復縁活動が実らない理由に問題の本質が自分にあると考えられなければ当然の事ながら復縁活動が実る筈がありません。

別れの原因は自分が作ったもの。

元彼(元彼女)の気持ちが離れたのは自分が原因。

最低限これらの事が分かっていなければ復縁できる事はないのですが、復縁活動が実らない相談者の中には最低限分かっていなければならない事が分かっていない方も少なくありません。

復縁活動が実らない相談者は知らず知らずの内に自分の所為ではなく、元彼(元彼女)の所為にする復縁活動を行っています。

そして元彼(元彼女)の所為にしている事に気付かないまま復縁活動を続けるのですが、元彼(元彼女)の所為にしている復縁活動が実を結ぶ日が来る事はないのです。

復縁活動が実らないのも理由があり、別れた事を元彼(元彼女)の所為に無意識にしていればいつまで経っても実る筈がありません。

例えば、復縁相談時に『自分磨きをしています!』という相談者は多いのですが『元彼(元彼女)の好みの髪型に変えたのに全然気付いてくれないんです!』と口にする相談者も少なくありません。

相談者の中では自分が元彼(元彼女)のタイプではないからタイプになれば良い!と考えて髪型を変えたとの認識ですが、元彼(元彼女)は気付いてくれない!と元彼(元彼女)が気付いてくれない事を口にしています。

元彼(元彼女)の好みに本当になったのなら気付いてくれない事はないのですが、知らず知らずの内に自分の所為ではなく元彼(元彼女)の所為にしている事に気付かない相談者が復縁できる事はないのです。

復縁活動が実らない理由について少し思い当たる理由はありませんか?

復縁活動は「反省を深くして自己改善です!」と答える相談者もいます。

寄り添いたい人がいるから…

反省を深くするのは悪い事ではありません。

しかし、反省したから自己改善できた!と考える相談者はとても多く、反省=自己改善と考えるので復縁活動が実を結びません。

反省は猿にでも出来る。という言葉を聞いた事はありませんか?

反省を深くしても自己改善には繋がりません。

反省した事を自己改善!と口にする相談者が本当に反省している事はあるのでしょうか?

反省を深くした!の深く。というのは何を指すのでしょうか?

line相談やメール相談をご希望する相談者はとても多いのですが、line相談やメール相談の相談者は『反省してます。』と復縁屋に伝えれば自分が反省していると思い込んでいるだけで反省してない事に気付きません。

『反省を深くして自己改善です!』と口にしたところで何も反省もしてないので復縁活動が実らないのです。

何も別れの原因を改善してないのに『話し合いたい』と言う相談者

復縁したい?

元彼とケンカや価値観の違いが原因で別れてしまったので『ちゃんと話し合ってお互いの意見を尊重しあって復縁したいです。』という相談者は少なくありません。

元彼(元彼女)と話し合えれば復縁できるかの様に相談して来るので『元彼(元彼女)と価値観の違いについて話せれば復縁できるとお考えですか?』とご質問すれば『復縁の方法が分からないで相談してます。』と仰います。

自分が聞きたい事だけを答えてもらおうと会話をすれば会話は成立しません。

たった一回、二回程度のline相談のやり取りで、この相談者の問題点が分かります。

一回、二回のlineのやり取りで問題点が分かるほど会話が出来ない部分に問題を抱えているのですから、『ちゃんと話し合ってお互いの意見を尊重しあって復縁したいです。』と口にしても元彼(元彼女)の意見を尊重する気がサラサラない事に気付きます。

話し合いたい。と言いながら、自分の納得いく意見が出なければ自分の意見を押し付けようとする人になる訳ですし、話し合いをしたくない!と思わせてしまっているのが相談者だと気付かなければ復縁活動が実る訳がありません。

この手の相談者には『結論だけ欲しいなら元彼(元彼女)に好かれる以外に復縁する方法はないので元彼(元彼女)に好かれる様に頑張って下さい。』と結論だけお伝えして相談は終了します。

何もしなければ何も起こりません。復縁活動が実らない理由は正にそれ

復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

何もしなければ何も起こりません。

何かをするから何かが起きます。

復縁活動が実らない相談者は自分では何かをしているつもりでも客観的に見たら何もしてないから何も起こらないのです。

何もしなければ何も起こらないのですから何も実っていない復縁活動に疑問を持たなければなりません。

『何も実っていない復縁活動に疑問を感じたから復縁屋に相談した』と口にする相談者も少なくないのですが、何も実ってない復縁活動に疑問を感じた時点で1人で復縁活動を行ったところで復縁できないのは明らかではないでしょうか?

1人で復縁できないのは明らかなのに『復縁活動が実を結ばないんです!』と口にします。

正直理解に苦しみますが何もしてない、何も考えてない、何も分かろうとしてない。という状態で復縁活動が実っていれば逆に凄いな…と感心してしまいます。

復縁活動が実らないから復縁工作に依頼した工作成功事例

復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

依頼者Aは2か月ほど復縁活動を自力で行っていましたが復縁活動は実らなかった為、弊社にご相談頂きました。

ご相談内容をお伺いしていると復縁活動が実らなかった理由はAにあり、Aが2か月頑張った復縁活動が全く意味のないものだと気付いていれば状況は変わっていたかもしれない事をご説明させて頂きました。

何に気付き、何を考え、何をすればよかったのか?に気付いてなかったのでアドバイスをさせて頂くと、自分ではどうにもならない事に気付き、復縁工作のご依頼を頂く事となりました。

復縁工作の契約書を交わし、着手金のご入金確認後に着手致しましたが着手後に担当者からのアドバイスをさせていただくとAが今までに行っていた復縁活動とは全く異なるのでAは自身で行っていた復縁活動が実らない理由を身を持って理解して頂けました。

元彼の調査を開始させて頂き、接触ポイントの判明に成功し、工作員をAと打ち合わせを行った方法で接触させる事に成功しました。

対象者と接触した工作員は人間関係の構築にも成功し、Aと別れた原因について聞き出していくとAの問題点を対象者目線で知っている事を聞き出す事に成功したものを報告させて頂くとAは『今まで本当に何やってたんだろ…』と口にしました。

対象者から聞き出した情報を元にAの自己改善を加速させ、工作員は対象者に心理誘導を進めていき、心理誘導が上手くハマり復縁を意識させる事に成功します。

対象者とAを再会させる為に偶然の再会を装う工作も成功し、復縁を意識した対象者の背中を工作員が後押しする事で復縁に繋がった復縁工作の成功事例になります。