復縁屋

現役復縁屋が教える復縁工作の内情と業者を選ぶ時の判断箇所

ネット上には、元復縁屋の工作員が、復縁屋の実態を明かすという内容のSNSが多くあり、復縁屋を探す人達にしてみれば、元工作員の話しを聞いて、復縁屋を選ぶ時の参考にしたい!!と思うかもしれません。※参考ブログ:復縁屋とは?本当に復縁したいなら復縁屋の活用をご検討下さい。

復縁屋の内情は、復縁屋で従事していた人にしか分からないので、元工作員の話しは、依頼を検討している方にしてみればとても関心がある内容だと思います。

その為、元工作員が話す内容は、復縁屋の裏側を暴露してくれるんじゃないか?と考えたり、元工作員だからこそ、働いていた復縁屋の悪い部分を教えてくれるんじゃないか?復縁屋業界の事を教えてもらえるかもしれない…という期待をして、元工作員を名乗る人物にコンタクトを取って、実は、その復縁屋で働いている工作員が自社に誘導する為のアカウントであったりして、元工作員と名乗ってるので、誘導アカウントである事に気付いたけれど、誘導された復縁屋に依頼したのは自分の意思だし…と、元工作員のアカウントを責める事が出来ない様になっていたりもします。

元工作員が元々働いていた会社の裏側を話す際に、暴露話をされるなら分かるけれど、暴露話しをするのではなく、優良業者を紹介って、普通に考えたら不自然な事ですが、その不自然さに気付かずに元工作員の話しを信じてしまい、依頼後に後悔している依頼者様も多いので、現役復縁屋として悪質業者への注意喚起や、復縁工作の実態、復縁屋の選び方など、どんな悪質業者があって、どうやって悪質業者は依頼者様を騙すような手口で依頼を取ろうとするのか?等を記載させて頂こうと思います。

まず初めに自己紹介ですが、私は(株)ジースタイルという復縁屋で復縁工作の工作員をしています。

今は少しづつ担当者の立場に昇格する立場にあるので、少しづつ復縁工作の現場から離れて来ましたが、今も現役で現場に入る事ももちろんあります。

調査員⇒工作員と昇格していき、依頼者様と対応させて頂く担当者に昇格する立場に上がっていきましたが、私が現場に今よりも入っていた時は、成功率も結構高くて、会社からも評価を受けたので、担当者の立場になって来ました。

私の名前は、中村といいまして、実名でこの記事を書かせて頂いていますが、昔私が工作をしていた時の依頼者さん達にしてみれば、あ~中村さんまだ働いてたのね。と、この記事を読んで下さったら思い出してもらえるかもしれない。と思っています。

現役の復縁屋で働く工作員が、悪質業者の記事を書くなんて、自分のところを良く見せる為の記事でしょ?って思うかもしれないですけど、それはその通りかもしれないし、そうじゃないかもしれないし、この記事をご覧頂いた方に判断してもらえればいいかな。と思ってます。

私が働く(株)ジースタイルに依頼すれば絶対に復縁工作が成功する!!って事は書けないし、私が担当していた案件も失敗した案件もあったし、対象者に接触して人間関係を作ったけれど、復縁の話しをすると話しを閉ざされてしまって、誘導出来なかったケースももちろんあります。

全部の案件で成功させたかったけど、そんなに簡単なものじゃないっていうか…依頼者さんにしてみれば、『一生懸命頑張ってくれたから仕方ないよ!!』と言ってくれる人もいたけれど、そうじゃない人が多いから、もしかしたら、あいつまだ働いてやがる!!って思ってる人もいるかもしれません。

失敗した依頼者さんにしてみれば、あんな奴が担当者になる訳!?(株)ジースタイルは詐欺会社だ!!悪質業者だ!!って思うかもしれないし、全ての案件が成功する訳じゃないっていう説明はしてるけど、だからと言って、失敗してもしょうがない!!っていう開き直りみたいな事をしたらイケナイ!!って思うのもあって、失敗して責められるなら、依頼者さんの気持ちを優先して話しを聞くべきだし、自分達の力不足で失敗したなら、責められて当然だと思ってます。

責められたくないから一生懸命頑張る!!じゃなくて、成功させたいと思うから一生懸命頑張る!!っていうのが正しいと思うし、全ての案件を成功させたい気持ちはあっても、それが叶う仕事じゃないのも分かってる訳で、現役復縁屋がどんな想いで依頼を請けてるのかも、この記事を通して依頼を検討中の方々に伝えられれば…とも思います。

現役復縁屋として復縁工作の内部事情を説明しますね。

現役で工作員をしている復縁屋が復縁工作の内部事情を話すのは何から話せば良いか分からないけど、依頼者さんは少なくても復縁屋に依頼するからには、成功率について聞きたいだろうな…と思うし、本当に稼働してくれるの?稼働した風を装って詐欺みたいな事をしてるんじゃないの?とか、復縁工作の内部事情って、依頼前も依頼中も依頼後も、依頼者さんには分からない事ですよね。

なんで悪質業者が摘発されないの?とか、復縁なんてさせられる訳ないじゃん!!とか、知らないと想像で自分が出来ない事は、他人も出来ない。って決めつけて言葉を発しちゃう無責任な人も沢山いるし、無責任な発言をしているつもりは全く無くて、無責任な発言をしている自覚がなく、無責任な発言をして、その発言で人の考え方が変わっちゃう事に気付かずに、無責任発言をしちゃう人がいるから、そういう情報に操作されて、何が正しい情報なんだろう?って思う人も多いと思うから、現役の復縁屋として、復縁工作の内部事情を話せば、伝わるんじゃないか?と思って、発言させてもらおうかな~と思っています。

復縁工作の依頼をする為に復縁屋を探している人は、料金・費用の事が気になると思うけど、料金・費用よりも、まずは復縁工作ってどんなものなのか?を知ってもらって、その上で復縁屋を探す時に大切なポイントって何だろう?って考えてもらいたいんです。

復縁工作の成功率ってぶっちゃけどうなの?

現役復縁屋として復縁工作の成功率について聞かれた時に、ぶっちゃけると、やってみないと分かりません!!!って言う会社じゃないと、信用出来ないな。って思ってます。

他社に依頼した時に、他社から『経験上、あなたの復縁成功率は高いです!!』って言われた人や、『100%とは言えないけど、○○%の成功率(80%とかのかなりの高確率)だと思います!!』って言われて依頼したけど、『失敗しちゃって諦められないんです~。』って言う依頼者さんからの依頼が、(株)ジースタイルには多くあります。

工作員って対象者と会った事もないし、依頼者さんから聞く情報を元に接触して人間関係を作る訳だから、工作員は対象者と初めて会う訳で、初めて会う人との関係を築いて復縁を勧めるのに、私たちは超能力者でもないのに、依頼前に確率を出せるって凄いな!!!って思うんです。

たまたま街を歩いている目の前の人と付き合いたい!!って、ナンパをする人が、『100%とは言えないけど、○○%の成功率(80%とかのかなりの高確率)でナンパ出来るよ!!』って言ったらウソだと思いません?

