復縁したい時は常に相手の事ばかりを考えてしまい、それが裏目に出た為に復縁が失敗するケースもあります。元カレ・元カノは何をしているんだろう?元カレ・元カノは何を考えているんだろう?常に相手の事ばかりを考えてしまい、自分というモノがなくなってしまい復縁の足枷になってしまう事があります。

相手の事ばかりを考えて行動をする事は復縁の場合、正しいのですが復縁したい相手に依存し過ぎてしまい自分が取っている行動全てが元カレ・元カノに依存した行動になり、復縁したいから相手に合わせなければ…という事が元カレ・元カノがいなければ何も出来ない人になってしまい、復縁には結びつかない可能性も出て来てしまいます。

常に相手の事を考えて、元カレ・元カノありきの人生を送り、復縁したいと縋ってはいけない…復縁したいと言葉に出してはいけない…というネット上に落ちている情報を鵜呑みにして付かず離れずの関係になり兼ねません。

誰かに依存して、誰かにのみ対応する形でしか行動出来なければ、その人の人生は元カレ・元カノにとって興味のある人生になるでしょうか?興味のない人生を送る様な方と『付き合いたい』『復縁したい』と考えて下さる方はいらっしゃるでしょうか?

異性と付き合うという事は、その人の外見や中身だけではなく今迄の人生というバックグラウンドやこれからの人生という未来も含めて恋人という関係になるのです。

そのバックグラウンドが一人の人物に依存している状態であれば復縁はとても難しく、元カレ・元カノにしてみれば復縁した所で自分が幸せになれると思ってもらえるでしょうか?

復縁したいと考えているなら元カレ・元カノにとっても魅力のある人物にならなければならず異性として魅力的で、且つ異性としてお付き合いしたいと思われる人物にならなければ関係を再構築する事は出来ません。

常に相手の事を考えるのはとても大事な事ですが相手の事だけしかない復縁活動は実を結びません。復縁活動は自分の生活も充実させ充実させた日々と問題のある部分の改善が出来て相手に合わせる事が出来て初めて実を結びます。

常に相手の事を考える事は必要ですが、度を過ぎればマイナスに成りかねません。それはどんな事でも同様であり、行き過ぎたものはプラスにならずマイナス評価を下される事が多い為、復縁活動をする際は相手の事を考え過ぎずに行動を起こさなければなりません。

そして元カレ・元カノの事をずっと考えている…と相手に対して押し付けがましい気持ちを持たず、自分が好きでやっている事なので相手に押し付ける事が出来ないという自覚を持って復縁に挑む様にして下さい。