元恋人の想いを感じ取れなければ復縁してもらえる事はありません。

元恋人の想いを感じ取れないので別れを告げられたので元恋人の気持ちを感じ取ろうとしてもなかなか感じ取れず、元恋人の気持ちを無視して復縁を求めてしまう方が沢山いらっしゃいます。

交際当時に恋人の気持ちを汲み取れていれば復縁で悩みを抱える必要はありませんし、別れてからは交際相手ではなく一線を画す人の想いを感じ取らなければ復縁は出来ません。

気持ちに余裕がなければ元恋人の想いを感じ取る事は出来ませんし、余裕があるから想いを感じ取る事にも繋がり、お互いに干渉し過ぎない関係を築く事が出来ます。

人間はそれぞれに考え方も異なり、価値観も異なり、他人の気持ちを100%知る事は出来ません。

100%知る事が出来ない他人の気持ちや想いは会話をしている中で出てくる言動から汲み取る事が出来ます。

例えば怒ってる人が『怒ってるよ!!!』と言わなくても言葉遣いや態度で怒ってる事に気付きますよね?

怒りの感情だけではなく喜怒哀楽全ての感情はコミュニケーションを取れば分かるようになりますが、相手の気持ちを感じ取る余裕がなく自分の想いだけを相手に伝えるようでは元恋人の想いを感じ取る事など出来ません。

元恋人の想いを感じ取る余裕があって初めて元恋人の想いを感じ取る事が出来、元恋人の想いに合わせた行動をするから復縁を意識させる事にも繋がるのです。

復縁だけに限らず恋愛は全て相手がある事であり、気持ちの余裕がない人に恋愛が上手くいく事はありません。

元恋人の想いを感じ取る余裕がなければ焦りは伝わり、自分の想いばかりを押し付ける様な復縁活動に進んでしまいます。

価値観や考え方が違う人に一方的な価値観や考え方を押し付ければどうなるでしょうか?

相手が望む価値観や考え方を提供するから受け入れてもらえると思いませんか?

気持ちに余裕がなければ元恋人の想いを感じ取る事など出来ませんし、気持ちを押し付ける行動しか出来なくなってしまうのです。

元恋人の想いを感じ取るには気持ちに余裕を持たなければなりませんが復縁したいから焦ってしまい気持ちに余裕がなくなってしまえば復縁できなくなるので心に余裕がなければ復縁できない事は絶対に忘れない様にして下さい。

本当に復縁したいなら焦る気持ちも分かりますが落ち着いた行動が求められます。

気持ちに余裕のある生活をして心にも余裕を持てるようにして下さい。