だって、相手が急いでるかもしれないし、ナンパを毛嫌いしてる人かも分からないし、彼氏がいるかもしれないし、逆に男性にだらしない人かもしれないし、成功率ってナンパをして引っ掛かるかどうかは、やってみないと分からないものだよね。って思うものを、『成功率高いんですよ~。』って説明して来る時点でおかしいと思いません?

他社で失敗した方々から、復縁屋に提案された方法を聞かせてもらうけど、えっ!?そんな方法を提案されたのに契約しちゃったの?!っていう方法を聞かせてもらう時もあるんですね。

その業者曰く、『弊社は他社よりも成功率が高いんです!!』って言うんだけど、そりゃー過去の実績って依頼者さんに見せる事は出来ない訳だし、言いたい放題言えるよな…とも思えるんですよね。

現実的な話になるけど、復縁工作の成功報酬は、(株)ジースタイルでは復縁工作の成功率の順位別で分配される仕組みになっていて、社内でも復縁工作の成功率を競わされます。

お互いに復縁工作の成功率を競い合うから、常に他の担当者の成功率や、会社にあがってくる報告書に目を通して、新しい復縁工作の方法も稟議されて、自分達のお給料に反映されちゃいます。

成功率の成績が悪かったら、給料も落ちるし、ぶっちゃけちゃうと、(株)ジースタイルの場合は、復縁工作の成功率を上げるのは、依頼者さんの為でもあるけど、自分達の為でもあって、自分達の生活を良くする為に成功させたいのもあって、皆必死に成功率にこだわって工作を進めていくのもあるから、(株)ジースタイルの復縁工作の成功率は比較的高い方だと思います。

ぶっちゃけ本当に復縁工作で稼働してくれるの?

依頼者さんは、復縁屋に依頼しても稼働してくれないんじゃないか?っていう不安があるみたいだけど、稼働しないと成功報酬をもらえないし、給料が減るんだから、他社は知らないけど、(株)ジースタイルで稼働しない。というのはないですよね。

調査員や工作員が稼働した際に起きたトラブルをスタッフブログに上げないといけないし、稼働してるとこんなにトラブルが発生するんですよ…っていう記事は想像では書けないです。

事実は小説より奇なりっていう言葉があるけど、現場で起きるトラブルって、マジか~…って思う事が結構あって、そういうトラブルを乗り越えて復縁工作は進めていかなければならないんです。※外部サイト:(株)ジースタイルのスタッフブログ

稼働しない業者って今はだいぶ減って、昔は多かったけど、今は稼働回数制の業者が増えたから、稼働しないってのは殆どなくなって、(株)ジースタイルみたいな期間契約の業者は稼働しない!!って言われちゃうんですよね。

でも、残念だけど、稼働はするけど、それって復縁に繋がらないよね?っていう稼働をする業者が増えて、稼働回数の契約をしてるから、回数を消費すれば良いって思ってるみたいで、なんで復縁屋を名乗ってる?って会社が増えました。

だから、ぶっちゃけ本当に復縁工作の依頼をすると稼働はしてくれるけど、実際にその稼働が復縁に繋がるか?って言われたら、復縁に繋がらないよね?っていう会社が多くて、稼働してくれるけど、復縁に繋がらない稼働をする会社が増えたから、稼働してくれるかを考えてる時点で、依頼する本質からズレて来てるっていうか…他社の報告書を見る機会が多いけど、この報告書って復縁工作の報告書なの?っていう報告が多いのに、なんで依頼者さんって何とも思わないの?って感じるんです。

稼働してくれる会社を探すんじゃなくて、復縁させてくれる会社を探さないといけないのって分かってるよね…って思うんですよ。

ぶっちゃけ、本当に復縁工作で稼働してくれるの?って、復縁屋を疑って相談するんじゃなくて、本当に復縁させてくれるの?って、復縁屋を疑って相談しないと、復縁屋を選ぶ時に大失敗して後悔する事になるよね。

依頼者さんに言いづらいけど、ぶっちゃけ復縁工作をしている時は楽しいんですよね

依頼者さんに、『工作してる時って楽しいんですよ!!』って言うと、遊び感覚でやってるように思われちゃうから言えないんだけど、ぶっちゃけ、復縁工作をしてる時って楽しいんですよ!!

事実は小説より奇なりっていう言葉があるように、対象者から事実を聞き出した時に、うわ~…!!って思う事も沢山あるし、え~!!!!!って思う事も沢山あるし、依頼者さんから聞いてた話しよりもえぐいな~って思う事なんて山ほどあるから、そういう人の裏側っていうか、普段知り得ない事を知りたいから探偵になった訳で、人の秘密を暴くっていうか、色々と対象者から話しを聞き出したりするのって、探偵やってて面白いなって思う事で、浮気調査とかで不倫してるかを暴くだけって、あんまり面白くなかったから、復縁屋で働く事にしたんですよね。

依頼者さんにしてみれば、遊び感覚でやってもらったら困る!!って思うかもしれないし、私たちは生活が掛かってるから、決して遊び感覚でやってる訳じゃないんです。

でも、どうせ仕事をするなら、楽しんでやりたい!!っていう気持ちがないと、工作員って出来ないし、結構工作員の仕事って神経を擦り減らせるっていうか、その日の工作が終わると、どっと疲れるんですよ。

もちろん、依頼者さんから依頼を頂く時は、楽しもうとして依頼を請ける訳じゃなくて、成功させようとして依頼を請けるけど、対象者に接触して復縁工作を進めていけばいくほど、最初に描いたシナリオ通りの展開になっていったり、対象者と復縁以外の話しもする訳で、仕事じゃなくて、本当に趣味の合う対象者がいたりするし、対象者に合わせてキャラを変えて接触するけど、地の方が好かれてたりもする対象者もいて、色んな人との出会いを仕事とはいえ作れるから、純粋に工作を楽しめる時もあるんです。

作り込んだキャラに対象者を嵌める時も楽しいし、対象者と話していると、依頼者がなんで対象者に魅かれたのかな?っていう部分も見えて来たりして、対象者の中には話しが上手な対象者もいるから、対象者の趣味の話しに聞き入っちゃったり、復縁工作をしていると、この仕事って楽しいんだから、稼働しないって損だよな!!って思う時もあるんです。

