復縁したい方々は元彼(元彼女)との復縁についてどの程度真剣に考え、どの程度自分の力で復縁できるとお考えでしょうか?

復縁相談を頂いていると『復縁に向けて一生懸命頑張っています!!』と仰る方は少なくないのですが、相談を受けていて『本当にちゃんと考えているんですか?』と思う事があります。

元彼(元彼女)が何を求めて、何を与えなければならないのか?

何が問題で何を直さなければならないのか?

『復縁したいです!』と言いながら本当に復縁したいのかな?と思う様な行動しかしない人も多く、自分の頭で考える事がなかなか出来ない人が少なくありません。

復縁したいのは元彼(元彼女)ではありませんし、友人・知人でもありません。

ましてや復縁屋も復縁したい訳ではありませんし、復縁したいのは、あなたなのですからあなたが自分の頭で考えなければ復縁できないのはないでしょうか?

しかし、復縁したいと仰いながら復縁したい方々は復縁する為に自分の頭で考える事をしません。

自分の頭で考える事をせずにネットの情報等を鵜呑みにして、ネット情報を真似るだけで『一生懸命考えています!!』と簡単に口にします。

自分の頭で考えるとは一体どういう事をいうのか?

復縁を真剣に考えているなら参考にして下さい。

元彼(元彼女)の気持ちを一番知っているのは【あなた】という事

元彼(元彼女)の気持ちを一番知っているのは、友達でも知人でもネットで復縁ブログを書いている方でもなく、復縁屋でもありません。

元彼(元彼女)と一番近い距離にいたのは、あなたですから、あなたが一番元彼(元彼女)の気持ちを理解していなければおかしな話になります。

しかし、別れを告げられた方々は復縁屋も含めて復縁相談で『元彼(元彼女)は〇〇な時、どんな気持ちだったんですか?』という話しをします。

元彼(元彼女)の気持ちを一番分かっていなければならない人は、復縁したいあなたのはずなのに、あなたが自分で元彼(元彼女)の気持ちを考えるのではなく誰かに元彼(元彼女)の気持ちを聞いて納得しようとします。

誰かに元彼(元彼女)の気持ちを聞かなければ分からないなら、仮に復縁できても元彼(元彼女)を幸せに出来るのか?を考えて頂ければ、『元彼(元彼女)は〇〇な時、どんな気持だったんですか?』という質問をする様では復縁できない事に気付かないので自分で考えられない人が復縁しようとしても難しいのです。

元彼(元彼女)に対して想いを告げるだけを考えれば復縁できない

『どうやって復縁したいって伝えれば良いですか?』と、元彼(元彼女)に対して想いを告げるだけを考えれば復縁できません。

『復縁したい!!』と伝えたところで、元彼(元彼女)から復縁しても良い人になれていなければ、どんな言葉で伝えたところで復縁は難しいのです。

想いを告げる事と復縁できる事は一致する訳ではありません。

元彼(元彼女)への想いを告げるだけを考えれば復縁できないのは明らかですが、明らかに分かる事を自分の頭で考えない人は考えようとしません。

復縁したい想いを知ってもらう為の方法ばかりを考えますが、気持ちを知ってもらったところで受け入れてくれない事は考えないので、受け入れてもらうにはどうすれば良いか?を自分の頭で考えられなければ復縁出来ません。

元彼(元彼女)が喜ぶかどうかは元彼(元彼女)が決める事

元彼(元彼女)が喜ぶ事かどうかは、元彼(元彼女)が決める事であり、復縁相談をした占い師や相談所、友達・知人が決めるものではありません。

元彼(元彼女)が喜ぶ事は元彼(元彼女)が決める事なので、元彼(元彼女)に聞かなければ分からない事が多いのが復縁の難しさでもあります。

しかし、自分の頭で考えない人は『元彼(元彼女)に〇〇をしたら喜ぶってネットに書いてありました!』といった様に元彼(元彼女)の気持ちを考えるのではなくネットの情報を真似るだけの行動をします。

ネットの情報を真似るだけの行動は自分の頭で考えるとは言いませんが、復縁希望者は自分の頭で考えずネット情報だけを鵜呑みにするので復縁できません。

相手の気持ちを考える、相手の立場になって考えるとは?

「相手の立場に立って考えるべき」という言葉はよく使われますが、知っていても実践出来ないのが相手の立場に立って考え、相手の気持ちを汲み取る事になります。

元彼(元彼女)の立場に立って気持ちを汲み取れていたら別れに到っていないのですが、別れた後に元彼(元彼女)の気持ちを考え、気持ちを汲み取れなかった自分が出来ない事を考えずに、元彼(元彼女)の気持ちを汲み取れると考えるので浅はかな考えを持つ事が分かります。

出来ない事を認めるからこそ出来ない自分を改善するポイントが見えて来るのですが、出来ない事を出来ると思い込む為、元彼(元彼女)の立場になって考える事がいつまでも出来ません。

