復縁したいなら復縁屋・別れさせ屋にお任せ

復縁を望む人の中には、復縁したい相手の自分への対応に少なからず、苛立ちや憤りを覚えてしまうという人というのは少なくありません。ただし、復縁を望むのであれば、それは現実問題としてしっかり受け入れる必要があります。

別れてしまったけれど、復縁したい相手とまだ連絡が取れている。普通に連絡は取れる状態、話そうと思えば話せる環境にあるのだが、例えば、復縁したい相手を労ったり、気を使ったりしたとしても、復縁したい相手の反応といえば、怪訝そうな返答だったり、そっけない対応取られたりという事があるようです。

別れに至った原因が自分にある事は承知しているのだが、だからと言って「そこまで嫌な態度を取られるくらいの事をした?」と思ってしまうのではないのでしょうか。

しかし、残念な事ですが復縁したい相手からそのような態度を取られるという事は、復縁を望む人が考えている以上に相手が嫌がる行為をしてしまったという事なのです。その事実に気付く事がなければ復縁は厳しいと言わざる終えません。

復縁を望む人自身が大した事ではないと考えていても、復縁したい相手にとっては決して許せることではなかったりすることが多々あります。

ですので、復縁を望む人にとって「そんなこと言われる筋合いはない」と思うようなことでも、復縁したい相手からすると「納得いかない 」「不愉快」となるのです。

復縁したい相手も、最初は言葉に発したり態度で示したり、少なからずシグナルを送っていたのかもしれませんが、その不愉快な思い、嫌な気持ちにも関わらず、言葉にも態度にも出さなくなってしまった時、その嫌な想いが蓄積されていき最終的にそれが原因で『別れ』への決断となってしまうのです。

例えば、「束縛されることが嫌いだ」という人に対して、自分の感情を丸出しに束縛という行為に及んだとしたらどうなりますか?

答えは明確ですよね?

束縛をしている本人は束縛しているつもりはないと考えていても、思っている以上に相手は苦痛に感じているものです。

嫌な事を強要されたり、嫌な事を言われたりすれば、相手の事が嫌になってくることは容易に想像できるはずです。

あなたにとって何気ないことでも、相手にとっては”苦痛でしかない”ことは非常に多いのです。その事実をしっかりと自覚しない事には復縁したい相手との関係修復はありえません。

復縁を望む人は自分が思っている事と復縁したい相手が感じている大きなズレがあることに気付く必要があることを知るべきです。