復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

別れた後に復縁したくて常にパートナーの事を考えている方がいらっしゃいますが、パートナーの事ばかりを考えていて復縁が失敗するケースはとても多いのですが、ご存知ですか?

元彼(元彼女)は何をしているんだろう?

元彼(元彼女)に新しい恋人が出来たらどうしよう?

元彼(元彼女)はどこかで新たな出会いが出来てないかな?

別れたのに連絡をくれるし、元彼(元彼女)は何を考えているんだろう?

セフレみたいになっちゃってるけど、元彼(元彼女)は2人の関係をどう思っているんだろう?

別れた後に復縁したいけど復縁できない方々がよく考える事になります。

しかし、良く読んで頂くと分かるのですが、元彼(元彼女)の事を考えているようで、実際は自分と復縁してくれない事を考えている事にお気付きでしょうか?

パートナーの事を常に考えるのは復縁にはとても大切な事であり、正しい事ではありますがパートナーの事を考える考え方が間違っているのです。

復縁したいならパートナーの幸せを考えなければならないのですが、パートナーの幸せを考えるのではなく、自分の幸せばかりを追っているので復縁に結びつかなくなっているのです。

復縁相談者様には『復縁したいならパートナーの幸せを考えなければなりませんし、パートナーの幸せを考えるから振り向いてくれるんですよ。』とお伝えさせて頂いていますが、相談者様たちは皆自分の幸せ=パートナーの幸せだと考えます。

そして、相談者様の幸せ=パートナーの幸せが自分が幸せになるからパートナーも幸せになれるという考えの基に復縁活動を行っているので、パートナーに受け入れてもらえる事がないのです。

相談者様が幸せになりたいという考えの基ですと、言うなればパートナーを巻き込んでしまう事と変わりません。

相談者様の幸せ=パートナーの幸せという構図は間違っていないのですが、パートナーが幸せそうにしているから相談者様も幸せになれるになっていないのでパートナーが復縁したら、パートナーが相談者様を幸せにしないといけない…という気持ちにさせているのです。

常にパートナーの事を考えるのは決して間違いではないのに、考え方を間違えているので正しい事をしているようで間違った方向に進んでしまっているのが復縁相談者様たちになります。

相談者様本人は気付いてないのですが、パートナーの事を考えているつもりで、実際はパートナーの事を考えているのではなく自分の事を優先して考えているのでパートナーに復縁したいと伝えてもパートナーを利用して相談者様が幸せになろうとしていると悟られてしまうのです。

もしも、あなたが誰かから利用されていると感じた時に、その人とお互いにメリットがあるなら別ですが、メリットがない場合、良好な関係を築いていきたいと考えるでしょうか?

パートナーの事を常に考えているから利用しているつもりはない!!と思うかもしれませんが、パートナーが自分は利用されてだけだ…と感じたら復縁しても良いかな?と考えるでしょうか?

自分が利用されていると思って付き合いをつける事はほとんどありません。

パートナーの事を利用するなんて考えてない…と相談者様はもちろん仰るのですが、相談者様が幸せになる為にパートナーとの復縁を望むのは利用と言えないのでしょうか。

パートナーの事を考えて、パートナーとの復縁の仕方を間違えれば復縁出来ないのは分かります。

幸せになるという事と、幸せにするという事は異なりますからパートナーの事を常に考えていると言っても考え方が異なれば復縁には至らない事を忘れてはいけません。

本当に復縁したいならパートナーの事を考える考え方を間違えない様にしなければなりません。