自分の頭で考えるとは、出来ない事を認めるからこそ考える事が出来、出来ない事を出来ると考える人は何も自分で考える事が出来ないので復縁も当然できないのです。

元彼(元彼女)の立場を無理に理解するのは考えている訳ではないのです

元彼(元彼女)の立場や気持ちを無理に理解したフリをしても、理解出来ていないのですからスグに元彼(元彼女)に気付かれます。

分かってない事を分かったフリをして元彼(元彼女)に接したところで、分かったフリは分かってないのですからすぐに元彼(元彼女)に気付かれてしまいます。

同様に考えたフリをする復縁希望者は多く、考えたフリをするので何も考えてない事が元彼(元彼女)に気付かれます。

自分の頭で考えた事は実践出来なければ考えたつもりであり、ほとんどの方が考えたつもりで元彼(元彼女)から何も考えていないと気付かれてしまい、復縁できません。

無理に理解しようと理解出来ていない事を理解出来ているフリをしてしまい、自分で考えるではなく元彼(元彼女)に同調したところで復縁出来る事はありません。

自分で考えるからこそ視野が広がり思い遣りの気持ちが芽生える

自分で考え、理解するからこそ視野が広がり、思い遣りの気持ちが芽生えます。

思い遣りの気持ちが芽生えるからこそ元彼(元彼女)に変化を見せる事にも繋がり、別れ話をされる以前とは別の異性として魅せる事にも繋がるのです。

自分で考える事が出来ない人は視野も広がらず思い遣りも望むものを与える事が出来ず、元彼(元彼女)の気持ちを汲んでいるつもりですが、自分の想いを告げる、または元彼(元彼女)から言われた事をただ我慢して聞いているだけになります。

元彼(元彼女)から言われた事を我慢しているだけの人に元彼(元彼女)は魅力を感じるのでしょうか?

自分で考える事は復縁に欠かせない事であり、自分で考えて行動出来ない人に元彼(元彼女)を幸せにする事は出来ません。

あなたが自分で考える事が出来なければ、元彼(元彼女)との幸せを考えるのは元彼(元彼女)になります。

元彼(元彼女)は自分の幸せを考えた時に、視野が狭く思い遣りの無いあなたとの未来に明るい未来を感じなかったから別れを告げたのです。

自分で考える事が出来なければ元彼(元彼女)はいつまで経ってもあなたとの未来を考えてくれる事はありませんから復縁を意識させる事が出来る訳がないのです。

あなたが自分で考えた事にマッチするから復縁を意識させられる

あなたが自分で考えた事を行動に移し、その考えと元彼(元彼女)の考えがマッチするから復縁に繋がります。

復縁したいなら、誰かの真似をしても全く効果はありません。

誰かの真似と元彼(元彼女)の考えがマッチするなら、元彼(元彼女)と仮に復縁したところであなたの考えとマッチした訳ではないのですぐに別れる事が決まっています。

元彼(元彼女)の事を一番知っていなければならないのはあなたであり、あなたが自分の頭で考えた事を行動に移すから元彼(元彼女)も受け入れやすくなるのです。

あなたが何も自分の頭で考えられなければ元彼(元彼女)があなたを受け入れる事はありません。

元彼(元彼女)と本当に復縁したいなら自分の頭で考える事を忘れない様にして下さい。

自分の頭で考える事が出来た依頼者の復縁工作成功事例

自分の頭で考える事が出来る様に復縁工作の依頼を頂いた際はアドバイスをさせて頂きます。

最終的に依頼者が対象者から復縁しても良いと判断して頂かなければ復縁できる事はないので、復縁工作と同時に自己改善アドバイスを行いながら復縁をサポートさせて頂いた成功事例になります。

依頼者Aは対象者から何も考えずに行動して対象者を何度も傷付け、対象者の我慢が限界に達した際に別れを告げられます。

何も考えないと言われたAは自分なりに考え、対象者に復縁を求めますが対象者から出る言葉は『本当に何も考えてないね。迷惑だからもう2度と連絡しないで欲しい』という言葉だった様でした。

対象者を傷付けた事と対象者を諦められない気持ちから復縁工作の依頼を検討し、弊社にご依頼頂く形となりましたが、Aのケースでは工作員が対象者に接触するだけではなくAの自己改善で自分で考える事がどういうものなのか?を教える事も求められたケースでした。

対象者に工作員を接触させて話しを聞き出すと、どんな時にAが何も考えていないと感じるか?が分かります。

Aには気付かなかった部分であり、対象者から聞き出した事をAに伝えはしましたが何を考えていないと言われるのかが分からないAは四苦八苦します。

対象者への心理誘導を進めていく間に担当者とAは毎日アドバイスについて電話とlineを使って話し合いをし、自分で考える事に対する課題を出しながら課題をこなし、Aが少しづつ自分で考える事が出来ていた頃、対象者との再会を果たす形を取りました。

自分で考えて行動出来る様になったAとの再会をした対象者は以前ならAが考えずに発言するであろう事をしなくなっていたと工作員に後々伝えて来ます。

Aの変化が垣間見えた為、外見などの好みの部分が残っていた対象者はAに『もう一度だけチャンスをあげる』という話しをしてくれて復縁成功に繋がった復縁工作の成功事例になります。