恋人の関係が破局し、友達として元恋人を見なくてはならなくなった時、復縁したい気持ちを隠しながら友人として接しなければなりません。

友達関係からもう一度恋人として戻りたい…と思うけど思う様に復縁できず、いつまでも友人として交際している事が辛くなり、辛い気持ちを堪え切れずに復縁したい気持ちを打ち明けてしまいます。

恋人なら手を繋いで歩くのに…

恋人ならもっと距離が近いのに…

友達と恋人には『付き合おう』という言葉しか変わりませんが、付き合おうという言葉一つだけでお互いの距離の壁が出来てしまいます。

友達から恋人に再度昇格するにはどうすれば良いんだろう?

たった一つの言葉でしかないのですが、たった一つの言葉がとても大切な意味を成します。

友達関係からもう一度恋人へと復縁したい…と悩んでいる方は少しでも友達以上の関係に戻れるように参考にして下さい。

なぜ別れたのにダラダラと関係が続いてしまうのか?

なぜ別れたのにいつまでも連絡を取ってくれるんだろう?

別れたならきっぱりと連絡を絶ってくれれば楽なのに…

別れを告げられた後に友達として連絡を取り合っていると思う事の一つが連絡を断ってくれれば諦められるのに…になります。

しかし、実際に連絡を断たれると元恋人との楽しかった日々を思い出し、忘れられない日々が美化されてしまい、もう一度だけでも会いたい…もう一度連絡を取り合いたい…と考えてしまいます。

友達としている事が辛く、恋人に戻りたいと思いながらも友達から発展がない関係は生殺しの様に感じるかもしれません。

別れたんだからスッパリと連絡を断って欲しいと願うのは気持ちを整理したいと願う一方で、どこかで復縁を期待してしまう自分に嫌気が指しているからになります。

なぜ別れたのにダラダラと関係が続いてしまうのか?と考えるのは、少しでも楽になりたいと考えるからであり、元恋人に期待している部分があるからになります。

期待した行動を元恋人は汲み取っているので元恋人の間違った優しさからダラダラと関係が続いてしまうのです。

友達以上恋人未満の関係だと交際時の煩わしさがなくなり、フランクな状態になります。

恋人未満友達以上の関係は交際時にお互いに恋人として気を遣っていた部分がなくなり、交際時の煩わしさがなくなるのでフランクな状態になります。

フランクな状態なので元恋人は交際時よりも付き合い方が楽になり、友達の方が交際するのが楽しいと感じてしまうのです。

元恋人という関係よりも友達という関係の方が楽なので別れた後もダラダラと関係が続いてしまいます。

フランクな状態で煩わしさが取れ、友達として接している方が交際時よりも楽しいなと思わせてしまうので別れた後に友達としてしか見られないのです。

ハッキリ自分の立場を明確にするから復縁を意識させられる?

ダラダラと曖昧な関係を続けていても、いつ元恋人に新しい恋人が出来てしまうんだろうか?という不安は拭えません。

もしかしたら友達以上恋人未満という関係を保っているので、あなたは他に新しい恋人なんて出来ないでしょ?と考えるかもしれません。

冒頭でも書かせて頂きましたが友達と恋人の差は『付き合おう』と言った、言わない程度の差でしかありません。

いつまでも自分の立場を明確にせず友達なのか?恋人なのか?をハッキリさせなければ復縁を意識させる事は出来ないのです。

立場を明確にするからこそ友達以上の関係に戻れ、恋人として振舞う事にも繋がりますから自分の立場を明確にしなければ復縁を意識させる事は出来ません。

もちろん自分の立場を明確にする際に復縁したい気持ちを言葉でストレートに伝えればいい訳ではありません。

言葉ではなく伝えるべきは恋人としての接し方になり、今置かれている状況はどんな立場であり、どこまでが友達としての距離感なのかを確認する事で今現在の立場を改めて自分で気付く事が出来、復縁を意識させる事にも繋がります。

あなたが友達としての関係から発展させる為に歩む復縁への道

あなたが友達としての関係から恋人へと発展させる為に歩む復縁への道はとても険しい道のりである事を忘れないで下さい。

スグに結果を求めれば元恋人も結果に応えます。

あなたが求める結果は復縁であり、元恋人が応える結果は友達です。

お互いの要望が合う事はなく、お互いの要望を擦り合わせようとすれば元恋人は擦り合わせる気持ちがないので話しは平行線になり、平行線の話し合いになれば面倒くささが勝ってしまい、距離を置かれてしまいます。

あなたが望む事は復縁であり、元恋人は復縁を望まない状態なのでお互いの気持ちを擦り合わせるには時間が掛かります。

友達としての関係から発展させる為に歩む復縁への道はとても険しい道のりであり、友達から恋人へと昇格する一番の問題は復縁を諦めてしまう事なので諦めずに根気良く復縁を目指さなければなりません。

「まずはお友達から」の状態が友達以上恋人未満の関係ですよね?

