復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

復縁相談者様にアドバイスをしていると『私は理解する力がないんです…』と仰る相談者様がいらっしゃいますが、理解する力がなければパートナーとの別れ話の内容やパートナーと交際時に色々と指摘されていた事も理解が出来てない可能性も高くなり、理解する力がなければ他人とのコミュニケーションを取りづらい事が分かっているのですから、理解する力を付けよう!!とならないのかな?という疑問が起こります。

『理解する力がないんです…』という相談者様は理解する力をつける為に何かしらの努力をせずに、『理解する力がないんです…』と言うだけで何も行動に移さないので現状は何も変わりませんし、変えようともしない、何も変わらない事を理解する力がないのか、何も変わらない現実を理解する力がないのか分かりませんが、理解する力がなければ現状を打破する事も出来ないのです。

理解する力がなければパートナーの気持ちも理解する力がなく、現状も理解出来ずパートナーの気持ちも理解出来ないのですから復縁するにあたって理解する力がないのは致命的な事であり、理解する力がない相談者様はお話をお伺いしていると復縁する為に何をすべきなのか?をアドバイスをしても理解出来ないので行動に移さず、酷い相談者様の中には一日に何回も同じ相談を頂きます。

一日に何回も同じ相談をする時間があるなら、行動に移し、少しでも状況を良くするように行動しなければならないのですが、それすらも理解出来ないので何度も同じ相談を繰り返します。

『私は理解する力がないんです…』と仰る相談者様は他人の気持ちを理解しようとする気持ちもなく、言葉では『人の気持ちを理解したいと思ってるんです。』とも言うのですが、実際の行動が人の気持ちを理解しようとする人の態度ではなく、人の気持ちだけではなく、『私は理解する力がないんです…』と言う事で相手に自分を理解してもらおうとする人の行動になっているのです。

自分は理解する力がないから、周りの人が自分を理解してくれるしかない。という考えがあるので何も行動に移さないのです。

何も行動に移さない自分を理解して欲しいので何度も同じ相談を頂きますし、理解する力がないと伝えれば誰かが助けてくれるという考えなので、『復縁したいんです。』とご相談頂いても復縁する為の行動を一切しない方だという事が分かります。

復縁したいと言えば誰かが助けてくれるという考え方なので、復縁したいと思っていればパートナーが復縁したい気持ちを分かってくれる。何故ならパートナーは理解する力があるから…という考えになり、結局のところ復縁したいと言ってるだけで復縁する為の努力をしないのです。

理解する力がない事を分かっている人は何もしないのでパートナーに迷惑を掛けないのですが、理解する力がない事に気付いていない相談者様は気付かない内にパートナーに迷惑を掛けている事にも気付きません。

パートナーに迷惑を掛けている事に気付かない相談者様は理解する力がない事に気付かず、理解する力がない事に気付かないのに理解する力があると思い込んでいる相談者様は自分は理解していると思い込んでいるのでパートナーに問題があると考え、パートナーを攻撃している事にも気付きません。

パートナーへの理解を示す事が出来ないので反感を買い、パートナーへの理解に乏しいのでパートナーから受け入れられる事がなく、パートナーから受け入れられない事を理解出来ないのでパートナーから更に疎遠にされます。

疎遠になっている事に気付かずにパートナーを刺激し、パートナーを攻撃するのですからパートナーが復縁を考えてくれる事はないのです。

理解力がないなら理解出来るようにするのが復縁する為の行動でもあり、理解する力がないなら理解する力をつけなければパートナーとコミュニケーションを取る事も出来ません。

理解力がないなら理解出来るように努力をする!!というのは言葉にすれば簡単ですが、実際には理解力がない相談者様に理解する力を付けるには一日、二日でどうにかなる事ではありません。

今までにパートナーとのやり取りで理解する力がないから受け入れてもらえなかった事に理解する力が付くと気付き、理解する力がなかったから復縁活動も全く進まなかった事に理解する力が付くと分かります。

理解する力がないから理解する力を付ける為に頑張っている!!!とパートナーに伝えたところで、当然パートナーからは『そうですか。』という言葉しか聞けないのですから、理解する力のない相談者様が復縁を考えてもらう為には理解する力を付けてからパートナーと対等に話しが出来るようになる事を忘れてはいけません。

理解する力がなくて本当に復縁したいなら理解する力を身に付けなければなりませんし、理解する力がない状態で相談を繰り返していたところで時間を無駄にします。

時間を無駄にしていればそれだけパートナーの気持ちが離れる事に気付けなければ復縁は叶いませんし、パートナーの気持ちを理解出来る日は永遠に来ないのです。