復縁したい

相手を無意識で傷付けてる自覚がないから復縁してもいいかな。と思ってもらえないのです

(株)ジースタイル

(株)ジースタイルは一人で復縁活動をしても復縁出来ない相談者様達から復縁相談を頂き、復縁出来る可能性について無料で診断させて頂いています。 年間3000件以上の復縁相談を頂き、一人で復縁出来る可能性が有る方には無料復縁相談で復縁成功に導き、一人で復縁出来る可能性が無いと診断させて頂いた相談者様には復縁工作の方法をご提案させて頂いています。 復縁工作のご依頼を頂き、相談者様の復縁したいパートナーに工作員を接触させて別れの本当の原因を解明する事や、復縁を意識させる心理誘導を行い、復縁して頂いた方々を多数輩出しています。 もちろん依頼者様のご協力がなければ復縁成功には至りませんが、復縁の悩みを抱えて日々の生活に支障をきたしていらっしゃるのでしたら、まずはご相談下さい。※現在22歳未満の方からのご相談は承っておりません。

復縁屋ジースタイル

(株)ジースタイル

復縁屋には日々沢山の復縁相談を頂きます。その相談者様の中で、無意識の内に交際相手を傷付けてしまい、無意識なので何度も同じ事を繰り返している事に気付かず、別れを告げられてしまった相談者様がいらっしゃいます。※参考ブログ:復縁屋とは?本当に復縁したいなら復縁屋の活用をご検討下さい。

無意識のうちに繰り返し相手を傷付けているので、なぜ相手が別れを告げたのか?に気付いてない相談者様となります。この手の相談者様は、別れ話しの中で、「何度も○○をされてた事が嫌だったの。」と言われて、○○の部分だけを切り取って覚えてしまい、○○の部分だけを改善しようとして復縁に失敗します。※参考ブログ:復縁相談で一部だけを切り取って説明する様な人だから復縁方法に辿り着かないのです。

無意識のうちに相手を傷付けていた事なので、具体例を一箇所あげられて、その一箇所だけを改善したところで、同じような事を無意識のうちに出してしまうのですから、相手にもう二度と同じ事はしないだろうな~という印象を与える事は出来ません。相手にその印象を与える事が出来ないのですから、復縁したら同じ事を繰り返すんだろうな…という印象を与えているのと変わらないのですが、相談者様は無意識のうちにやってしまっているので気付きません。

無意識のうちに相手を傷付けていた

無意識のうちに相手を傷付けていた事に気付いてない相談者様は、相手の気持ちに気付けなかった。という事を忘れてはいけません。相手の気持ちに気付いていれば、無意識のうちに相手を傷付けていた事に気付きますし、相手を傷付けていた事に気付いていたなら、交際相手から別れを告げられていません。※参考ブログ:無意識の内に相手を傷付けているのが別れの原因が自分にあると自覚してない相談者様なので復縁出来ないのです。

別れを告げられているのですから、無意識のうちに相手を傷付けていた事に気付かず、相手の気持ちを考えている様で何も考えている様には伝わっていないのが現状です。相手の気持ちを考えている様で、何も考えていない様に伝わっているので、あなたが無意識のうちに相手を傷付けていた事を指摘する事に疲れてしまったのです。

交際していて疲れる人と復縁したいと思うと思いますか?

交際していて疲れる人と、復縁したいと思うと思いますか?交際していて疲れるのですから、復縁しても同じことの繰り返しだな…と感じさせてしまう事が分かると思います。しかし、あなたは、「復縁してくれたら同じような想いはさせないから!!」という言葉を出します。※参考ブログ:幸せを与えられる人になれば復縁を意識してくれます。

復縁してくれたら同じような想いをさせない!!と、無意識のうちに傷付けている事に気付いても無いのに、なぜ言えるの?というのが、あなたが復縁したい相手の気持ちになります。そして、復縁屋にご相談頂いている最中に、復縁屋も、「あ~この人は復縁しても同じ事を繰り返すだろうな…自分の問題に気付いてないし…」となるので、相談者様以外の人たちは、皆気付いてないのだから同じ事を繰り返すと思っているのです。

無意識で相手を傷付けるのに改善するって嘘を吐いてると分かってますか?

無意識で相手を傷付けておいて、自分の何が問題で相手を傷付けているか?に気付いてない人が、「絶対に悪いところを直すから!!」という言葉は、無意識で相手に嘘を吐いている事を忘れてはいけません。無意識のうちに相手を傷付け、無意識のうちに相手に嘘を吐いているのです。言えば言うほど、相手の気持ちが冷めるのも分かりますよね?