復縁を目指している方全員に共通する事ですが元恋人と別れた時は、あなたが思っている程、簡単にラブラブな状態に戻れるような別れ方でしたか?

もしも簡単にラブラブな状態に戻れるかもしれない…と思っていたなら、なぜ別れたのか?についてもう少し考えてみては如何でしょうか?

簡単に別れて戻れるなら、わざわざ別れる必要ありますか?

別れなくても恋人としての関係で連絡を取り合わなければ済む話ですし、連絡を取り合わなければ済む話なのに一旦別れようという形を取るのは別れる必要があるから別れる訳です。

逆に言えば別れる必要がなければ別れる必要はありません。

別れる必要がなければ別れないで済むのですが、あなたは別れてしまったのです。

友達として接していれば簡単に戻れると思い込まないで下さい。

恋人ではなく友達として接しているから元恋人はあなたと連絡を取り合っているのです。

告白の時によく聞く『まずはお友達から…』という言葉がありますよね?

『まずはお友達から…』という言葉は交際を前提とした告白の言葉ではなく、ていのいいお断りの言葉になります。

友達として関係を継続している状態は『まずはお友達から…』という状態です。

『まずはお友達から…』という状態は先がある話なのか、ていのいいお断りの言葉なのか今の関係性について見直してみては如何でしょうか?

友達になってしまった今のあなたの状態

  • 他人
  • 知人
  • 友人
  • 交際関係
  • 破局
  • 復縁したい!

今のあなたの関係は復縁したい!という状態であり、復縁したい状態は交際関係より前の関係になります。

恋人未満友達以上という言葉を使う人は多いのですが、友達以上恋人未満という関係は本当にあるのでしょうか?

破局とは人間関係の破綻です。

破局とは人間関係の破綻であり、一度破綻させたものには原因があります。

会社が倒産するのにも原因がありますし、社会問題が起きるのにも原因があります。

人間関係の破綻にも当然の如く原因があり、原因があるから人間関係は破綻したのです。

一度破綻させた状態で友達として関係を継続して原因に目を向けずに今の結果に満足していれば関係を取り戻す事は出来ません。

もちろん誰も今の関係に満足しているとは口にしませんが、友達以上恋人未満という言葉で満足した行動をしている人は少なくありません。

破局したけれど友達以上恋人未満だから…という言葉が心の救いとなり、それ以上を求めているけれど、どうやったらそれ以上の関係を築けるのか?に行き着かない方は少なくありません。

破局したなら友達以上恋人未満という言葉を心の拠り所にするのではなく、現実を見て行動しなければ友達以上恋人未満から抜け出す事は出来ません。

破局は人間関係の破綻であり、破局した現実を受け入れて初めて友達以上恋人未満から抜け出す事が出来るのです。

目標、そして希望を持つことは大切です。

友達から昇格して恋人になるという希望を持つ事は大切です。

しかし、まずは現実を見なければなりません。

破局されたけど友達関係になっているので少し頑張れば恋人に戻れるかもしれない!?と考えます。

目標を持ち、希望を持つ事は大切なのですが目標や希望を持つ前に、今の現実を受け入れなければ目標に進む事はないのです。

知人や友人という現実を受け入れるからこそ『まずはお友達から!』という言葉を受けて頑張れますが、立ち位置を間違えて自分は恋人に一番近い!と考えていれば友達ですらなくなってしまいます。

目標を持つ事やいつかは復縁できるかもしれない…と希望を持つ事は大切ですが、足元を疎かにして先を見過ぎて失敗しない様にお気を付け下さい。

友達の関係から復縁するには結局のところどうすれば良いの?

友達の関係から復縁するには結局のところどうすれば良いの?と、復縁する方法を求めてこのページをご覧いただいているかと思いますが、友達の関係から恋人へと昇格する復縁する方法は他の復縁する方法と何も変わりません。

少なくとも友達として交友があるなら交際時よりも魅力的な部分を見せなければなりませんし、あなたの必要性を元恋人に感じさせなければなりません。

元恋人にあなたの必要性を感じてもらえないから恋人としての関係は終わりにされてしまった訳です。

その現実を理解しているなら、あなたの必要性を元恋人に感じてもらわなければならず、それが一番復縁には必要とされる事になります。

友達から恋人へと昇格する特別な方法が存在する訳ではなく、あなたが持てる全てのモノを動員して元恋人に振り向いて頂かなければなりません。

もしもあなたが友達の関係から復縁するには結局のところどうすれば良いの?と特別な方法を探しているなら探したところで無駄になりますし、正しい復縁活動をする事をお勧めします。