自分はフラれていない事を伝えてきます。

復縁したいと思っていても受け入れてもらえてない時点でフラれています。

フラれているのに別れを告げたのは自分と思い込みたいので『別れようって言ったのは私(僕)からなんですけど…』と相手を自分が好きで相手は自分を好きではない事を認められない決まり文句が出てくるケースが多いのです。

相談を聞いていても『フラれているのはあなたですよ。』という前提で話しを聞かせて頂くので聞かせて頂いている相談内容から決まり文句が出る人はどんな人で何が原因で別れたのか?について大抵分かりますが、分かる事を説明してもプライドの高さから受け入れる事が出来ず怒りを露わにするだけなのでお伝えする事はありません。

短期間の交際で別れた相手にはすぐに新しい恋人が出来ているケースはありがちです。

短期間で別れた相手から『何年も好きな人が出来なかった…』と言われた事をいつまでも記憶に残っているので相談者は相手にはまだ新しい恋人はいないと考えている方が多いのですが、高い確率で新しい恋人が出来ているケースが多いのです。

短期間で別れた相手とすぐに復縁したいと考える相談者の多くは自分に都合良く考えるので新しい恋人が出来ておらず、自分との復縁を待ち侘びているかの様に考えます。

相談者とは出会って交際に至ったのに別の異性とは交際に至るという事は考えません。

ここでもご都合主義の考え方やプライドの高さが垣間見え、自分は特別だから交際に至った訳で他の異性は特別ではないから復縁したい相手が夢中になるはずがない。という考えの元に自分に都合良く考えます。

復縁したい相手を一度はモノにした、復縁したい相手を相談者がフッた事によって相手も傷付いてるはず、自分はとても魅力的な異性だから、別れてすぐに自分以上の女性に出会える訳もないし、新しい恋人なんて出来る訳がない。と考えます。

しかし現実は短期間の交際で別れた相手にはすぐに新しい恋人が出来ており、現実を知った時、プライドの高さから復縁したいではなく執着へと変わります。

短期間の交際で別れたから短期間で復縁する方法を探す人は復縁できない事が分かりますよね?

短期間の交際で別れたから短期間で復縁する方法を探す人が復縁できない理由はご理解頂けましたでしょうか?

  • プライドの高さ
  • 自分に都合良い考え
  • 現実を見れない
  • 自分を否定できない
  • 相手を否定する

以上の事が揃っているので復縁できません。

復縁屋として復縁相談を頂いていると、あ~この相談者は復縁できないタイプの人だ。とすぐに気付く相談者であり、復縁できないタイプの相談者の話しを聞くだけ無駄なので『お金が掛かりますよ。』と復縁を諦める為の話しをさせて頂きます。

正直に申し上げまして、この手の相談者から『お金を払うんで復縁工作の依頼をしたいんです。』と言われても復縁工作の依頼を請ける事はありません。

あまりにも問題があり過ぎて3か月程度の工作期間でどうにかなるものではなく、依頼者の自己改善も3か月程度の期間では絶対的に足りないのです。

プライドが高く、自分に都合良い考えを押し付け、現実を見ずに自分を否定せず恋人を否定する人。

上記の一文を読んで頂ければ誰が復縁したいと考えるでしょうか?

復縁相談は復縁できる可能性がある人だから請けるのであって、復縁できないと分かっている人の復縁相談を請ける程、復縁屋は暇ではありません。

プライドが高い相談者だから敢えてすぐに『お金が掛かりますよ。』と伝えてあげれば復縁屋が悪者になり、復縁屋は悪質なところしかないから依頼しなかった。と相談者の自尊心を満たしてあげられます。

復縁できないと判断した相談者に復縁屋は最後まで相談者の自尊心を満たす様に誘導してあげるのです。

対象者の事は分からなくても相談者の事は話せば分かりますから相談者を誘導して復縁を諦めさせる様に仕向けます。