交際相手から距離を置きたいと言われたら頭がパニックになりますよね?

パニックになって『距離を置きたくない!!』となり、思ってもいない事を口走ったり普段やらない事を突然しようとして交際相手から更に距離を置きたいと言われてしまいます。

決断を早める為の行動をしたくないのに結果的に決断を早める行動をしてしまうのが交際相手から距離を置きたいと言われてしまう方々です。

なぜ距離を置きたいと言われてしまうのか?

なぜ距離を置きたいと考えさせてしまうのか?

交際相手から距離を置きたいと言われてしまう方々は距離を置かれてしまう理由について言われてから考えます。

友達から距離を置きたいと言われたら『何か嫌な事をしてしまった?』と聞くと思いますし、交際相手から距離を置きたいと言われた人も『何か嫌な事をしちゃった?』と質問します。

しかし、距離を置きたいと言うのは今後の交際について考えたいと言われている事と同様ですから、何か一つ嫌な事があったから距離を置きたいと考えさせてしまうのではなく様々な要因が重なって距離を置きたいと考えさせてしまうので『何か嫌な事をしちゃった?』と聞くだけでは交際相手も答えようがないのです。

交際相手が距離を置きたいと考える時には様々な要因があり、要因が様々なので一概に理由を言えない事を理解してないから『何か嫌な事をしちゃった?』と聞くのですが、理由を聞いて説得しようとする姿勢が交際相手にしてみれば苦痛な時間になるのです。

距離を置きたいと言われて『何か嫌な事をしちゃった?』と聞くまでは問題ないのですが、嫌な思いをさせてしまったあなた自身が相手を説得しようとする姿勢は間違えていますよね?

距離を置きたいと言われて『何か嫌な事をしちゃった?』と聞くのですから自分が何かをした事は分かった上での質問になります。

何かをした事を自覚している人が説得しようとするのは説得される側にしてみれば何で説得されなきゃいけないの?となってしまいます。

距離を置きたいと言われてる以上、交際相手は説得して欲しいのではなく距離を置きたいのですから説得しようとする人と距離を置きたい人では会話が平行線になってしまうのです。

平行線になって交際相手に妥協させるか自分が妥協するかの話し合いを話し合いと仰る人もいるのですが、説得するのではなく受け入れた考え方をする事で交際相手に距離を置きたいと思わせた事を後悔させる方法があります。

説得するのではなく、交際相手の言葉を受け入れ、交際相手の言葉を受け入れた上での提案をする言葉を出せるかどうかが交際相手に距離を置かせたいと思わせる方法であり、交際相手から距離を置きたいと言われた時の対処法は間違えないようにして下さい。

そして、距離を置かれた状態で冷却期間を置く人がいますが冷却期間の使い方を間違えて距離を置いた後に別れを告げられてしまうケースは多々ありますのでご注意下さい。