復縁したい

気持ちに余裕が無い復縁活動をする相談者様の余裕の無さはパートナーに伝わります。

復縁屋に復縁相談を頂く相談者様は、気持ちにゆとりがなく、余裕が無い状態なのでパートナーの気持ちを汲み取った復縁活動をする事が出来ません。※参考ブログ:復縁屋とは?本当に復縁したいなら復縁屋の活用をご検討下さい。

パートナーの想いを感じ取る余裕が無いので、パートナーの気持ちを考えなければならない復縁に不向きの状態になっており、余裕がある時ならパートナーの気持ちを考える事が出来ていたとは思いますが、余裕がある時にもパートナーの気持ちを考えずに交際していたので、パートナーにしてみると、交際当初だけ自分への気遣いなどがあり、相談者様からの想いを感じ取れていたけれど、付き合いが長くなればなるほど、別れてからもパートナーの気持ちを汲み取った行動や言動が感じられず、別れを告げたのは正解だった…と感じているので復縁したいなら、パートナーの気持ちを汲み取る為に、気持ちの余裕を持たなければならないのです。

交際期間が続くと、パートナーの気持ちを汲み取る事を忘れがちで、付き合っているのが当たり前。という感覚になってしまうので、付き合っているのが当たり前。という感覚ですとパートナーの気持ちを汲み取った復縁活動ではなく、自分の気持ちをパートナーに押し付けるような復縁活動となりますが、余裕があってもパートナーの気持ちを汲み取れなかった相談者様が、別れを告げられて復縁を考えている切羽詰まった状態になった時に、パートナーの気持ちを汲み取った復縁活動はなかなか出来るものではないのです。※参考ブログ:焦って間違った方法ばかりに目が行くのでパートナーの気持ちを取り戻す事が出来ないのです。

パートナーの想いを汲み取れず、自分の気持ちを押し付けるだけの復縁活動をしていても、パートナーの気持ちが動くのか?という点を考えて頂けば、パートナーの気持ちが動かないのも分かると思いますし、パートナーの気持ちを動かしたいのに、自分の気持ちを押し付けているのですから、復縁活動として成立しているのか?を考えて頂ければ、気持ちに余裕が無くパートナーの気持ちを汲み取れない復縁活動をしているので、復縁屋は気持ちに余裕が無い相談者様を見て、復縁出来ないだろうな…と感じるのです。※参考ブログ:状況が良くても復縁したくないと思われるであろう相談者様は直ぐに分かります。

パートナーの想いを感じ取る余裕が無く、相談者様の気持ちを押し付けている。という構図に相談者様がご自分で気付けないので、復縁出来ない構図のまま復縁活動をしているので、客観的に見れば復縁したいのかな?となるのです。

パートナーの想いを感じ取る余裕が無ければ、その時点でどんな方法をもってしても復縁するのは難しいのですが、パートナーの想いを感じ取る余裕が無い事に気付けないまま復縁方法を探すので、気持ちに余裕が無い相談者様は何をしてもパートナーから復縁を考えてもらえる事がないのです。※参考ブログ:急がば回れ。という気持ちで復縁活動をするから余裕を持ってパートナーに接する事が出来るのです。

パートナーと交際する前を思い返して頂きたいのですが、パートナーと交際前は気持ちに余裕が無く、パートナーの気持ちを汲み取らずに接していましたか?

パートナーと交際する為に、パートナーの気持ちを考えて交際していた。と思いませんか?

気持ちに余裕が無ければパートナーと交際出来ていたでしょうか?

気持ちに余裕があるのでパートナーの気持ちを汲む事が出来、パートナーと交際したいな…と、想っていたけれど、自分の想いだけをパートナーに与えるのではなく、パートナーに喜んでもらう為にデートや会話を楽しんでもらいたい!!と実行に移して来たから、パートナーとの交際に発展したと思いませんか?※参考ブログ:パートナーを再度振り向かせる方法を身に付ける為に大切な事とは?

交際前にパートナーの気持ちを汲み取った対応が出来ていて、パートナーが相談者様の気持ちを汲み取った時に素敵な異性として映っていたから交際に発展した。と考えて頂ければ、別れを告げられて復縁に焦り、気持ちの余裕が無い相談者様をパートナーが魅力的な異性として見るのだろうか?という点を復縁屋は考えて頂きたいのです。

復縁屋は、相談者様から復縁工作のご依頼を頂くと、相談者様の復縁したいパートナーに工作員を接触させて、相談者様との交際時の出来事や別れの本当の原因などを聞き出し、復縁を意識させる様に心理誘導させる業務を行いますが、気持ちに余裕のない相談者様との交際時の出来事を対象者から聞き出すと、「付き合った最初の頃は良かったのに…」という言葉が出て来るケースが殆どであり、付き合う前から付き合った当初だけをピックアップして良かった時。という印象を持っている事が分かります。※参考ブログ:復縁のポイントはパートナーの幸せを願うから生まれる復縁活動が出来るか?によります。

パートナーは相談者様と交際している時に、相談者様は交際を決意した理由からかけ離れた人間像になっている事に気付き、交際当初は良かった、交際前は良かった、という言葉が出て来る事が伺えます。

気持ちに余裕がない相談者様は自分では余裕がない事に気付いていませんし、余裕の無さがパートナーに不満を与える行動や言動に繋がり、パートナーの気持ちを冷めさせる結果に繋がっている事に気付きません。

パートナーと復縁したい!!と本当に思っているなら、誰を幸せにする為に復縁するか?を考えなければなりませんし、自分が幸せになる為に復縁したい!!ではなく、パートナーを幸せにしたいから復縁したい!!という事に気付いたなら、気持ちに余裕が無い状態でパートナーに接したところで、パートナーの気持ちが動かない事も分かると思います。※参考ブログ:幸せを与えられる人になれなければ復縁出来ないって分かってますか?

ランキングサイトへご協力下さい。

-復縁したい
-, , , , , , , , ,