普段出会う事が絶対に無かった人と接点を持てるキッカケを作ってくれるのが依頼者さんだったりして、良い出会いを作ってくれた依頼者さんに報いてあげたい!!って思うのも、人として普通だと思うし、依頼者さんから対象者とずっと友達でいてもらえませんか?って言われる事もあるけど、言われなくても依頼者さんがまた別れない様にする為に、(株)ジースタイルではアフターフォロー期間無制限になってるのは、対象者との関係を作ったら、無理に対象者と縁を切る必要もない訳で、プライベートで飲みに行ったりは殆どしないけど、そうやって関係を作れるから工作が楽しいし、依頼が終わった後に対象者から連絡が来て、依頼者さんと結婚する話しを聞いたりとか、対象者が亡くなってお葬式に呼ばれたりとか、接点を持てた人達の人生が、自分が関わる事で変わっていく様を見れるのは、この仕事をしてて良かったって思えたり、楽しい!!って思えるところだったりするんですよね。

依頼者さんの情報を、対象者から聞き出して、対象者に心理誘導がバチッ!!と決まった時は快感だし、復縁成功しそうな時は少し気が抜けちゃう事もあるけど、復縁成功した時の嬉しさは復縁工作に携わった人じゃないと分からないですよね。

現役復縁屋って、復縁出来ない人ってぶっちゃけ少し話せば分かるんですよ

復縁工作の経験が増えて来ると、色んな人生経験をする訳で、工作員として対象者に接触して話しを聞き出していくと、依頼者さんと対象者がどんな風に付き合っていたのかな?っていうところが想像出来るようになっちゃうんだよね。

復縁工作の経験が無い時って、面談に同行したり、依頼者さんの話しを聞いて、え!?こんな酷い状況の人でも復縁できるの?

『嘘っぽーい!!』って思った事もありました。

ぶっちゃけ、復縁屋に入る前は、ちょっと復縁屋を詐欺じゃないか?って疑ってたし、何だったら工作員って…って思ってたりもして、詐欺紛いの事をするならすぐ辞めよう!!って思ってたけど、やってる事を見て行ったら、想像してたのと全く違ってました。

状況が悪くないって思える依頼者さんからの依頼を断る時があって、なんで成功しそうなのに依頼受けないの?って上司に聞いた事もあったな~…

今にして思えば、上司の判断は正しくて、今の私でも、その時の案件は断ってたと思うけど、当時の私は、復縁工作の経験も少なくて、見るところが全然違ってたってのもあるよね。

復縁って、状況はもちろん大切だけど、依頼者さんが協力的じゃない人だと、復縁工作の依頼を請けても上手くいく訳がないんだよね…※参考ブログ:復縁の基本的な考え方を覚えて頂く為の復縁ブログ

復縁屋に相談したり、面談で直接会って話を聞く時って、依頼者さんにしてみれば、復縁屋に騙されないように気を付けないと!!とか、契約を強要されたらどうしよう!?とか思うみたいなんだけど、復縁屋側にしてみれば、依頼者さんがちゃんと復縁に向き合おうとしている人なのか?を判断する時間でもあるんですよね。

もちろん、復縁工作をちゃんとやってる会社の場合だけで、詐欺紛いの会社や悪質業者にしてみれば、相談や面談はお金を依頼者さんから取る為のものになってるかもしれないし、そこに関しては他社を知らないから分からないけど、他社に騙された…って泣きついてくる依頼者さんの話しを聞いてると、そんな感じに聞こえちゃう。

復縁工作のスキルが上がって来ると、相談や面談を請けてる時も、依頼者さんの人間性を見ちゃう癖が付いちゃって、対象者の情報はもちろん大事だけど、依頼者さんがどんな人なのか?を見ちゃうから、依頼者さんがどんな人なのか?を見抜く力が付いて、依頼者さんと話してると、別れを告げられた理由とかも分かる様になっちゃうんだよね。※参考ブログ:【別れの本当の原因】を分かっても理解せずに復縁活動を続けたところで復縁出来ません。

その上で、面談で直接話を聞いていると、あー…この依頼者さんは…ってなるし、状況が良くても復縁出来ないだろうな…って思える人は多いし、自分で気付けないだろうな…って思える人も多いよね。

面談してると、復縁工作で培われたスキルを勝手に使っちゃうから、復縁出来ない人って直ぐに見抜けるようになっちゃうし、対象者と接触しなくても、この依頼者さんは復縁絶対に無理だ…って気付いちゃうんですよね。

復縁絶対に無理だ…って依頼者さんから依頼を請けちゃうと、いやらしい話しだけど、給料にも直結しちゃうから、依頼を請けられないし、依頼を断る事になるんだけど、復縁出来ないタイプの人って、自分が復縁出来ないタイプだって自分で気付けないっていうか、『復縁出来ないと思いますよ!!』って伝えると、自分が復縁出来ないタイプって気付かないで、復縁屋の技術が無い!!って思っちゃう人達なんだよね。

復縁屋に技術があろうと無かろうと、復縁出来ないタイプの人は復縁出来ないのに、そういう依頼者さんって自分が悪い!!って思えないから、『復縁出来ますよ!!』って言ってくれる悪質業者に依頼しちゃって、数か月後にまた連絡が来て、『騙されました!!』っていう話しをして来るけど、それを言われても…って思う以外に出来る事はないんですよね。

『だから復縁出来ないって言ったのに!!』って、言っちゃうけど、『復縁出来ないって言ってくれたのってジースタイルさんしかないから、ジースタイルさんは技術が無いって思ってたんです!!!』って言われるけど、痛い目を見ないと分からないよな…ってなるし、こればっかりは復縁出来ないタイプの人を見抜けたところで、止める手立ては何もないんですよね…

ウチの会社だけが復縁出来ないって伝えるって、そういう依頼者さんが何社に問い合わせたのか分からないけど、他社はどんな人達が面談してるのか不思議でしかないですよ。※参考ブログ:素直に話しを聞ける復縁できるタイプの相談者様になれなければ復縁出来ないのは確定してしまいます。

復縁屋に頼っても復縁できない人の特徴って共通してるんだけど、復縁出来ない特徴を持ってる人って、なんで付き合えたんだろう?って疑問に思える事もあって、依頼者さんの人間性の問題が復縁成功率にも影響するから、復縁屋を値踏みしてる人って、そもそも復縁出来ないよね。

面談とか相談で、値踏みされるのは依頼者さんなのに、自分が選ぶ側って勘違いしてる人って、付き合ってる時もパートナーと勘違いした付き合い方をしてただろうし、勘違いした付き合い方をしてた事に、別れた後も気付けないんだから、復縁工作を実行に移したところで復縁出来ない事が確定してるし、心理誘導しようとしても、対象者がどれだけ依頼者さんの事を嫌ってるかも分からないんだから、それが分かっちゃう依頼者さんって話せば直ぐに分かるよね。※参考ブログ:メールやlineでご相談頂く際に復縁出来ない特徴が出ている相談者様からの復縁相談を復縁屋は断ります。

