復縁したい

復縁したいか悩んでるという相談者様が復縁出来ない理由を説明させて頂きます。

復縁したい相談者様からご相談をいただいていて、『復縁するか悩んでるんです!!』と仰る相談者様が復縁活動をするかどうかで悩んでいるのは分かりますが、この考えがそもそも復縁できる人ではない事を理解されていない相談者様が多いのです。

理解してない一番の原因は、相談者様が置かれている今の状況から目を背けて恋人が何かしらを頑張れば理解してくれると考えているからであり、相談者様が恋人の気持ちを冷めさせてしまった現実を受け入れられてないので復縁活動を頑張れば復縁できると思っている相談者様が多いのですが、現実を受け入れられていない相談者様が復縁活動を頑張ったところで復縁は難しいですし、復縁が難しいにもかかわらず『復縁するか悩んでるんです!!』という言葉を出す相談者様からのご相談を受けて、この相談者様は現実を分かっているんだろうか?と復縁屋なら考えます。

復縁したいかどうかで悩む前に復縁活動を正しくしなければ復縁出来ませんし、復縁活動をする、しないの判断を誰かに委ねようとしている時点で誰の為の復縁活動で、何の為の復縁活動なのか分かっていないのと同様です。

復縁したいなら復縁活動はしなければならないものですし、復縁活動をしているのは当然の事ですから復縁するか、復縁しないかは自分で決めなければならない事です。

恋人と復縁して一緒にいたいかを決めるのに、第三者の言葉を聞いて気持ちが揺れる程度の復縁したい気持ちってどの程度の気持ちなのか分かると思いますが、復縁したいか悩んでいる時点で相談者様は恋人を幸せに出来るとは言えませんし、恋人を幸せにする事よりも自分がどうしたいかで悩む相談者様に復縁出来る可能性があるとは状況がどうであれ思えないのです。

現実を理解していないから自分が何かを願い、その願いを叶える為に何かをすれば復縁出来るかもしれない…と思い、だからこそ復縁するかどうかを選べる立場であるという認識を持っているのが復縁したいかどうかで悩んでいる相談者様になりますが、この相談者様が復縁するかどうかを悩んだところで復縁出来ないのは目に見えている訳ですから復縁するか悩んでいる事自体が無意味だと思うのです。

復縁したいかどうかを決めるのは相談者様ではありますが、復縁するかどうかを決めるのは恋人である事を分かっているなら相談者様が復縁したいと思うかどうかを悩んだところで恋人が復縁を受け入れてくれるかどうかは別の話しになる事が分からなければおかしいのです。

復縁を決めるのは恋人であり、相談者様が決める事は復縁活動を頑張るかどうかなのですから復縁するか悩みたいなら、恋人から求められる存在になっていなければならず、恋人から求められる存在になっていない相談者様が復縁するか悩んでいる時点で復縁の可能性は限りなく0%に近い事を忘れてはいけないのです。

相談者様に選べる権利は、復縁活動を頑張るかどうかを決める権利であり、復縁するかどうかを決める権利は相談者様にはない!!という事を分かってないから出てくる言葉であると分かっていなければ復縁したくても復縁できる日が来る事はないのです。

本当に復縁したいなら今の現状を受け入れなければなりませんし、現状を受け入れている人の言葉とそうではない人の言葉の違いも理解していなければ復縁できる日が来る事はないのです。

-復縁したい
-, , , , , ,