別れの原因

別れの原因を考えないので失敗を繰り返して信用を失っていた事に気付いて下さい。

復縁屋には、別れの原因を考えずに「どうすれば復縁できますか?」という復縁相談をいただくのですが、何かを修復する時に、壊れた原因を考えずに修復出来る事がない事を忘れていらっしゃる相談者様が少なくありません。※参考ブログ:復縁屋とは?本当に復縁したいなら復縁屋の活用をご検討下さい。

別れの原因を考える必要性について考えて頂きたいのですが、復縁する為に何故別れの本当の原因が必要なのでしょうか?

別れの本当の原因を知らなくても復縁出来るのでは?と考える方も多いと思いますが、復縁の基本的な考え方を知れば、如何に復縁する為には別れの本当の原因を知る事が大切なのか?が分かると思います。

パートナーが別れを決断したのはどんな理由で別れたのか?を知らずに復縁する方法を探しても、一度別れを決断したパートナーの気持ちを取り戻せる方法って見つかるでしょうか?

パートナーは人間ですから、何かのコマンドを入力すれば復縁を考えてくれる訳ではありません。

そして相談者様がある日突然パートナーとの恋愛も含めて、恋愛で無双状態になれる事もありません。

少なからず相談者様はパートナーから別れを告げられ、パートナーの気持ちの中では相談者様との関係を清算し、次の恋愛に進もうとする決断をしている訳ですから、パートナーが相談者様との交際に終止符を打ち、次の恋愛に進もうとする決断をさせた原因を知らなければ、相談者様は何が理由で別れを決断されたのかが分からず、何が原因で別れを決断されたのかが分からないまま「復縁したい。」と伝えたところでパートナーの気持ちが戻る事はありません。※参考ブログ:急がば回れ。という気持ちで復縁活動をするから余裕を持ってパートナーに接する事が出来るのです。

相談者様と交際した事がなかった時のパートナーは、相談者様の事を知りたくて、相談者様の事を知ればもっと好きになれるかも!!と思って交際に発展した訳です。

これは相談者様も同様で、交際当初のパートナーよりも交際期間が長くなったパートナーの方が好き。という気持ちが強くなり、パートナーを失った時にパートナーの大切さがとてもよく分かり、復縁したい!!となっているかと思います。

相談者様はパートナーを知れば知るほど好きになり、パートナーは相談者様を知れば知るほど好きな気持ちが冷めていった。

この違いは何か?を考えて頂くと、パートナーの相談者様への気持ちが冷めていった理由の一つが分かるようになると思います。

パートナーの気持ちが冷めた理由の一つが分かるようになれば、その理由の一つを改善しなければ...となり、別れ話の時に、「嫌なところがあるなら直すから別れるのを待って欲しい。」と、別れ話しをされると縋る相談者様たちの言葉が何故出てくるか?も分かるようになると思います。※参考ブログ:縋る行為は距離を置かれる原因。復縁したいなら縋る行為はご法度です。

別れを告げられた相談者様たちの言葉の中には、【嫌なところがあるなら...】という言葉があるので、パートナーが相談者様の何が嫌なところなのか?を相談者様自身が分かってない事を示す言葉が出ています。

そして、【直すから...】という言葉は、パートナーにとって嫌なところがあれば直さなければならない事も分かっている言葉を出すのですが、復縁屋に復縁相談をいただく相談者様たちは、自分でパートナーに言った言葉なのに、復縁活動中はそれを忘れてしまったかのように、別れの本当の原因を掘り下げて考えるでもなく、別れの本当の原因を改善しなければ...という考えを持ちません。※参考ブログ:復縁に向けた【自己改善】について知って頂く基本的な考え方。絶対に復縁したいなら【必須】

別れの本当の原因を改善するどころか、パートナーから言われてもないのに、美容院に行ったり、新しく服を買ったり、仕事を頑張ったり、ダイエットや筋トレを頑張ったりと、パートナーから何も言われていない部分を変えてパートナーと復縁しようと考えます。※参考ブログ:自分磨きにこだわった復縁活動に疑問を持てなければ復縁出来ません。

パートナーには「悪いところがあったら直すから...」という言葉を出していたのに、パートナーが嫌だな...と思うところを直そうとせずに、自分が嫌だな...と思ったところを改善しようとするのですから、パートナーからすれば、自分で言った事すらやろうともしない...と感じると思いませんか?※参考ブログ:別れの本当の原因を知らずに見当違いの復縁活動をするので復縁出来ないのです

復縁屋には様々な相談者様から復縁相談を頂き、別れの本当の原因を知らない相談者様から復縁工作のご依頼を頂くのですが、復縁工作のご依頼を頂き、パートナーに工作員を接触させて別れの本当の原因を聞き出すと、対象者から聞き出す話しの中には相談者様への信用がない事を聞き出す機会も多く、元々好き同士で交際に発展したカップルのはずが、パートナーからの信用を失っている相談者様は、信用を失った理由が明白であるケースが少なくありません。※参考ブログ:復縁工作について。本当に復縁したいなら復縁成功率を上昇させる方法

お互いに好き同士で交際に至った訳ですから、一度の失敗であれば好きという気持ちが上回っていれば許容範囲にもなりますし、その失敗が愛おしくも感じる事はザラにあります。

しかし、同じ失敗を何度も繰り返せば気持ちは少しづつ冷めていきますし、信用も同時に失っていくのでパートナーは気持ちが冷め、相談者様への信用もなくなっている状態となり、別れ話しの時に、「嫌なところがあるなら直すから...」という言葉への信用もありません。

同じ失敗を繰り返す理由は、何故パートナーが嫌だと思っている事をしてしまうのか?という原因を考えないからであり、原因を考えないから常に原因を考えないからこそ生まれる結果となり、信用を失います。

逆に言えば、原因を考えるからこそ同じ失敗をしない!!という言葉に真実味が増しますし、原因を考えない相談者様が発する、「嫌なところがあるなら直すから...」という言葉と、原因を考えて同じ失敗を繰り返さない!!という人が発する、「嫌なところがあるなら直すから!!」という言葉は同じ言葉なのに全く異なる捉え方をされるのです。※参考ブログ:【要注意!!】あなたの復縁活動はパートナーを騙すような復縁活動になっていませんか?

同じ言葉なのに全く違う捉え方をされる言葉を出せるか否かが、一度信用を失った相談者様がパートナーと復縁する為には大切なので、本当に復縁したいなら別れの本当の原因を知らなければ復縁出来ないのです。

ランキングサイトへご協力下さい。

-別れの原因
-, , , , , , , , , ,