現役の工作員として復縁工作してた時に一番楽な案件と難しかった案件

現役の工作員として、復縁工作をしてた時に、一番楽だった案件は、最短で8日間で復縁成功した案件でした。

その案件は、依頼者さんに復縁工作をしなくても復縁出来ると思いますよ!!って何回も当時の担当者が説明したみたいなんだけど、保険を掛けたい!!っていう気持ちが強かったらしくて、お金を掛けるのは勿体ない事や、どうすれば復縁出来ると思うって話しを面談の時にしたみたいなんだけど、『お金じゃないんです!!絶対に復縁したいんです!!』って押し切られちゃったみたいで、こっちにしてみれば成功率が高くて給料に反映する案件だから嬉しい限りだけど、当時の担当者は、依頼者さんの事を考えたら、請けるべきじゃない!!って判断で、お断りしてたけど、結局依頼を請ける感じになった案件なんですよね。

最短記録は未だに他の案件でも破られない位の記録だけど、当時は他の担当者とか工作員に『何をしたらそんな早く復縁できたんだ?教えろ!!』って詰め寄られる事も多くて、内情を説明したら、『なんだそんな事か…それで成功率が上がるのズルいな!!』って言われちゃって、対象者と別れたって言っても、ケンカで一週間位疎遠になっただけの案件だったから、対象者に仲直りしてあげなよ。って言うだけみたいな案件だったから、社内でブーイングが凄かったのは覚えてるんです。

その案件は、成功率は確かに上がったけど、担当者が成功報酬は本当に頂けないから勘弁して欲しい。って話しをしたみたいで、成功報酬は頂けなかったけど、成功率が上がったからラッキーな案件だったかな。

逆に、復縁工作で難しかった案件は、対象者が女性に目が無い対象者で、本人もセックス依存症って言ってた案件で、対象者と女性工作員が接触して、私はその女性工作員の彼氏役だったのに、対象者が私の事を気に入ってくれて、デートして欲しい!!って言い寄られた案件があって、女性工作員と付き合ってる設定なのに、この対象者マジか!?って思った案件がありました。

もちろん、こちらには対象者に対する愛情なんて微塵も無いし、工作じゃなければ会う理由が無いけど、向こうから好意を持たれちゃって交わすのが大変で、依頼者さんとの復縁をさせないといけないのに、交わすのが大変で、依頼者さんと復縁した後も連絡が来るし、完全に忘れてもらう為に、lineをブロックしたんですよね。

男性としては嬉しい事だし、何でも言う事を聞いてくれるようになったから、復縁成功には繋がったけど、依頼者さんの心理も複雑だろうし、私の心情も複雑だったし、なんとも言えない案件だったよね。

そういうのがあるから、対象者に異性の工作員を接触させる方法は、(株)ジースタイルでは推奨されないのはあるけど、その当時は仕方がない方法だったんです…

ぶっちゃけ復縁屋の給料って良いと思います?

復縁工作とか、工作員って言うと、すごく特別な人達っていう印象があると思うし、私も工作員の仕事をする迄は、闇バイトみたいな感じとか、ブラックなイメージがあるから、給料が高いイメージがあって、給料が高くても詐欺紛いの事をしてるなら、直ぐに辞めよう!!って思ってたし、復縁工作の料金って高いんだから、結構いいお給料もらってるんじゃない?なんて言われるけど、成功率の順位で一位になってる事が多かったから給料はそこそこ良い給料をもらってたけど、最初に探偵になった時の給料なんて本当に酷くて、給料が1円ももらえない事だってあったんです。

私は、最初は復縁屋とかの工作の探偵じゃなくて、浮気調査とか人探しの探偵をしてて、そこの給料は、浮気調査で証拠を押さえなければ依頼者さんから報酬をもらわない様な探偵会社だったから、東京から九州に浮気調査の仕事で行っても、経費も請求出来なくて、給料が1円ももらえないどころか、会社に経費請求してももらえなかったりで、働けば働くほど、マイナスになっちゃうような探偵会社だったんですよね。

浮気の証拠を撮影出来て初めて報酬が発生するシステムって破綻してない!?って今だから思うけど、その当時はそれが普通だと思ってて、何度も大阪まで自費で撮影しに行ったりして、行けば行くほど自腹だから、行きたくない!!って言うと殴られる会社だったんです。

それでも月給にしたら、証拠撮影も出来てた案件もあったから、30万円前後の給料だったけど、今思うと以前に働いてた探偵社の方が給料も安かったし、働いてる会社がブラックだったし、依頼者さんにしてみれば完全成功報酬だから、浮気してなくても、『浮気してると思います。』って言えば、調査せざるを得なくて、浮気してないのに、浮気の証拠を撮影しに行って、何も無かった時は請求出来ない探偵社って会社としておかしいんじゃないか?って感じます。

辞めてから何年かしてからネットで検索してたら倒産してたし、その当時の探偵はもう探偵をやってない人が多いし、よくあの会社で働いたな…って思えるような探偵会社だった事を考えたら、今働いてる会社は、当時と比べれば給料も良いし、社会保険とか福利厚生もシッカリしてるから、安心して働けるっていうか、依頼者さんの為に頑張って、成功させたらキチンと社員に反映させてくれる会社だから、やる気が全然違います。

探偵社って、浮気調査の料金とか、価格競争みたいになって、結局何日も浮気調査に料金を掛けると、実は復縁屋の着手金より高い!!なんてところも結構あるけど、そういうのを知らない依頼者さん達は、復縁屋って高いお金を取るんだから、結構いい給料もらってるんでしょ?なんて言われるけど、前に働いてた会社よりは高いけど、普通の給料だと思いますよ。って給料の内訳を話すと、そこまで良い給料をもらってる訳じゃないんだね。って思ってくれるみたいです。

今の復縁屋業界は、浮気調査の料金みたいに、稼働回数制で価格競争になって来てて、空振り続きになって、最初に払った着手金から追加追加の請求が止まらなくて、依頼者さんは稼働回数制の業者に依頼するのは、実は損なんだ…って気付ける人は少ないみたいなんですよね。

目先の料金が安いから依頼しちゃって、結局後から追加追加で請求されて、復縁まで辿り着かないんだから、後になって(株)ジースタイルに最初から依頼しておけば良かった…っていう人が多いんだよね。

そう考えると、復縁屋で期間制の料金システムで働く工作員とかの給料って、期間を決めて稼働しないといけない訳だし、成功率を求めたら、稼働回数制の業者よりも必然的に多く稼働しちゃうから復縁屋の給料ってぶっちゃけ、そこまで良い給料とは言えないって分かると思いますよ。

