別れの原因を知る事は復縁にとても重要な事ですが、別れの原因を理解せずに復縁活動をしようとする方は少なくありません。

別れの原因を知る復縁工作が一番復縁の可能性を上げる方法である事をご理解して頂く復縁ブログになりますので本当に復縁したいなら参考にして下さい。

元彼(元彼女)に別れを告げられた時、どんな理由で別れを告げられたのでしょうか?

そして、あなたが元彼(元彼女)から聞いた別れの理由は本当に真実なのでしょうか?

もしも別れの原因が真実だと思うなら下記を読む必要はありません。

しかし、別れを告げられてから頑張っているけど復縁できない…という方は別れの理由について再考する必要があるかもしれません。

復縁できない理由をピーマンを食べれない子供で考えてみよう

食べ物には好き嫌いがあり、ピーマンは子供が嫌いな食べ物の代表的なものでした。

親が苦労してピーマンを子供に食べさせようと細かく刻んで食事に混ぜても子供は『お母さん!!これピーマン入ってない?ピーマン入れないでって言ったじゃん!!!』と怒るほどピーマン嫌いな子供は多かったのです。

ピーマンが嫌いな子供はピーマンの苦さが嫌いな子供が多かったのですがピーマンの苦さを隠そうとしても子供には気付かれてしまいます。

ピーマンが苦くて嫌いな子供に「ピーマンは美味しいよ。ピーマンを食べれないなんて損だよ」という話しをすればピーマンを好きになってもらえるでしょうか?

子供がピーマンを好きになってくれる事はありません。

ピーマンが嫌いな子供にピーマンを食べさせる事は出来ますが、ピーマンを好きになってもらえるにはピーマン自体を変えなければ好きになってもらう事は出来ません。

ピーマンが苦くて嫌いな子供にピーマンを食べさせたら「ピーマンって甘くて美味しい」と言ってくれるでしょうか?

元々のピーマンの味を知っていて、ピーマンが苦くて嫌いという認識がある子供にピーマンを食べさせれば、より嫌いになる可能性が高いと思いませんか?

あなたが『復縁したい』と伝えても復縁に到らないのはピーマンを嫌いな子供と酷似しているのです。

ピーマンを子供に好きになってもらうにはどうすれば良い?

ピーマンを子供に好きになってもらうにはピーマン自体を変えなければなりません。

苦くて嫌いなら、苦みを取る品種改良をすればピーマンを好きになってもらう可能性が出て来ます。

子供に苦くて嫌いなピーマンを好きになってもらうにはピーマンの嫌いなところを子供の好みに合せて変える事が必要になります。

ピーマンを甘く品種改良したら、苦いから嫌いだったピーマンを『美味しい』と言ってくれる可能性が上がりませんか?

ピーマンが苦手な子供の味覚が変わったのではなく、ピーマン自体を変えたから『美味しい』と言わせて好きにさせる可能性が出るのです。

美味しいと言ってもらえるピーマンにどの様になれば良いのか?

【苦いから嫌い】がピーマンの嫌いなところなら苦いピーマンから甘いピーマンに品種改良すれば子供に好きになってもらえる可能性があります。

しかし、子供がピーマンを嫌いな理由が苦味ではなく見た目が嫌いな子供もおり、食感が嫌いな子供もいます。

ピーマンという名前で食べず嫌いをする子供もいます。

何が原因でピーマンが嫌いなのかを分からずに『苦いから嫌いなんでしょ?』と決めつけて品種改良すれば、苦みを取ったピーマンを食べさせて更にピーマン嫌いが直らない事も考えられます。

美味しいと言ってもらえるピーマンを作るには何が嫌いなのか?という理由が分からなければピーマンを好きになってもらえる事がないのです。

ピーマンを嫌いな子供から復縁できない理由は分かりませんか?

復縁したい方々が陥る、自分磨きをしても復縁できない理由は先入観で対象者に別れを告げられた理由を勝手に解釈して自己満足に陥るからになります。

甘いピーマンなら食べてくれるだろう!という憶測でピーマンを変えてもピーマン嫌いは直りません。

ピーマンが嫌いな理由を知り、嫌いな部分を改善するからピーマンを好きにさせる事に繋がりますが嫌いな理由を憶測で考えれば子供が求めるピーマンには程遠いのです。

ピーマンが嫌いな子供は苦いからピーマンを嫌いなんだ…と予測して行動すれば子供が求めるピーマンには繋がらないので子供がピーマンを好きになる事はありません。

別れの原因を知らない方が別れの本当の原因を知らずに復縁活動をしても復縁できない理由とピーマンを嫌いな子供が何故ピーマンを嫌いなのかを知らない親が子供にピーマンを好きにさせられない理由は似ているのです。

あなたが復縁できない理由も分かるのではないでしょうか?