復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

復縁屋にはどうしても復縁したい人達が一人で復縁できない事に気付きながらもどうしても復縁したいから依頼をするのですが復縁屋に依頼しても絶対に復縁できない方がいます。

復縁工作の依頼をすれば復縁させてもらえると考える人や復縁屋に任せきりで何もしなくても復縁させてもらえると考える方、そもそもの話しですが復縁屋に依頼すれば復縁させてもらえると考える事自体が間違っているのですが復縁屋に依頼しても復縁できない方はそれすら分かりません。

復縁屋は復縁をサポートする探偵であり、復縁を売る探偵ではありません。

その差が分かっていなければ復縁屋に依頼するだけ無駄になり、無駄になる依頼は復縁屋もご相談頂く時点で分かるのです。

元恋人に工作員が接触して周囲から『別れるなんて勿体ないよー』と言われるだけで復縁できるなら復縁屋に依頼しなくても復縁できると思いませんか?

復縁屋が行う心理誘導はもちろんこんなに簡単な事を元恋人に伝えるだけではありません。

心理誘導は復縁を意識させるものであって、復縁を意識させる=復縁できるではありません。

意識させる事は出来ても復縁するかどうかの判断を最終的にされるのは依頼者自身になるので、依頼者自身が別れる前の状態から何も変化がなければ元恋人が復縁したいと思う事は100%ありません。

復縁屋によっては復縁工作の成功率を80%や100%、50%といった数字で表しますが、復縁工作の成功率の中に依頼者自身の変化は含まれていません。

依頼者自身の変化が求められて初めて復縁工作は成功しますし、依頼者自身の変化が望めない復縁工作は復縁の可能性を引き上げる事は出来ないのです。

復縁屋に依頼しても復縁できない方は工作員が様々な手法で復縁への関心を引き出しても復縁屋に非協力的で復縁したいのは依頼者本人のはずなのに依頼者自身が復縁に向けて協力的ではありません。

協力者として復縁屋を頼るのに協力者としてではなく、まるで依頼者の部下の様な扱いをする方に復縁屋が協力する事はないのです。

復縁屋を部下の様に扱おうとする方は元恋人との関係も対等な関係ではなく従わせようとしていた関係であり、自分の思う通りの行動や言動をしない元恋人に対して従わせようとするので別れを告げられたケースがほとんどです。

復縁屋に依頼しても復縁できない方は依頼自体を断るのですが、依頼を断るには依頼を断る理由がある事も覚えておいていただきたいと思います。

本当に復縁したいなら復縁屋に依頼を断られる様な考え方や性格を直さなければ復縁できる事はありません。