現役で復縁工作をしていた時は、ぶっちゃけ失敗例もありましたよ。

現役で復縁工作をしている時、100%成功させられる訳じゃないし、失敗した案件ももちろんあるけど、復縁工作が失敗する時って、依頼者さんと対象者の話しが食い違い過ぎる案件が多くて、面談の時に依頼者さんから聞いた話しと、対象者に接触して聞き出した話しと全然違う事が問題で、全然違う話しが良い方に作用してるなら良いんだけど、そうじゃない時の方があって、対象者に接触して話しを聞き出していくと、依頼者さんからは付き合っていた!!という話しが、対象者から話しを聞き出していくと、付き合った形跡が全くない時に、えっ!?ってなっちゃいます。

対象者の中で、依頼者さんの事をなかった事にしたいのか、それとも本当に付き合った形跡がないのかは分からないから、対象者に接触を繰り返すけど、依頼者さんが付き合ってたっていう時期に他のパートナーがいた事が発覚した時に、表面上は動じてないけど、心中穏やかじゃないっていうか…

3年付き合ってました!!って言ってた依頼者さんの事が出て来ないなんておかしいな…って思って、依頼者さんに確認しても、『ちゃんと付き合ってたのにおかしいですよね…』って言うんです。

工作員は依頼者さんから聞いた話しを元に工作を進める訳で、依頼者さんの話しを信じなければ復縁工作の依頼を請けられないから、依頼者さんからの話しを信じて進めていくと、依頼者さんからの情報に違和感があった事に気付いて、依頼者さんに質問すると、違和感が更に広がる感じになるケースもありました。

違和感を持った状態で、対象者に接触すると、依頼者さんとの恋愛の話しじゃなくて、依頼者さんが対象者に付き纏ってるような話しが対象者から出て来た事があって、あれ!?これって依頼者さんが勝手に付き合ってたって思ってるだけで、対象者の中では付き纏われて迷惑を受けてるって話しだから、依頼者さんの話しと対象者の話しが一致しないのかな?っていうケースもありました。

対象者の話しを突っ込んで聞いてみたら、依頼者さんの人物像らしい人が出て来て、その人が付き纏って怖いから、助けてもらった相手を好きになっちゃって付き合う事になった。っていう話しが出た時に、依頼者さんが付き合っていた。って言ってた時期と被るし、依頼者さんに確認すると、『やっぱりストーカー扱いされてましたか!!』って言い出す始末で、ストーカーの手助けをしちゃった案件なんて、最初から失敗前提の案件だったじゃないか…ってなりました。

そして、『ストーカーからの依頼は請けられないって説明しましたよね?』って説明すると、『ちゃんと付き合ってたとは言えないかもしれないけど僕的には付き合っていたと思うんです!!』っていう返答が来て、ヤバい…この人本物のストーカーだった…ってなって、契約解除させて頂いて、失敗に終わりました。※参考ブログ:都合の良い解釈をするストーカーの考え方なので彼氏(彼女)に恐怖を与えて拒絶されるのです。

ストーカーは、本当に会話が成立しなくて、言ってる事がおかしい事にも気付いて貰えないし、考え方が本当に特殊で、悪い事をしてる自覚が無いのに、依頼前に『ちゃんと稼働してくれるんですよね?』なんて確認して来てて、ちゃんと稼働してたら、ストーカーの手伝いをしちゃってた…っていう失敗事例もありました。※参考ブログ:ストーカー扱いされない様に元カレや元カノの気持ちを考えて復縁活動を行っていますか?

ぶっちゃけ復縁工作の料金形態ってどうなの?現役復縁屋が明かす復縁工作の料金形態のホントとウソ

復縁屋を探してると、期間契約の会社と、稼働回数契約の会社が大まかに分けると二つのプランがあるけど、他にも、コミコミプランとか、一律料金で承れるとか、完全成功報酬制とかがある事に気付くと思います。

復縁工作を実際にやってみると分かると思うし、何だったら探偵の真似事をして、尾行や張り込みをしてもらうと分かるんだけど、対象者って、依頼者さんが思ってるような動きをしないから、稼働回数を事前に定める契約って、そもそも復縁工作が上手くいく訳ない事を分かって欲しいな!!と、現役で工作員をやっていると思うんです。

コミコミプランとか一律料金って、対象者の移動が自家用車で動くのか、電車移動、自転車移動によっても料金が変わらないとおかしいんだから、それって最初から破綻してない!?って分かると思うし、復縁工作を完全成功報酬制で請ければ、私が以前に働いていた探偵社のように、成功しない案件で工作員や調査員の人数を使って稼働してたら倒産しちゃうよね?ってのも分かると思います。

依頼者さんから説明を受ける状況と、実際に対象者に接触して状況を確認させて頂いた状況、依頼者さんが持ってる情報量の差とか、復縁工作の料金って事前に決めづらいところがありますよね。

状況によって復縁工作って、方法が変わる訳だし、方法が変わるのに、料金が変わらないっておかしいと思うでしょ?

それに、対象者に実際に接触してみた時の反応によっても、対象者と人間関係を作らないといけないんだから、対象者次第で料金が変動しないとおかしい話しになるでしょ?

それなのに、『あなたの状況なら、一律プランに当て嵌まるんで良かったですね!!』って、『いやいやいやいや…そんな都合の良い話しないでしょ…』ってなる訳で、同様に、『あなたの状況なら〇回の稼働回数で成功すると思います!!』って、現役で復縁屋の工作員をやってるなら、『はぁ~!?』ってなるものなんですよ。

社名は出さないけど、一律プランとかコミコミプランで依頼が出来るとか、稼働回数を何回に決めて復縁工作の依頼をしましょう!!って言う復縁屋って、マジ!?って思うんです。

だって、対象者と工作員って契約する前なんだから会った事もないんだよ!?

それなのに、何回稼働すれば復縁出来るか分かるっての!?

