復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

復縁する方法で、別れた後に自分の生活を充実させてパートナーに嫉妬心を強く持たせて復縁を意識させる方法がネット上には大変多く書かれています。

冷静に考えて頂きたいのですが、パートナーに嫉妬心を強く持たせる方法は2人の関係性も求められ、パートナーが別の異性との交流を持っている時に強い嫉妬心を与えようとしてもパートナーが嫉妬してくれる事はありません。

パートナーの感情を揺さぶる為に復縁テクニックとして活用する方法がパートナーの嫉妬心を煽ろうとするテクニックになりますが、パートナーの感情を揺さぶる前に、パートナーを揺さぶれる方法なのか?という点に疑問を抱かない相談者様はとても多いのです。

復縁する為に嫉妬心を煽る方法の全てが間違いだとは言いませんが、状況次第では嫉妬心を煽る方法は間違っていると断言出来ます。

少しでも相談者様に関心を持って欲しい…もう一度異性として見てもらたい…という欲望が、パートナーに嫉妬心を煽る方法になり、意図的に嫉妬心を煽る方法になるのでパートナーは相談者様の意図を理解してしまい、嫉妬心を煽ろうとして復縁しようとする相談者様の意図を汲み取ってしまうのです。

少なくともパートナーが相談者様に気持ちが残っていたり、未練が残っていれば嫉妬心を煽る方法は効果を示しますが、別れ方や別れた後の状況次第ではパートナーは全く未練が残っておらず、異性としての気持ちが残ってないのですから嫉妬心を煽ろうとしても全く効果はなく、嫉妬心を煽ろうとする方法は全くの逆効果になってしまう事も考えられるのです。

相談者様の中にはパートナーの嫉妬心を煽ろうとして、パートナーから愛想を尽かされてしまい、嫉妬心を煽ろうとした方法がパートナーの怒りを買ってしまってからご相談頂く事も少なくないのです。

ネットにある復縁テクニック、復縁方法を駆使しようとして、相談者様自身の状況を全く理解していなかったからこそ嫉妬心を煽ろうとする方法が失敗に終わるのですが、何故嫉妬心を煽る方法を使おうとしたのか?という判断が全く出来てないケースは少なくないのです。

パートナーに嫉妬心を感じさせる前に、パートナーが嫉妬心を感じる状況なのでしょうか?

客観的に考えて頂ければ分かる事ですが、別れた相手や嫌いになった相手に嫉妬する人っているでしょうか?

もちろん別れた理由は人それぞれであり、パートナーとの関係性は人それぞれに異なります。

パートナーとの関係性が人それぞれである以上、パートナーが嫉妬心を感じる状況なのか?も理解していなければ嫉妬心を感じさせる方法が適切なのか適切ではないのかの判断があって初めて嫉妬心を感じさせられる事なのかが分かるのです。

好きという気持ちがあるから嫉妬心を感じさせる事に繋がりますし、感情があるからこそ感情を揺さぶる方法は適切になりますが、感情がない相手に対して嫉妬心を感じさせようとしても難しい事というよりもほぼ不可能であり、嫉妬心を感じさせる方法が適切なのかはパートナーとの関係性がモノを言うことを相談者様にはお伝えさせて頂いています。

付き合っていれば嫉妬心を感じさせるものではありませんし、感情が残っているから嫉妬心を煽る方法は適切になるのです。

付き合っている時でも好きな気持ちがパートナーよりも強い時に、パートナーは嫉妬してくれたのか?など、パートナーの気持ちを考えて交際していたなら嫉妬心を煽れるかどうかの判断も出来ると思います。

パートナーの気持ちを考えた上で嫉妬心を煽ろうとしているならパートナーの気持ちを考え、状況を踏まえた上で嫉妬心を煽るべきかどうかの判断をした方が適切です。