復縁活動を頑張る方々が頼る復縁ブログには【根拠なき自信を持て!復縁には自信が必要!!】といった言葉が良く書かれています。

根拠なき自信を持つ人が何かを成し遂げる事はありませんし、根拠なき自信を持つ人で成功した人を見た事があるのか甚だ疑問ですが、復縁ブログにはよく根拠なき自信を持つ事が大切だと書かれています。

自信を持つ事は大切ですが全く根拠のない自信を持つ事は復縁に限らず大切ではありません。

ニートや引き籠りはいつか自分は大成する!社会が悪いだけで自分は悪くない!!と、根拠のない自信を持っていますがニートや引き籠りが大成する日が来る事は永遠にありません。

永遠に来ない大成する日を待って自宅警備隊となっているニートや引き籠りと復縁する日が永遠に来ない復縁活動をする人。

両者に共通するのは【いつか〇〇できる日が来る!!】と信じて疑わない強いハートと根拠のない自信です。

復縁したいなら根拠なき自信を持ってはいけないのですが、多くの復縁ブログには【根拠なき自信を持ちなさい!!】と書かれています。

根拠なき自信を持って後付けで自信の裏付けとなる努力をするなら分かりますが、根拠なき自信を持つ人は努力をせずに根拠なき自信だけで復縁しようと考えます。

根拠なき自信は勘違いを生み出し、勘違いから正しい努力に進めなくなり道を誤ります。

勘違いに勘違いを重ね、別れを告げられたにも関わらず相談してくる方の中には『まだ元恋人は私の事を好きだと思うんですけどどうやって復縁すれば良いですか?』という相談をする方もおり、復縁するのは到底難しいと判断せざるを得ません。

相手が相談者の事を好きで自分も相手の事を好きなのに復縁できない。

文章に書けばとてもおかしな事になっている事に気付く人は中々いません。

根拠なき自信を持つ人はおかしな事を言っている自分自身の発言がおかしい事に気付きませんし、発言や発想がおかしいのですから相手からすれば恐怖を感じさせてしまう可能性がある事も気付きません。

気付かないまま復縁活動をしても相手に与えるのは愛情ではなく恐怖になり、恐怖を与える相手が復縁したいと思って頂くのは無理なのです。

根拠のない自信を持って復縁活動をする方には考え方を改めなければ永遠に復縁できる日は来ない事を復縁相談を頂く方皆様にお伝えさせて頂いています。

別れの原因を考えれば自信を持てない事が分かります

別れの原因のほとんどは元恋人が作ったものではなく復縁したい!と悩む人が作ったものになります。

別れの原因を作ったのは自分!と分かっているなら自信を持てる方がおかしいのです。

物を壊した人が『どうやったら壊れるか分かったから次からは壊さないから大丈夫!!』と持ち主に自信を持って言えばどうなりますか?

『そっか~!じゃあ大丈夫だね!!』と言ってくれるでしょうか?

壊した物が大切であればあるほど『どうやったら壊れるか分かったから次からは壊さないから大丈夫!!』と言えば逆鱗に触れます。

別れを告げられたのは復縁を望むあなたであり、関係を壊すキッカケを作ったのもあなたです。

あなたが『次は大丈夫だから!!』と自信を持って言えば言う程、『次なんてないから!』と怒りの火に油を注ぐ結果となるのです。

根拠ない自信を持って復縁活動をしたところで怒りの火に油を注ぐだけで復縁できる訳がないのです。

根拠なき自信を持つ人は勘違いして相手を非難します。

根拠なき自信を持つ人は関係を壊したのは自分であるのに『元恋人が〇〇しなければ良かったんです。』と相手を非難します。

破局を告げられたのは誰が原因でしょう?

元恋人が我慢しなかったから破局を告げられたのでしょうか?

元恋人がもっと頑張れば破局に至らなかったのでしょうか?

別れを告げられたのは元恋人に問題があるのではなく、あなたです。

根拠なき自信を持つ人は問題があるのは自分ではなく相手に置き換えてしまいます。

相手を非難すれば受け入れてくれる事はありませんし受け入れてもらいたければ自分を非難しなければならないのですから根拠なき自信を持って相手を非難すれば当然復縁できません。

自分に自信がない人は相手の非難をしません。

自分に自信が無い人は相手を非難しませんし相手を非難するのは自分に自信があるからです。

間違った事をしている自覚している人が誰かを非難する事はありませんよね?