やばーーーーーーーーーーー、メッチャ嘘吐きじゃん!!!って現役復縁屋の工作員をしていると思うのです。

結局、稼働制の会社に依頼して、何もしてもらえなくて復縁工作の契約が終わっちゃった…っていう依頼者さんから相談を受けて、私が復縁工作ってどういうものか?を説明すると、『確かにそうですよね…』って言う人が多くて、依頼者さんが冷静じゃなくて依頼しちゃった…っていう気持ちも分かるけど、そういう依頼者さんから話しを聞いてると、『復縁工作全然やってないじゃん!!!』ってなるんです。

そして、復縁工作をやってない復縁屋が依頼者さんにアドバイスをしてる内容を聞くと、えっ!?復縁知ってるの?本当にプロなの!?っていうアドバイス内容で、依頼者さんには申し訳ないんですけど、依頼者さんから話しを聞いて、『冗談ですよね?』って、何度吹き出した事か…

もうね…えっ…?って思う様なアドバイスをして、連絡しても連絡が取りづらいみたいで、稼働回数制の会社って、稼働回数を消費させる依頼を請けてるんだから、依頼を請けた後に依頼者さんと連絡を取り合う必要ってないんだ!!って事に気付いて、稼働した後の報告も一週間後とか、一ケ月後とか、もうね…復縁工作を本当に理解してるの?って聞きたくなる会社も多いんですよね…

稼働制の業者は期間にこだわらないから、アドバイスをする必要もないし、キチンとアドバイスも出来なくて、復縁工作をやってる体だけ作ってるから、これが復縁屋だ!!!って言われたら、復縁させようとしてないのに、復縁屋を名乗ってるの?ってなるんですよ。

成功報酬制の復縁屋なんて、結局預り金とかで着手前にお金を取ろうとするし、なんやかんや理由を付けて契約前にお金を払うんだから、着手金と変わらないのに、そういう手口で依頼者さんを騙そうとしてるんだな…ってなると、同業者と呼ばれたくないな…って思うけど、復縁屋を名乗るし、料金形態を見るだけでも悪質業者か、そうでないのか判断出来るよね。

ぶっちゃけ、復縁工作が出来ないところは言う事だけは立派

ぶっちゃけ、復縁屋って以前は稼働しない復縁屋が多かったんだけど、アホな事を言っとる!!っていう会社がとても多い業界なんですよ。

プロだから大丈夫だろう!!!っていう理由で復縁屋を判断したらダメで、コンプライアンスがどうたら~法令遵守がどうたら~株式会社じゃないとどうたら~とか、復縁とは全く関係ない能書きばっかりの復縁屋って多くて、コンプライアンス、法令順守、これは当たり前の事だから!!!って思うし、株式会社じゃないとダメ!!とか、登記簿に復縁屋が入ってないとダメ!!!とか、それって復縁関係ないじゃん!!!っていう事を真顔で依頼者さんに説明する復縁屋が多いんだよね。

復縁工作の依頼を請けて成功した経験がないから、復縁を語れないんだろうけど、だからといって、復縁屋を名乗ってるんだから、もう少しまともな説明をしなさいよ!!!って思う事が良くあって、前に聞いた復縁屋の話しだと、依頼者さんがパートナーlineを送ったけど、返って来なくて…っていう相談をして、そこの代表者が、『私が作った文章を送れば返信が返ってきますよ!!』って自信満々に、依頼者さんにメッセージを作って送らせたところ、既読スルー…ってなって、『おかしいな…なんでかな…』って言いながら、奥の部屋に引っ込んで、戻って来なかった。っていう話しを聞いた事があります。

ギャグか!!!って思いましたよ。

そして、その内容を見させてもらって、私が送る内容を作らせてもらって送ったところ、返信が来る。

その復縁屋は、代表者が面談をしないとおかしい!!ってホームページにも書かれているけど、そこの代表者超使えないじゃん!!って、(株)ジースタイルの社内で笑われてました。

その代表者は自分が表に出るのが好きみたいで、今も動画とかに出演してるけど、動画に出て説明してる内容が酷くて笑えるし、自分の事を神アドバイザーとか言ってるから、笑えるを通り越して呆れる…になってるけど、ぶっちゃけ、復縁工作が出来ないところほど、言う事だけは立派なんですよね。

ちなみに、そこの会社に復縁工作の依頼をすると、調査だけはやってくれるけど、対象者にスタバで水を溢して接触するとか、明らかに不自然な方法でしか接触する方法を提案して来ないけれど、その工作方法すらも実行してくれない稼働回数制の会社って事を覚えておいていただくと、そんな会社に依頼しちゃダメだ!!って事にも気付いて貰えると思いますよ。

ぶっちゃけ復縁屋の社長が書いてるブログ見てると笑っちゃうよね

時間がある時に、他社の社長が書いてます!!っていう復縁屋のブログを読んでると、全然復縁の事分かってないじゃん(笑)っていうブログが結構あって、この人マジか!?って思う社長ブログしかないよね。

良くこれで復縁屋の社長になれるな…って思うし、よっぽど優秀な人材が揃っていて、社長さんはお飾りなんだろうか?って思える社長ブログしかなくて、インタビュー受けてる内容とか、社長がブログ書いてます!!っていう記事とか、読めば読むほど、『復縁工作した事ないだろ!!』って、ツッコみしか入らない社長ブログばかりで、そんな社長ブログを書いてるから、依頼者さんが、『おかしい!!この人が社長の復縁屋なんて成功しないでしょ!!』って依頼してくれないんですよ。って教えてあげたいと思ってます。

こんなの読んで依頼する人なんているの?って思ったりするんだよね。

でも、テレビ出演とか、雑誌のインタビュー受けてるとか、ってだけで皆信じちゃうから、中身を見れないっていうか、復縁屋の中身を知る機会が少ないから、契約しちゃって後で泣きをみる…なんて事もあるし、依頼して失敗した後に、『あの復縁屋って悪質なんですかぁ?』って相談受けると、『はい!!』って声を大にして伝えたい時もあるんです。

依頼者さんに、『何で契約しちゃったの?』って聞くと、担当者から、『テレビに出てたから安心して依頼して大丈夫ですよ!!』って言う復縁屋もあるみたいで、『復縁とテレビに出てた事って関係ないじゃないですか…』ってツッコミを入れなきゃいけなかった事もシバシバありました。

テレビに出演してる!!ってだけで、復縁屋からの話しをちゃんと聞かずに契約しちゃう人って、結構多いんだな~なんてよく思ったりしました。

ぶっちゃけ復縁屋なのか、インターネット事業なのか分からない復縁屋って多いよね

最近ってランキングサイトも増えて来て、令和5年の10月から施工されたステマ規制法で、ランキングサイトを自作している復縁屋は、PRを付けて自作自演してる事を表示しないといけなくなりました。

PRの内容を隠してるランキングサイトを制作してるサイトも多いけど、PRの内容を見ると、業者から見返りがある事が明記されていて、自作自演のステマサイトを作ってますよー!!って宣伝してるから、自作自演がバレバレです。

ランキングサイトなんて作る暇があるなら、復縁工作をしなさいよ!!って思うけど、どうにかして集客を増やしたい!!っていう会社が多いみたいで、SNSで誘導したり、ランキングサイトを作ったり、インターネット事業なのか、よく分からない復縁屋って多いよね。

ランキングサイトのリンクをクリックすると、1位の業者が作ってる事に気付くし、毎日のようにそういうホームページを量産していくのが仕事って、探偵なの?って思うんですよ。

