復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

復縁屋にご相談頂く相談者様の中には、デリカシーのない非常識な発言を繰り返した末に別れを告げられてしまった相談者様がいらっしゃいますが、相談者様にはデリカシーの無さが分かってない状態で『復縁するなら改善しないといけないですよね!』と、ご相談頂くのですが、デリカシーの無さが何か分かってないのにデリカシーの無さを改善しようとする相談者様もいらっしゃいます。

デリカシーの無さだけではなく、他の事でも自分の問題点を別れ話の時にされたものの、別れ話しの内容は聞いていても、いざ何をすればいいか?については見当違いの事をして『復縁したいです!』と仰る相談者様がいらっしゃいますが、相談者様の多くは別れの本当の原因を知っても、自分のどこをどのように変えればいいか分かっておらず、変わらなければいけない事は分かっていても、変え方が分かっていないので、復縁したくても何をすればいいか?で彷徨っています。

彼氏(彼女)から雑なところが嫌だった!!と言われて、雑じゃなくなろう!!と相談者様は思うようですが、雑じゃなくなろう!!と思ったところで、性格の雑さは何が雑なのか?を自分では気付けませんし、雑だと言われた相談者様が気付ける雑さというのは自分で気付ける範囲でしかなく、自分で気付ける範囲を修正したところで、元々が雑な性格なのですから雑な相談者様が気付ける程度の事を改善したところで復縁出来ないのです。

彼氏(彼女)から言われた事だけを改善する相談者様もいらっしゃいますが、例えば上記の性格の雑さが原因で別れに至ったケースで、『○○をしたりするところが嫌だった!!』と言われたところだけを改善しようとしても、全体的に性格が雑なところが嫌だった!と言われてるのに、ピンポイントで改善したところで、彼氏(彼女)の気持ちが揺れ動く事はありませんし、彼氏(彼女)の気持ちを揺れ動かして取り戻す為に改善しなければならないのに改善されず、相談者様本人は改善されていると思っているものの、彼氏(彼女)は全く改善されていない…となるので、復縁に繋がる事がありません。

言われた事しか出来ない人の典型になるのですが、復縁する為に必死になる相談者様は言われた以上の事をして、復縁する為に必死になれない相談者様は、言われた事を改善すればそれでいい。になるのです。

彼氏(彼女)にしてみれば、やっぱり何も変わらない…となりますし、何を言っても無駄なんだろうな…となるので、復縁を意識してもらえる事がなく、自分が満足する為だけの復縁活動をするタイプの相談者様か、彼氏(彼女)を満足させる為の相談者様なのか?は、相談者様からお話しをお伺いしていると気付きます。

別れ話しをされた時に、相談者様は自分を変えなければ復縁出来ない事は全員が気付いてるのですが、言われた事だけを改善する相談者様と、言われた事をキチンと理解せずに、自分の解釈のみで復縁活動をする相談者様がおり、自分の解釈だけで復縁活動をする相談者様には彼氏(彼女)を幸せにする。という事がどういう事なのかをもう一度考え直して頂かなければ復縁は難しい事を忘れてはいけません。

本当に復縁したいなら、彼氏(彼女)から言われた事だけをする復縁活動ではなく、彼氏(彼女)が求めるであろう人間像になる為の復縁活動を行わなければなりません。