復縁する為に謝り方が分からないので教えて欲しいという方も多く、謝罪の仕方に関しては弊社ブログで記事を書かせて頂いていますが謝るという事が上手に出来ず、本人は謝っているつもりでも相手は怒りに油を注ぐ様な事になってしまう方もいます。

自分に非があって復縁したいなら非を素直に認めて謝らなければなりませんが、どうやって謝れば良いのか分からず復縁できません。

では、皆さんが知りたい謝るとはなんなのでしょうか?

謝るとは自らの非を認める事であり、相手に許しを請うでもあります。

非を認めて許しを請う事が出来て初めて謝罪になります。

謝りたいという方々の多くは相手に許しを請いたいと願うのですが自分の非を認められずに相手に許しを請うとするので謝罪の仕方が分からないと口にします。

自分の非を認めていないのですから許しを請おうとしても許してくれるはずもなく、許してくれないので『どうやって謝れば良いですか?』と相談してくるのが復縁相談者でもあります。

謝り方が分かる方は、まず自分の非を認めます。

自分の非を認めているから許しを請えない事をしたと気付きます。

しかし、謝り方について考えているあなたは自分の非は認めていると考えます。

自分の非を認めているなら許しを請えないにも係わらず許しを請おうとするので謝り方が分からないと嘆くのです。

例えば「浮気をしてごめん!」と謝る場合に、自分の非は認めているでしょうか?

謝り方を知りたい!と思う方は謝ってるね!と思うかもしれませんが、『浮気をしてゴメン!』というのは実は謝っているとは言えないのです。

同様に『浮気をして悪かった!ゴメン!!』というのも謝罪とは言えません。

浮気をした事で関係が悪くなった本質は何でしょうか?

浮気をされた事で傷付いて悲しいので相手は怒っているのですから悲しませた事やガッカリさせた自分の行動が間違っていた事を認めて伝える事で謝罪の言葉になります。

もちろん浮気をした時に上記の言葉を伝えれば許しを請える訳ではありませんが基本的な謝罪の仕方は相手がどう思っているか?について謝るのが正しい謝罪の仕方になります。

謝った行為や内容を受け入れてたなら、そこで初めて状況が改善される余地が生まれるのです。

自分が謝罪の言葉を伝えたから許しを請えるのではなく、状況改善の余地がうまれるので許しを請える隙間ができます。

勝手に許しを超えると期待して謝ったから許してくれないのがおかしいと考えるのが復縁の謝り方を学ぼうとする人達です。

謝ったのに許してくれないと考えるので『謝り方を教えて欲しい』という言葉も出てきますし謝った後の言葉で反省の度合いが分かるのです。