よくもまあ…って感心しちゃうし、探偵なのか、ホームページを作る会社なのか分からない位にホームページを量産して、ネットの知識がない人からすれば、自作自演した評判や口コミに騙されて、優良な復縁屋だ!!って勘違いしちゃう人がいてもおかしくないですよね。

ネットの知識がない人を誘導して、騙して契約しよう!!!っていう魂胆が見え見えだけど、そういう業者の手口に引っ掛かっちゃう依頼者さんが多いみたいで、ランキングサイトの1位から3位の業者に相談して、安い業者に依頼したけど、失敗したんです!!!って相談を受けて、1位の方が良かったのかな?って言う人には、『いやいやいや…1位から3位の会社ってグループ会社なので、そのランキングサイトの1位から3位のどの業者に依頼しても失敗してたと思いますよ。』っていう話しをさせてもらってます。

復縁工作で対象者を誘導するなら分かるけど、ネットで依頼者さんを自社に誘導する手口を使って、成果を出してるなら良いけど、成果を出してないんだから、もう少し復縁工作の技術を磨きなよ…って思うんですよね。

インターネット事業にばっかり力を入れて、復縁工作の事業に力を入れてない復縁屋には十分に気を付けて欲しいところですよね。

過去に復縁屋とかやってました!!っていうブログって、ぶっちゃけどうなの?

過去に復縁屋で勤めてたとか、復縁屋の元工作員っていうブログとか、SNSのアカウントって、アレ、全部嘘だって気付いてます?

依頼者さんと話してると、それに気付いてない人が多いみたいで、なんでわざわざ辞めた業種のことをアピールすると思うの?って不思議に思うんです。

悪質業者の被害を防ぎたい!!って書いてあったりするけど、どこぞの業者に誘導して、『あんたが悪質業者の被害を増やしてるじゃん!!(笑)』って、なるけど、依頼者さんは復縁屋の内情を知らなくて、内情を知りたい依頼者さんは、元工作員とかの話しを聞いてみよう!!って思っちゃうみたいなんです。

『それ、手口ですよ…』って教えてあげられればいいけど、大抵、そういう偽工作員の手口に引っ掛かってて、質問したら返って来る言葉を疑ってはいるけど、復縁屋の内情を知らない人は、『なるほど!!』ってなっちゃうみたいです。

そして、内情を知ってる私達のような復縁屋に相談するのではなく、メリットがないような感じで接するので、わざわざ教えてくれた親切な人!!という印象が残るみたいで、悪質業者に誘導されて、依頼しちゃった事を認められなくて、後悔してるけど、親切な人が教えてくれただけで…と、本当は薄々誘導された事に気付いてるのに、誘導されてる事を認められなくて、復縁を諦められないけど、復縁を諦めなきゃいけない結果になってる依頼者さんもいます。

過去に復縁屋をやってました!!っていう人って、『今もやってるでしょ(笑)』と見て正解です。

内情を知ってる復縁屋だからこそ、書けるけど、現役復縁屋がどんな復縁屋に依頼すれば良いか?と思う事と、現役じゃない復縁屋が説明する復縁屋の選び方は、全然違うんですよね。

依頼者さんも、まともな復縁屋を探すのに一生懸命ネットとかで口コミ拾ったり、色んな復縁屋に相談したり大変だと思うけど、その手間を省いて復縁屋に依頼しちゃえば、悪質業者の餌食になるけど、復縁屋の情報操作には気を付けて欲しいな~と、ぶっちゃけ思うのです。

ぶっちゃけ、老舗って呼ばれる復縁屋の言ってる意味が分からない

ぶっちゃけ、復縁屋の業界には、大手の復縁屋はないけれど、老舗の復縁屋はあります。

老舗って古い会社や古いお店を指すけど、古いから優良業者!!って思うのは危険極まりない事は分かりますよね?

船場吉兆の事件も然りだけど、復縁屋の業界で、稼働しないかもしれない…っていう印象を依頼者さんが持っている理由って何でだと思いますか?

それは、老舗の復縁屋が稼働しなかったからであって、老舗の復縁屋ってウナギ屋みたいに、タレを付けたして運営するものじゃないし、詐欺紛いの事を繰り返し行ってた結果としてあるだけで、詐欺紛いの事を繰り返し行っていた実績って、詐欺紛いで更に法律の抜け穴を利用した詐欺会社って事になるんです。

老舗の鰻屋のタレって、元々美味しいタレを作ってるから美味しいんだけど、復縁屋の老舗って美味しいタレの作り方を知らないところが多くて、老舗の復縁屋が進化させたものが、今稼働回数制の業者のやり口で、稼働回数の契約をしてるから、稼働したら詐欺にならないよね?っていう手口で、詐欺の進化版としか見えないのが老舗の復縁屋のやり口にもなってるんだよね。

私は、老舗の復縁屋で失敗した方からの依頼を沢山頂いてたけど、『高いお金払ってるのにアホか!!!』って思う様な方法ばかり提案されていた事を知ってます。

私は、老舗の復縁屋の話しを聞くと、本当にアホな事ばっかり言ってるな~って思ってて、そういう復縁屋の社長が書くブログだから、アホな事が書かれてるんだな~って呆れてたりするんです。

アホな事を言ってる復縁屋に話を聞こうとすると、『企業秘密です。』とか言ってたりするようで、方法説明出来ない方法を提案する復縁屋に依頼しちゃった人達って何で!?って思うんですよ。

コロナ全盛時の時って、ぶっちゃけ復縁屋の成功率ってどうだった?

令和元年の蔓延した新型コロナウイルスで、世界中がコロナウィルスに怯え、自宅謹慎、不要不急の外周を控える動きになり、当時張り込みをしていても、人の出入りが全くない状況でした。

調査員も工作員も対象者が出て来ない事には何も出来ないし、依頼を請けて稼働してみて初めて対象者の動きが分かるから、対象者がコロナを気にせず外出するタイプなのか?も事前に分からなくて、依頼を請けて張り込みしに行っても、対象者が出て来ない…って事になって、どうにも出来ない状況になって、返金させてもらったり、会社としても結構大変だったみたいです。

そんな時に、とある復縁屋のホームページには、復縁工作の成功率が上がるチャンス!!って書いてあるのを見掛けて、絶対嘘だって稼働してたら分かるはずなのに、悪質だな…っていうか、世の中が緊急事態に陥ってる時に、詐欺みたいな事をして、お金儲けを考えるなんて、卑劣極まりない!!って思ったりもしました。

対象者が外出しないんだから、誰がどうやってもやりようがない事だし、やりようがない事を分かっていながら、騙してお金を儲けようとする復縁屋には怒りがふつふつと湧いて来たのを覚えてます。

同業者として恥知らずだと思うし、コロナで世の中が不安になってる時に、不安な気持ちを悪用するなんて、依頼者さんの味方になって復縁させようとする姿勢が全く見えないよね…

(株)ジースタイルは正直に伝えるけど、あの当時、依頼者さんには出て来ない可能性がある事も話して、接触も拒絶される可能性もある事とか、リスクについて良く話してました。

その上で、対象者の安否を確認したいし、対象者がコロナに対してあまり深く考えないタイプなら成功させる方法は出せるかもしれないけど…って、説明して、コロナ全盛期の時は、ぶっちゃけ成功率が上がる訳がなかったかな。

正直に話す事が依頼者さんに対する誠意だと思ってるけど、そうじゃない考えを持ってる復縁屋も多いから、コロナだけじゃなくて、コロナが落ち着いた今だからこそ、依頼者さんに対する誠意がちゃんと見える業者選びをして欲しいと思ってます。

復縁屋で株式会社のヤバい会社をぶっちゃけ知ってるかな?

