別れを告げられて復縁を焦る方はとても多く、復縁相談をいただく方の多くは『早く復縁しないと新しい恋人が出来ちゃうかもしれないんです…』と仰います。

早い段階で復縁すれば新しい恋人が出来る前によりを戻す事にもなりますし、何より早く復縁できればとても嬉しいですよね?

しかし、早く復縁したいとあなたは考えているかもしれませんが、元恋人はあなたとの復縁する気はないと考えてる事もお気付きになっていますか?

あなたが焦れば焦る程、元恋人の気持ちは遠ざかりますし、あなたとの連絡も取りづらくなっていきます。

交際時は頻繁に連絡していたものが復縁を焦るあまり、気持ちが前面に出てしまい、別れた恋人と連絡する事への負い目を感じさせてしまい返信頻度も減り、復縁を意識させるどころか復縁から遠ざかる結果に結びつくのです。

早目の関係修復を焦れば焦る程、あなたの気持ちは空回りし、元恋人の気持ちは蔑ろにされていきます。

そして元恋人の気持ちが完全に離れた状態になって『早く復縁しないと新しい恋人が出来ちゃうかもしれないんです…』とご相談をいただく結果に繋がるのです。

既に早く復縁しないと新しい恋人が出来る、出来ないの問題ではなく元恋人の気持ちが離れた状態になってどうにもならなくなってからご相談をいただくのですが、この相談内容は復縁したいという相談ではなく元恋人が幸せになる事を妨害したいというご相談に変わっている事はお分かりでしょうか?

焦る気持ちは分かりますし、早くしなければ…と、どうにかしたい気持ちも分かりますが、あなたがどうにかしたいと思う以上に元恋人の気持ちを冷めさせる行動を繰り返してどうにかしたいも何もないと思いませんか?

早目の関係修復を焦る人は早目の関係修復には急がば回れということわざが適している事をアドバイスさせていただいています。

急げば急ぐほど最短距離を進もうとするけれど、最短距離を進もうとすれば障害が多く、最短距離を進めば進むほど最短距離ではなくなっているということわざです。

あなたが焦れば焦るほど、元恋人との間に発生してくる問題は増えてしまいます。

焦って振り向かそうとするのではなく、復縁したいからこそ元恋人の気持ちを丁寧に振り向かせようと心掛けて下さい。

あなたの気持ちの焦りが表に出てしまえばプラスになる事はありません。

本当に復縁したいと考えるなら元恋人の気持ちに気付き、元恋人の気持ちを汲み取った復縁活動が求められます。