自分は間違った事をしてない!!という自信があるから他人を攻撃します。

相手が悪いから別れた。

事情があって別れた。

根拠なき自信を持つ人が良く口にする言葉ですが、話しを聞いていると根拠なき自信を持つ人の大半が自分に都合の良い考えを持ってしまい、復縁から遠ざかっている事が分かります。

根拠なき自信と根拠のある自信の違い

根拠なき自信は頭の中だけで自分は間違ってない!!と考える人が持ちます。

根拠ある自信は経験を積み上げてきた実績がある人が持つものになります。

自分はやっている!自分は頑張った!!と自己満足で終わる人は根拠なき自信を持ちます。

評価は本来他人からもらうものですが自分で評価を優良だと付けてしまうので積み上げた実績も経験もないまま自己満足の悦に入るのが根拠なき自信を持つ人になります。

他人からの評価を得てやってきたことを評価された経験や実績を持つ人が根拠ある自信を持つ人になります。

復縁したいなら根拠なき自信はつけるな!

根拠なき自信をつければプラスになる事もありますが復縁に関して言えば根拠なき自信は邪魔以外の何物でもありません。

復縁相談を日に何件も頂いている復縁屋が根拠なき自信を持って復縁できる人がいれば見てみたい…と思う程、根拠なき自信を持っている人は復縁できません。

一度は好かれていたのに嫌われてしまった…という自覚があればどうすれば好かれるだろう?と考えます。

しかし、根拠なき自信を持っている人は今の自分をどう受け入れてもらうか?を考え、今の自分が受け入れられるのが当たり前だという認識で復縁活動をします。

今のあなたが受け入れられないから別れを告げられた。という点を根拠なき自信を持つ人は分かっていてもみようとしません。

結果的に別れを告げられたあなたを受け入れてくれる事はないのですから復縁に至る事はないのです。

復縁する為に付ける自信の付け方は根拠なき自信の付け方ではありません。

復縁する為に自信を持つ事は大切です。

この記事では自信を持つな!という事は書かせて頂きましたが自信を持つな!というのは【根拠のない自信を持つな!】という事で、根拠のある自信とは別の自信についてです。

自信は周囲から評価が上がる事や周囲から褒められる事等、他人から与えられたものがキッカケでつくものです。

他人が与えてくれるから得られるモノを自分で付けようとするので自信の付け方がおかしくなります。

頑張った!!と自分で思っても他人は評価してくれません。

『頑張ったね!』と他人が評価してくれるから自信になるのです。

自分は頑張った!と相手に頑張った事を伝えたところで誰も褒めてくれる事はありません。

根拠なき自信を持つ人は自分で自分を褒めるだけで他人からの評価を得られない方法ばかり求めるので復縁する為の自信の付け方にならないのです。

復縁ブログにある根拠のない自信を持ちなさい!は正しいと思いますか?

冒頭でも少し触らせて頂きましたが復縁ブログには根拠のない自信でも良いから自信を持ちましょう!!と書かれているものが多くあります。

自信を持つ事は大切ですが、根拠のない自信を持つ人を思い浮かべてみて下さい。

根拠のない自信を持つ人は職場に一人はいませんか?

学校にも根拠のない自信を持つ人はいませんでしたか?

いつも失敗してばかりでめげない人が自信あり気に『大丈夫です!!任せて下さい!!』と言っている姿を見てどう思いますか?

大抵の方は『また言ってるよ…あの人の尻拭い何回すれば良いんだよ…』と根拠のない自信を持つ人に対して好意的に捉える人は少ないのです。

好意的に捉えられる人は経験を積んで根拠のない自信を持っているのではなく、根拠のある自信を持っています。

自分がしてきた努力に対する他人からの評価が良く、他人からの評価が良いので更に自信が付きます。

自信が付くので行動も自信に満ち溢れた行動になりますし発言にも自信は表れます。

例えばダイエットに成功した!!と自分の評価で自信を持つ人が『最近痩せたんだよね!』と言っても周囲の評価は上がりません。

ダイエットしていた事を誰にも言わずにいたところで『最近痩せた?』と聞かれればダイエットの努力が認められ、自信が付きます。

『最近痩せたんだよね!』と言う人と『最近痩せた?』と聞かれた人ではどちらが魅力的に映るかはすぐに分かりますよね?

それを踏まえた上で復縁ブログにある【根拠のない自信を持ちなさい!】という言葉が正しいかどうか分かり易いかと思います。