何年も前から、詐欺紛いの事を繰り返してる復縁屋で株式会社のところがあるんだけど、そこの手口がヤバすぎる!!

ココナラっていうサービスで、復縁屋の選び方を教えます!!みたいなのがあって、そこに有料で相談すると、詐欺紛いの復縁屋に誘導されて、詐欺紛いの復縁屋に話しを通しておきました!!みたいな事を言って、契約まで進めます。

ココナラで有料相談を受けて、更に復縁屋で株式会社の詐欺紛いの会社に依頼しちゃってお金を騙し取られちゃって、手が込んだ詐欺の手口を使うんだけど、復縁屋の内部事情を知らない人にしてみれば、外部の人に相談して、勧められただけ!!っていう印象を受けるみたい。

復縁屋で株式会社の会社のヤバいところは、3回稼働すれば復縁させます!!みたいな話しをしてくるみたいで、中には、状況が悪いからっていう理由で、4~5回の稼働が必要です。みたいな事を言われるみたいなんです。

方法は企業秘密で、企業秘密の方法を使うから、1稼働の単価が稼働回数制のどこの業者よりも高くて、1稼働30万円前後、経費は別途で請求されて、経費の請求も領収書も見せなくて、車両代、燃料代、コインパーキング代を請求されるのに、なぜか交通費と称して、電車賃まで請求されるみたいで、依頼者さんのお金を理由を付けて請求しまくる悪質業者なんです。

3回稼働したら復縁できます!!!って、そんなバカな話しあると思いますか?復縁屋って超能力者じゃないんですよね。そしてもちろん催眠術師でもない!!※参考ブログ:気持ちや状況の整理をする事で復縁したいなら何をすべきか分かります。

いくら依頼者さんが、復縁したくて精神的に落ちてる状態だからって、3回稼働して復縁出来ますよ!!って言われて納得しちゃう理由もよく分からないけど、3回稼働して復縁出来ちゃうなら、3日もあれば復縁出来るって事だから、依頼者さんは自分がどんな別れ方をしたのか、よく考えてもらいたいんだよね。

復縁方法を企業秘密とか言って教えてくれないのって、サービスとして成り立ってないし、何をするから、どの位のお金が掛かるんですよ。って、説明出来るものがあるからお客さんはお金を払うのが普通なんですよ。

復縁に特別な方法なんてないし、復縁は基本に忠実に動くからこそ可能性を上げる事が出来るもので、復縁屋で株式会社で運営してる会社の中には、本当に本当に酷い悪質業者があるんで、注意してもらいたいんですよね。

復縁工作の事ならぶっちゃけ任せてもらった方が成功率は高いですよ。

私は、自社の宣伝をする為に、この記事を書いてるんじゃないけど、復縁屋の中には悪質業者って呼ばれる復縁屋が多くて、悪質業者は調査や工作の技術を上げるんじゃなくて、ネットでどうにか集客する方法ばかり考えてます。

だから面談して依頼を検討すると、『その後復縁を諦めました?』とか、営業のメールや電話が来る業者が多いみたいで、復縁って依頼者さんが決意するから成功する可能性があるもので、依頼者さんに誰かが、『復縁した方が良いよ!!』って勧められて復縁を目指しても、復縁できるものじゃないのは分かると思うんです。※参考ブログ:復縁活動を継続させるかを決めるのは復縁したい相談者様が決める事ではないって気付いていますか?

そういう基本的な事を知らない復縁屋に依頼しても、優しい言葉は依頼前は沢山かけてくれると思うけど、本当に復縁出来るか?って言われたら、疑問が沸かないとおかしいんですよね。

私は、今は部下を育てる立場になって、現場で復縁工作をしていた本当の現役とはちょっと違うけど、現役で工作員をしてる時は、復縁工作の成功率にかなりの自信がありました。

社内でも、成功率がトップになって表彰された事もあるし、成功率がトップだから他の人達よりも給料は少し多かったのも自信となって、今は現役から退いたけど、今度は部下の教育をしていって、これから復縁工作の依頼者さんになる人達の為に、陰ながら協力させてもらう立場にもなってます。

担当者としては、まだまだ案件に携わる事になるけど、他社で失敗した案件も何度も成功させて来たし、そのノウハウやテクニックを心血注いで部下に教えるようにしています。

復縁工作の成功率を上げるには、依頼者さんとどれだけ打ち合わせを繰り返す事が大切なのかも分かったし、部下には現場ではどこを見て、何をするから復縁出来るかを状況に合わせて考えなきゃいけないから、どんな考え方を持って復縁工作に挑めばいいかも、成功率トップを取った私のノウハウを指導しています。

復縁工作は方法さえ分かれば、誰にでも出来る事だけど、誰にでも出来ない事をするのも、復縁工作だったりして、方法を知らない復縁屋が多いのも、この業界の特徴です。

復縁工作の方法を知らない復縁屋には、復縁工作の方法を教えてあげたいけど、復縁屋の多くは、儲けだけを考えていて、依頼者さんの案件を成功させて、wiin-winの関係になろうとしない復縁屋が多いのも事実としてあります。

どこかでかじった復縁の知識とか、ネットにあるような復縁の方法を復縁方法って考える復縁屋も多くて、復縁工作の方法は流出されないから、本当の復縁工作の方法を知らない復縁屋が多くて、依頼者さんは、復縁屋に依頼する時に、本当にその復縁屋が、復縁の知識や経験があるか?を判断しなきゃいけないけど、復縁の知識や経験があるかどうかに気付けない事が多いんですよね。

私が現役として得たノウハウを教えられる復縁屋は(株)ジースタイルしかなくて、他の復縁屋にも復縁工作の方法を教えてあげたいけど、それが出来ないから、復縁工作の依頼をするなら、ぶっちゃけ任せてもらった方が成功率は高いですよ!!って言うしかないんです。

-復縁屋
-, , , , ,