復縁屋は、こういった相談者様から復縁相談を頂いていると、この相談者様は、自分が無意識で嘘を吐いている事にも気付いてないのか…と気付きます。そして、「あなたが仰っている事は、相手にしてみれば嘘を吐いている事と変わらないんですよ。」とお伝えさせて頂くのですが、「嘘なんて吐いてないです!!」と仰るので、「そうおもっていらっしゃるなら別に構いませんよ。きっと復縁出来ないと思いますけど…」と言わざるを得ないのです。

短時間の復縁相談で説明出来る事ではありません。

こういった相談内容は、短時間の復縁相談で相談者様に理解して頂ける内容ではありません。時間を掛けて少しづつ理解して頂かなければならない事ですが、この手の相談者様達は、短時間で分かり易く説明して下さい!!と仰るのです。その結果、「あなたのしてる事は相手に嘘を吐いている事と同じですよ。」とお伝えさせて頂くのですが、短時間で説明すると、「嘘なんて吐いてないです!!」となるので、アドバイスをする意味がないのです。※参考ブログ:復縁相談でアドバイスをすると不貞腐れる相談者様が復縁出来ない理由は明らかです。

無意識で傷付けている状態を改善するには?

無意識で相手を傷付けている状態を改善するには、まずは自分が無意識で相手を傷付ける様な事をする人だ。という自覚を持たなければなりません。この自覚を持つという事がとても難しい事で、復縁相談者様の多くは、相手を傷付ける事をした。という認識を持つ事は出来るのですが、自分が相手を傷付ける事をする人だ。という自覚を中々持てないのです。

こういった方々は日常生活の中で気を付けて生活しなければ改善されないのですが、日常生活の中で何を気を付けて生活しなければならないのか?を分からないので、改善されません。無意識で相手を傷付けているのですから、日常生活の中でも現れるモノが、日常生活の中では現れないものとして考えるので、いつまで経っても改善されず、改善されないので、復縁したい相手からも、「変わったね。」と言われる事がありません。

無意識で傷付けている人だと自覚を持つには?

無意識で相手を傷付けている人だと自覚を持つには、自分という人間に向き合って、改めて自分自身がどんな人なのか?を知ろうとしなければなりません。自分がどんな人なのか?を知る為には、自分自身で向き合うだけではなく、第三者から見たあなたを知らなければなりません。その第三者とは、元々仲の良い友人から聞くのではなく、関係をあまり持ったことがない人からの話しを聞く事で、あなたがどんな人なのか?という客観的な意見を聞く事が出来るのです。

しかし、残念ながら、大抵の人達は、あまり関係を持っていない人に対して、正直に話してくれる人は殆どいません。あなたの悪いところを指摘すれば、トラブルが起きるかもしれない…と考える人もいますし、あなたの悪いところを指摘すれば、関係が悪くなるから、言葉を濁して話しをして来たり、正直に思った事を伝えてくれない人が殆どです。

正直に思った事を話してくれないので、自覚を持ちづらいのですが、交際相手が別れ話しの時に、別れの本当の原因を話してくれない事と同じように、あなたに思った事を正直に伝えてくれる人はとても少ないのです。

無意識で傷付けているけど復縁したいなら?

無意識で相手を傷付けているけど、復縁したいなら、あなたの自己改善に協力してくれる人の存在は必須になります。あなたが気付かなければ改善される事はありませんし、改善されなければ復縁したい相手が別れを告げた理由が改善されないのですから、同じ事を繰り返してしまう…と感じて、復縁を考えてくれる事はないのです。

この手の相談者様がは、無意識で傷付けているけど、本当に復縁したいなら、復縁活動を支えてくれる協力者の存在が必須になるのです。

本当に復縁したい方へ

復縁屋ジースタイルの復縁工作

復縁屋ジースタイルの復縁ブログをご覧頂いている読者の方から、「私の事を書いてますか?」と仰る相談者様がとても多いのですが、復縁出来ない特徴を持っている相談者様は共通している事が多々あります。なぜ復縁出来ないのか?という点を考えて頂くと、皆様が同じような経験をして別れ話を出されていますが、パートナーが別れを告げた具体的な部分に関しては復縁屋ジースタイルも具体的なお話しをお伺いさせて頂いた訳ではないので分かりません。それらが分かるから問題点を改善させて頂く事で復縁の確率を上げるのが復縁屋ジースタイルの業務となっており、実際に復縁工作のご依頼を頂く事で復縁成功者を多数輩出しております。本当に復縁したいなら一人でどうにか出来ない状況を一人でどうにかしよう!!と藻掻くのではなく、一人でどうにか出来ない状況を自覚し、専門家の力を借りるという選択をするのは間違いではありません。 本当に復縁したい依頼者様からの復縁相談を頂き、過去の成功実績や経験に基づいて、復縁出来る確率を上げる復縁工作を行う事で本当に復縁したい!!という依頼者様の気持ちをサポートする復縁屋ジースタイルに復縁の悩みを抱えていらっしゃいましたら一度ご相談下さい。

-復縁したい
-, , , , , , , , , ,