復縁する為には元恋人から少しでも良く見せる為に、あなたの価値を高く見せる方法を学ぶ必要があります。

あなたの価値が元恋人からすればあまりないと判断された、もしくは別の異性の方が価値があると判断されたので別れを告げられたのですから、あなたの価値を交際時よりも高くしなければ復縁に進む事はありません。

あなたの価値を決めるのは、あなたではなく元恋人です。

元恋人があなたの価値を決めたのですが、あなたの価値が低いと判断されている訳ですから元恋人からあなたの価値を高めてもらえるように、あなた自身の付加価値を付けなければなりません。

復縁する為には、あなた自身を良く見せる必要があり、良く見せる為には付加価値の付け方で変わります。

恋愛の基本は自分を好きになってもらう事であり、自分を好きになってもらう為には異性としての魅力的な部分を持たなければなりません。

多くの人が初めて復縁活動をする時、自分がもっと美人だったら…もっとイケメンだったら…もっと頭が良かったら…もっと収入が良かったら…と、悩んでもどうにもならない事で悩みます。

自分の価値を高める為に外見が良ければ…と単純に考えるので美容院に行ったりファッションの勉強をしたり付加価値の付け方を外見に絞ります。

自分を磨く事で元恋人が価値を高めてくれると考えるので外見を変える付加価値の付け方を一生懸命学びますが、学んでも元恋人には付加価値が付いたと感じてくれる事はありません。

付加価値を付ける為に特別な場所や特別な日を狙って連絡を取ったり、遊びに誘ったりする方もいますが、特別な場所や特別な日は復縁間際の人達が使うから付加価値が付くのであって、別れた直後や復縁を意識させられていない状態で特別な場所や特別な日を狙ったところで付加価値が付く事はありません。

外見を磨く事や特別な日や特別な場所を利用する事は付加価値を付けるように感じさせますが、既に復縁を意識している状態だから付加価値として活用できるものであり、復縁活動の初期の頃に付加価値を付ける為にする事ではありません。

では、復縁する為の付加価値とは何をすれば良いのか?という本題ですが、元恋人から別れを告げられたなら別れを告げられた理由があり、別れを告げられた理由を改善し、人間的な成長が付加価値になるのです。

元恋人は交際する事が難しい…と判断したのですから交際が難しいと判断した理由を改善するのは復縁したいなら当然です。

そして交際が難しいと判断された理由を改善したら、今度は元恋人から好かれる為に努力をしなければならず元恋人に好かれる為の努力をするから付加価値になります。

大抵の方が気付かないのですが付加価値を付けるには付加価値を付けるに至るまでの経緯が必要であり、その経緯を考えずに自分磨き等に勤しむので大抵の方々が付加価値を付けるまでに至りません。

復縁する為に自分の付加価値を付けて復縁したいなら付加価値を付けるまでの経緯を大切にしなければならず、本当に復縁したいなら自分の価値を高める事も大切ですが別れの原因となったマイナス部分を解消させる為の努力をしなければなりません。