復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

気持ちが冷めてしまったのでフラれてしまった時に復縁したいなら冷めた気持ちを取り戻さなければなりませんが、冷めた気持ちを取り戻す前に他の異性に恋愛心を持たれてしまったら…という不安から気持ちを取り戻す行動ではなく、他の異性に恋愛感情を抱かせないように妨害する行動を考える相談者様がいらっしゃいます。

恋人に新たな恋人が出来てしまい、別れさせれば復縁出来るかもしれない!?という考え方と似た考え方になるのですが、気持ちが冷めた状態で恋人に好きな人がいようと交際相手がいまいと、相談者様への気持ちは冷めているのですから妨害しようと別れさせようと相談者様に気持ちが戻る事はないのです。

恋人の気持ちは相談者様に向かっていない訳ですし、気持ちが冷めている状態で他の異性の問題を妨害したところで相談者様に気持ちが戻る事はない事を見ずに妨害行為に頭を働かせる相談者様は多いのですが、その様な考え方だからこそ恋人の気持ちを冷めさせる訳ですし、根本的な考え方が異性との交際が上手くいく考え方ではないので恋人の気持ちも冷めますし、フラれるのも当然という結果になるのです。

気持ちが冷めてフラれてしまった相談者様は何故恋人の気持ちが冷めてしまったのか?という原因を恋人から探そうとするのですが、恋人の気持ちが冷めてしまった理由は、相談者様に問題があり、相談者様に問題がある事を相談者様は考えません。

気持ちが冷めた原因は相談者様に問題があるという考え方に辿り着くと、相談者様が恋人の恋愛を妨害する考え方を持つほど復縁は叶わないものとなり、復縁したくても復縁出来ない状況から抜け出すのではなく、復縁出来ない状況のまま何かを変えようとする人の考え方ではない事に気付くのですが、相談者様は自身の考え方が間違っているという事に気付かないので、結局のところ別れを告げられる理由を作った時と、別れを告げられた時と、復縁したくて頑張っている時と何も変わらない考え方のまま行動しているので復縁出来ない事が決定づけられているのです。

気持ちを冷めさせてしまった原因は相談者様にあり、相談者様が気持ちを冷めさせてしまった原因を作っている事に気付かなければならないのですが、いつまで経っても相談者様は変わらず、相談者様本人の中では復縁活動をしているつもりになって自分は変わった!!と思い込むのですが、傍から見ても恋人から見ても相談者様のとっている行動は恋人を幸せにする為の行動ではなく、恋人を不幸にさせる行動として映るのです。

恋人を不幸にさせる行動を交際時からしていた事がこの事からも分かりますし、交際時から恋人を不幸にさせる行動を取っていたのですから相談者様に対して恋人の気持ちが冷めてしまうのも分かります。

恋人の気持ちを冷めさせるような行動を繰り返していたのですから気持ちが冷めるのは当然ですし、気持ちが冷めた原因を作っている相談者様が気持ちが冷めた原因を変えようとしていないのも明らかなので恋人の気持ちが再び相談者様に向かう事がないのも明らかです。

復縁出来ないのは恋人との関係や状況で出来ないのではなく、相談者様に問題がある事はご理解頂けるかと思いますが、ご相談頂く際に相談者様にアドバイスをしても、その言葉を受け入れない、もしくは受け入れている風を装う相談者様が多く、気持ちを冷めさせた原因は相談者様本人にある事をお伝えしても理解出来ない相談者様にはアドバイスをしても無意味に終わってしまう事が多々あります。

気持ちが冷めた原因は恋人の心変わりでも恋人が他の異性に目移りしたからではなく、相談者様に問題があるから恋人は他の異性に目移りしたり、気持ちが冷めたという自覚がない状態で復縁活動をしたところで恋人の気持ちが再燃する事はないのです。

恋人の気持ちが冷めた状態で本当に復縁したいなら恋人の気持ちを冷めさせた原因を作った相談者様自身の考え方に問題がある事に気付かなければなりませんし、別れの原因の主な理由は相談者様にある事がほとんどで、具体的な理由は異なりますが、相談者様に問題があるので恋人は交際していくのが難しくなった…というのが復縁したくて苦しんでいる原因だと気付けば復縁活動の方向性も変わりますし、初めて復縁の可能性が出てくる事に気付いて頂けると思います。