復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

復縁したい方々からご相談を大変多く頂きますが、復縁したいのに復縁する為の当たり前ではない行動をする相談者様は少なくありません。

復縁は相談者様一人の気持ちだけではなく、パートナーも合わせて二人の想いが一致して初めて叶うものなので、当たり前に取らなければならない行動が出来ていなければ復縁する事は出来ません。

当たり前の行動とは誰にでも分かる事でもあり、誰にでも分からない事が当たり前の行動であったりもします。

復縁は2人でするもの!!というのは誰にでも分かる事ですが、復縁活動をして自分の事を中心に行動している方にしてみれば、分かっていても出来てない…という事もあり、当たり前の行動は誰でも分かる事なのに出来てない事は良くある話しでもあります。

復縁したいなら二人の想いが一致しなければならないという当たり前の事を分かっていながらも、パートナーの想いを一致させようとする行動を取れる方は少なく、パートナーの気持ちを一致してもらおうとするのではなく、パートナーの気持ちを一致させようとする行動をとる復縁相談様はとても多いのです。

自分に合わせてパートナーの気持ちを一致させようとする行動をするので、パートナーの気持ちは遠ざかり、パートナーの気持ちに一致しようとする行動を取れば、パートナーの気持ちは離れないので一致し易く、復縁し易くなるのですが、この当たり前の行動が復縁相談者様たちは理解しておらず、理解していないので一致する行動を起こしません。

自分の想いに合わせてもらおうとする行動が復縁相談者様たちであり、パートナーの想いに合わせて行動していたのが復縁成功者様たちになります。

復縁するにはパートナーの想いが相談者様に向かわなければならないのに、パートナーの想いを向けさせる行動がないので復縁出来ないのです。

少なくとも復縁成功する方々は気持ちを一致させようと自分から歩み寄る行動をするのですが、復縁したい方々は自分が歩み寄る行動ではなく、パートナーを歩み寄らせる行動をしているにも関わらず復縁したい!!と口にします。

パートナーを歩み寄らせる行動をしているにも関わらず、相談者様自身はパートナーに歩み寄っている!!と思い込んでいるのですが、相談者様本人には違いが全く分かりません。

パートナーからすれば、相談者様自身に歩み寄らせる行動をするなんてとても迷惑な話しであり、パートナーの事を全く考えてくれていない行動に見えてしまうのですから復縁したら不幸になる…と感じるのです。

パートナーが歩み寄ろうとしてくれるのは、本人がパートナーに歩み寄り、歩み寄った姿勢に感化されるからパートナーも歩み寄りをみせるのですが、歩み寄る行動ではなく、歩み寄らせる行動をするので相談者様の行う復縁活動は全く復縁する可能性が見えないのです。

当たり前の行動をするから当たり前の感情を持ってくれるのが人間であり、当たり前の行動が出来ない人に当たり前の感情を持ってくれる事はありません。

パートナーに好きだという感情を押し付けたり、別れたくないからパートナーに縋る行動、復縁を望まないパートナーの気持ちを考えずに復縁したい気持ちを抑えられずに行動する相談者様の話しを聞かせて頂いていると、パートナーが復縁したいと思わない気持ちや別れたい!!と思った気持ちが分かります。

パートナーの事は何も考えようとせずに、自分のやりたい事をやりたいようにする相談者様に復縁の可能性を見出す事は出来ません。

復縁したいなら当たり前の行動をしなければなりませんし、当たり前の行動が出来てないので復縁出来てない事に気付かない復縁相談者様はとても多く、自分勝手な振る舞いをしている事に相談者様自身が気付かなければ復縁できる事はないのです。

『復縁したい!!!』という相談者様に見える行動は相談者様に都合がいい様に転ぶ行動であり、パートナーにとって都合の良い方向に転ぶ行動ではありません。

パートナーにとって都合の良い方向に転がっていく行動を取らなければ、パートナーが歩み寄る事はありませんし、これって当たり前の事だと思いませんか?

本当に復縁したいならパートナーが歩み寄りたくなる行動をしなければなりませんし、パートナーに歩み寄る行動をするから復縁に繋がるのです。

行動を省みて自分自身の行動を否定出来なければ復縁成功者と同じ行動に辿り着く事はありませんから、復縁成功者と同じ道を歩みたいなら自らの行動を否定する事をお勧めします。